旅行・地域

2013年4月30日 (火)

榎本軍鷲ノ木上陸地跡

函館に行くたびに、この札幌から向かって左手にある「榎本軍鷲ノ木上陸地跡」が気になっていた。何にもないところで、ただ上陸した碑が立っているんだろうとはわかっていても、一度は行ってみたかった。高速が大沼公園まで繋がってしまったので、たぶんそうは通る事はないだろうと思い、寄ってみた。

たしかにこの地に、約150年くらい前に榎本軍の開陽丸がこの沖に停泊し、土方歳三、大鳥圭介が上陸した。肌寒い10月に、どんな気持ちでこの地を踏み入れたのかと思う。沖に、江差沖で座礁し沈没した開陽丸を、頭の中でイメージして、この駒ヶ岳が見える綺麗な青空を見ていると、150年前にこの場所から、戦争が起きたとは想像できない。

標識から曲がって入ると、鳥居があるので、間違えたかなと思うけど、その奥に駐車場があるので、そこに停めて、海岸のほうを歩いて民家の横を通って、線路をくぐると、この場所にたどりつきます。一見、わかりづらいので、注意を。

何にもないところだけど、色々考えさせられる場所。ここは見にきて本当によかった。

上陸

2013年4月29日 (月)

四稜郭

函館には有名な五稜郭があるが、あまり四稜郭は知られていない。子供の頃、北海道の文化財と言う本で、この四稜郭の存在は知っていたけど、何度も函館に行っていたけど、行った事がなかった。たまたま、帰る途中「四稜郭」と言う看板を見つけたので、寄ってみる事にした。しかし、中道にそれたとたんに、標識がなく、ホテル街に出てしまった。ナビで検索しても出てこず、携帯で探して、なんとかたどり着く。

五稜郭の援護する支城として、旧幕府軍200名と地元の住民100名で築城したとある。見て感じるのが、こんなに小さい物で何か役にたったのか?と思えるもの。城塞としての機能は全くなく、ただ砲台を置いただけらしいけど、ここに砲台を4砲置いて、どれだけの意味があったのかと思う。もし官軍に攻められたら、ひとたまりもなかったんじゃないかなと思う。
そのくらい時間と事態が切迫していたんだろうと思う。

2011年9月25日 (日)

韓国旅行3日目

3時間くらいしか寝ないで、最終日は朝食。さすがに、前日、美味しいからと言って、食べ過ぎてしまい、お昼食べれなかったので、今回は、軽く食べる。今日は、夕方の飛行機で帰るので、午前中だけ観光して、空港の免税店で2、3時間見ようと言う事になった。
電車で、ソウル駅まで行く。見渡すと、登山のかっこうをした人が数名。こうして見ると、もしかしたら、韓国も登山ブームなのかなと思ってしまう。ソウル駅まで、思った以上に遠いので、とにかく寝る。できる事なら、まばたきもしないで、景色を見ていたいが、起きてられない。ソウル駅に到着後、ここで荷物も預ける事ができる。殆ど手ぶらになった状態で、何でも市場に行く。先日、放火によって焼けてしまった門を見ると、痛々しい。
それにしても安い。ルイビトンの財布が、10000ウォンから70000ウオン(笑)。歩いていると、お店の人に「秘密のバックあるよ」と言われる。秘密?秘密のバックをそんなに言ってたら、秘密じゃなくなるじゃないと思ったら、一緒に行った取引先の人が「あれ、たぶんレアものって言いたいんだろうね」と言った。「なるほど」。それにしても、ここはバック屋と革製品のお店ばかりで、食べ物があまりない。大泉洋がヴァレンチノの革ジャンを買ったのも、このへんなんだろうな。このへんで、カラとか少女時代のCDが見たくって、CDとかDVD屋を探すもない。そんなこんな、歩いていたら昼ご飯になったので、百貨店で昼食。ビビンバ定食を食べる。これまた美味しい。ここでもお腹いっぱい。
ソウル駅の近くで、観光するところも他にないので、電車に乗って空港に。電車に乗った瞬間寝てしまう。気がついたら、空港。空港内に、氷ではないスケートリンクがある。滑っている人がいたが、かなり本物に近い感触のように見える。
搭乗手続きが、かなり厳しく、まずベルトの金具でさえ探知機がなる。あと、バックに入ってる飲み物等はすべて没収。日本のように機内持ち込みは駄目。
免税店は、かなり広く見ていて楽しいが、ここも食べ物系が少ないのが残念。あるのは、朝鮮人参、お酒、タバコ、キムチ、チョコレート(何故かマカダニアンナッツまである)、海苔・・・。餅とか、乾物があるかと思ったがないので、韓国で定番の中の定番しか空港では買えない。海苔などは、ソウル市内のスーパーで買うと安い。結局、お土産ようにキムチくらいしか買わなかった。そうそう、免税店ではウォンも円もドルも使える。エヴィアンは円で150円でした。
ここで夕食。鳥が1羽入ったスープ見たいのを食べる。ちょっと塩気がなくって、味気なかったけど、美味しい。骨まで食べれるのには、驚き。

そんで、飛行機に乗って帰る。

こんなとこでした。韓国は、沖縄行くより近いし、入国審査等も、そんなに面倒に感じなかった。とても近い外国。個人的にも行ってみたい場所である。例年か再来年くらい、ウォンの安い間に1度行ってみたい。

2011年9月24日 (土)

韓国旅行2日目

朝7時に起きて、朝食のバイキングを食べる。これまた、下手なバイキングに行くより質も量もあって、美味しい。8時にホテルを出て、まずは古宮に向かう。韓国の電車に乗るのが一苦労。日本で言うスイカのような物を使って乗る事になるんだけど、ハングルで書いてあるから、非常に面倒。たぶん、駅員に、ここに行きたいような事を言えば、買ってくれると思う。
さて、古宮。日本で言う御所のようなところなんでしょう。秀吉の朝鮮出兵でこの建物は殆ど焼けてしまい再建されたと聞くけど、とても保存状態がよいと思う。たぶん、中国の紫禁城を模して作っているんでしょう。ラストエンペラーで見る紫禁城に比べてもちろん規模が小さいのは、隣国の中国の影響を考えてなんでしょう。司馬遼太郎の街道をゆくの中でも皇帝とは1人しかいなく、それは中国の皇帝で、韓国は、その為、古宮の石段が龍ではく、鳳凰になっていると書いてあったが、たしかにそうだった。敷地は、膨大だけど、何かやはりこじんまりしている感じがする。数年毎に、修復されているんでしょうけど、彩色などとても綺麗にほどこされていた。玉座のある建物なんか見ると、あからさまに日本ではない建築様式をとっているのがわかる。ここで博物館を2カ所見るが、別に書きたいと思う。
Dsc05032

Dsc05044


その後、宮廷料理を食べに連れて行ってもう。ここから徒歩で15分くらいなので、街中を歩いていくが、とても建物も近代的でただただ驚くばかり。しかし、ちょっと仲通を歩くと、タイムスリップしたような感じになる。そうそう、宮廷料理ですが、日本円で2300円くらいでしょうか?それはそれは、凄い量の料理が出てきます。驚いたのは、刺身から炒め物、煮付けまで出てくる事。刺身は、醤油で食べさせてくれる。ただ、どうしても食べれないものが1点だけあったのは、ご愛嬌。あと、ナンバンの漬け物がでてきたのですが、激辛で死亡。
そのあと、街中を歩いて観光。何か韓国の物産展のような物がでていて、時間があれば、ゆっくりと食べ歩ききたいところだったけど、時間もないので、ざーっと見て、今回の旅行で「ここだけ連れて行ってほしい」と頼んだ国立博物館に行った。ここもタクシー行ったのですが、思った以上に時間がかかり、たぶんタクシーの運ちゃんが、道を選び間違ったようで、端数をおまけしてくれた。
ここの博物館も別に書きたいと思う。
そのあとロッテワールドに行くが、みんな疲労で遊園地で遊べる気力がないようで、ロッテ百貨店の免税店に行った。それはそれは、驚くくらいに人がいっぱい。さすが免税店と言うだけあって、日本語がガンガン通じる。化粧品のところでも、一流ブランドのお店でも通じるのは観光客にとっては、本当に助かる。夕飯を食べる事になって1階におりたら、食料品店があったので、キムチを買う事にしたら、ここの店員にすっかりやられてしまい。漬け物ばかりに3キロもかわされてしまった。どこの世界に、漬け物を3キロも買う人間がいるんだ?韓国に行って唯一ムカついた事。
歩いて、知らない繁華街に行って焼肉屋を探すも、この繁華街は鳥料理のお店ばかりで、焼肉屋がないらしい。そのお陰で1時間くらい徘徊をした。ラブホテルの向かいに普通に居酒屋があったり、居酒屋の隣が、ラブホテルの駐車場になっていたり、もうどうしてここまでオープンなの?って言うくらいで、なんか面白かった。そんなこんなで、1時間くらい歩いて、焼肉。それにしても、キムチ、チャンジャ、コチュジャン、あの葉っぱが、みよしのぎょうざの漬け物のと同じように出てくる。それが、すべておかわり自由らしい。ここの焼肉は、日本と違い、塩か葉っぱに巻いて食べる。塩が、それがまた美味しい。バカバカ食べて一瞬にしてお腹いっぱい。お腹いっぱいなのに、そのあと冷麺を頼む。また、この冷麺が見た目が不味そうなんだけど、美味しい。日本では食べた事のない麺に、味も食べた事のない味。ぺろっと食べてしまう。
Dsc05176


ホテルまでタクシーに乗って、ホテルの向かいにある大型スーパー行って、海苔やらお菓子など買いまくる。ここだけで5000円近く買い物。さすが、スーパーとあって、特売になっている物などあって安い。ホテルに帰って、最後の夜だし軽く飲みましょうと言って、コンビに買い出しに行って、1時間くらい色々話をする。韓国の歴史から、下ネタまで・・・。しかし余りにも疲れていて、殆ど盛り上がらず。


2011年9月23日 (金)

韓国旅行1日目

朝10時に起きて、千歳空港に向かう。ラーメンを食べて搭乗手続きを行い、出国審査をして、出発まで1時間くらいあったので、免税店などを見て回るも、大したものもなく、だらだらと過ごす。時間になり飛行機に搭乗。韓国までわずか3時間くらいだけど、シートにはテレビもあり、昼食もでてきた。食事も結構いける。テレビには映画等があり、日本語訳の映画もあって、十分時間をつぶす事ができた。インチョン国際空港は着いて、入国審査をして、ホテルまでバス。日本と違い、バス停は中央車線側に停留場がある。それにしても、えらいスピードを出す。バス停に広告があり、ユニクロの広告ばかりで正直びっくり。
ホテルに到着して、まずはソウルタワーに行く事。ちゃんと、行き先を調べていなかったので、地理感はあったものの、距離感が全くつかめなかった。タクシーで行く事になったけど、40分くらいタクシーに乗るが渋滞の中、めちゃくちゃ飛ばすタクシーがただただ怖かった。韓国って、日本より英語教育が進んでいると聞いたけど、日本と違い、建物の店名や広告が日本と違い、殆どがハングル文字で書かれている。本屋ですら、BOOKと英語で書かれていないので、何屋が外から来た人間に遠目にはわからない。意外と、タクシーの運転手とは、片言の英語で何となく会話ができる。このへんも凄いと思う。
Dsc04980


ソウルタワーは、週末とあって30分の待ち。それにしても、観光客と韓国人のカップルだらけですごい人。この間、下にあるコールドアイスクリームでアイスを買う。思ったより高いが、番号で注文できるので、全くハングルがわからなくても大丈夫。ソウルタワーからの眺めは、気温が高いせいもあって、若干雲っていたので、ちょっと残念。ただ、このソウルタワーは360°の眺めを体験できる。ソウル市内を一望できる。それにしても、乾燥した時期に行くとめちゃくちゃ綺麗だと思う。その後、ケーブルカーでミョンドンに夕飯を食べに向かう。
Dsc04966


札幌で言うと、駅前になるのかな?東京で言うと原宿とか渋谷?韓国で1番の繁華街とあって、それはそれは凄い人。路面に面しているお店は、片言の日本語で話しかけてくる。露天で食べ物も売っていたりして、なかなか見ていて楽しい。
そして、食事。もちろん焼き肉。しかしソウルタワーでアイスクリームを食べたのが敗因で全くと言って言いほど食べる事ができない。骨付きカルビとロースかな?食べたけど、お店の人が親切に焼いてくれて、食べ方を説明してくれる。ここの焼き肉は、鉄板の上で肉を焼いて、余計な油が落ちるようになっていた。正直、メニューは少なかったのが残念だけど、22時を回っているに八割埋まっていた。やはり、そのまま食べるのももちろん美味しいんだけど、コチュジャンをつけて野菜をまいて食べるのも美味しい。
Dsc05003_2


この日は、このあとタクシーに乗ってホテルに帰る。それにしてもまた遠かった(苦笑)。ホテルに戻って、近くにあったセブイレブンに行って、飲み物と軽い食べ物を購入。狭い事もあるんだろうけど、コンビニ全く本が売ってなかったのには、ちょっと驚き。あとは、日本のコンビニとそんなに変わらず。
せっかくいいホテルなのに、風呂に入ってすぐ寝る。サウナがあったり、色々利用者が使える施設があったようなのに、もったいない。

2011年5月 5日 (木)

平岡公園の梅林

以前より1度でいいから行ってみたかった、平岡公園の梅林に行ってみた。札幌の桜の開花宣言が出たので、満開かと思ったら、全くと言っていいほど咲いていない。個人的には、桜より梅の花の方が綺麗だと思う。画家も、桜より梅の方が多く描かれてる気がする。それにしても、あと何日くらいしたら満開になるんだろう・・・。

Dsc04694


2011年3月 6日 (日)

松島

日曜日は仕事ができないので、どこかに行こうという話になったので、松島に行く事。正直、げんなりな状態だったんで、全く行くになれなかったけど、運転手なんで、行ってみた。松島と言うよりは瑞巌寺が見たいというので行った。考えてみると、中学生の頃、ボーイスカウトの日本ジャンボリー蔵王に行った時に、この瑞巌寺も見たはずだけど、全く記憶にない。
修理をしていたせいもあって、なんか風情がない。襖の絵も、写真にするのはいいけど、せめてつや消しの紙に印刷するとか、なんかもう少しどうにかならなかったのかな?と思う。宝物館も仙台藩の関わりが深い割には、凄いなと言うものがなかった。ただ、高村光雲の観音像はすごかった。彩色されている物って、あまりないんじゃないのかな?あれだけの物だったら、数千万はするでしょうね。
あれだけ観光客が来るんだから、いいもの持ってるはずなんだから、だして欲しいもんです。

そのあと、松島の遊覧船も乗る事もなく、帰ってきました。なんか、仕事で、行くと観光する気になれない。それだけ大変な状況だった。

Dsc04452
Dsc04459


2011年2月27日 (日)

仙台市博物館

出張の仕事で前日入りをしたので、飛行機の時間も早かった事もあって、協力会社の若いのに、せっかく仙台で時間もあるから行きたいとこない?と聞いてみたら、よくわからない見たいだったので、例えば、松島とか伊達政宗の物のある博物館とか、青葉城跡とかと言ったら、伊達政宗と言うので、仙台市博物館に行く事にした。昨年の仙台出張の時に行ってるのと、明日からの仕事の事を思うと、全然見ていて楽しくない。しかも伊達政宗の有名な鎧は、今回は模造品だった。他の鎧も、前回に比べてこれと言って凄い物がなかった。それは気分的な物なんでしょうね。やっぱり、精神が健全な時じゃないとこうゆうとこに来たら駄目なのね。
前回行ったときにも思ったけど、仙台藩はたしか60万石くらいあったはずなのに、あまり文化としては栄えたような感じがしない。仙台で焼かれた陶器は、これと言ったものがないし、だいたいこうゆうとこには、茶器があるけど、全く展示されていない。
ただ、相変わらず、支倉常長の記念室は、国宝ばかりで凄い。当時は、二束三文のような物も、これだけちゃんとして残っていると、国宝になってしまう。それだけ、藩としても、貴重な物として残したのがわかる。

この上にある青葉城跡は、もう少し整備できないものなのかな?と思う。有名な、伊達政宗の銅像はあるんだけど、あれだけだし・・・。コンクリートの城なら、必要ないけど、もう少しどうにかしてほしもんです。

2011年2月11日 (金)

雪まつり

数年ぶりに雪まつりを見てきた。なんか、自分が子供の頃、見てきた雪像より小さくなってる気がする。それは、自分が大きくなったせいなのか、本当に小さく なったのか、わからない。親父が自分の歳の頃に、一度だけ、雪まつりを連れて行ってくれた記憶がある。雪まつりのあと、今でもある、五衛門と言う、うどん屋さんに連れて行ってくれて、生まれて初めて、釜あげうどんを食べさせてくれた。今でもたまに、ここねうどんを食べにいく。たぶん、参観日にも来た事ないオヤジが初めて連れて行った事が、うれしかったと思う。

雪まつり

2011年1月17日 (月)

睡眠薬が効かなくなってきた

処方してくれた睡眠薬は睡眠に入るまでの効きもあまりよくないんだけど、眠れるから、重宝している。けど、最初のうちは、夜中に数回、目が覚めても、眠れたけど、この2日くらい夜中の3時くらいに目が覚めたら、また眠れなくなってしまう。仕方ないので、もう1錠飲んで寝るようにしたら、さすがに朝起きれない。今週また病院に行って薬を変えてもらおうかな。
ネットで調べてみると、ハルシオンあたりが効きがいいみたいだけど、色々問題があるようだし。

それにしても、頭がぐるぐる回ってる。昼間、薬のせいなのか、眠くなるからそのまま寝てしまいたいもんです。夜になると、眠くなくなってしまふ。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31