« フレディマーキュリー | トップページ

2017年8月 5日 (土)

上村松園・松篁・淳之展

旭川に行ったついでに上村松園・松篁・淳之展をみてきた。まず、近代において上村松園から3代も続く画家が続くこと自体すごいことだと思う。才能って、どのくらい遺伝するのかと思う。

今回の展覧会は、松篁を中心に展示されていたように感じる。説明にも書かれていたが、松篁の金魚の洞察力は素晴らしいものがある。鯉の絵もあったが、これも素晴らしかった。この絵を見てみると、松篁は目に興味をもった感じがするが、鯉の鱗が見事に書かれていた。
松園の絵は、代表作を何点も見ているが、やはりずば抜けてすごい画家だと思うが、今回の展覧会には、もう1つすごいと思える絵がきていなかったのが、ちょっと残念。
淳之の絵も結構、きていたが、作品は大型だけど、もっとすごい絵があると思う。今回の展覧会が、奈良の松伯美術館からの展示なのでどうしても個々の全貌がわからない。たぶん、ここの美術館は当初、松篁の作品に力を入れたのではないかと思う。
Img_8542

« フレディマーキュリー | トップページ

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/65622800

この記事へのトラックバック一覧です: 上村松園・松篁・淳之展:

« フレディマーキュリー | トップページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31