« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月19日 (木)

インフルエンザ

この日、朝起きた時はなんでもなかったのに、会社に着いた途端、へんな咳が出て微妙に寒気がする。上司に調子悪いと伝えるも、断れない打ち合わせがあったので、上司に無理やり連れられていく。それでも、意外と動けるので仕事をしていた。
家に帰って熱を測ると38度。平熱が低いので補正すると39度。ちょっとまずいかなと思ったけど、意外に動ける。朝起きてみると、悲しいことに37度。しかし熱もあるし、これは会社休める。とりあえず、会社に電話して、どうせただの風邪だし、適当に起きて病院に行こうと、大好きなことの1つ、2度寝をする。昼頃起きて、病院に行く。病院に行く前に熱を測ると、37.5度。まあ、大丈夫。病院に行くと、すごい人。20人くらい待っている。受付で熱があると伝えると、熱を測ってくれと言うので、測ると37.5度。しかし、さすがに1時間半も待たされると、だんだん具合が悪くなってくる。やっと呼ばれて、インフルエンザ検査をすると、A型。
会社に電話して、休めと言われる。
こんな状態で休んで大丈夫なのか?

2017年1月18日 (水)

本:しんがり 山一證券 最後の12人

350ページもある本だが、数日で読みきれてしまうほど、この本の中にはいりこめた。

山一証券が廃業する以前から、廃業してからなぜ、廃業することになったのかを調べるために残った12人の話。正直、廃業するまでの前半は、ものすごく面白く、どんどんのめり込んでいった。廃業してから、実際はもっと大変だったろうと想像できるのだが、肝心なこの12人の苦戦の話が、山一を退職するまでがちょっと足りなかったのと、登場人物が多いのは仕方ないのだが、もう少し繋がりが欲しかった。
しかし、この本の描きたかったのは、そのあとだったのかもしれない。最後の最後まで山一に残ったせいで、再就職も遅れ、結局、この12人は転職の連続。自分として、それは幸せなのかと思うが、彼らの中の1人は幸せだといいきる。
前半の山一の内部を見る限り、けして山一がいい会社かというと、そうは見えない。もちろん大きな会社なので、大きな派閥もあったようだし。それでも、この本に登場するほとんど人たちは、山一という会社を愛している。どうして、ここまでなっても、山一を愛せるのかと思うくらい。
けして、山一という会社に対してどうこうは思わない。この本の中に書いてある人物が、このようにしてしまったのだし。
ビジネス書って成功談が多い。たしかに読んでいて、普通では発想しないようなウルトラCで成功した話は、面白いが、だんだん自慢話にしか聞こえてこない。失敗談や、ターニングポイントを細かく書いてくれるほうが、読み応えがある。
この本でも、左遷をしなければ・・・歴史にもしはないけど、そんな場面もある。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31