« 映画:ソフィーの選択 | トップページ | 映画:スターウォーズ ローグワン »

2016年11月18日 (金)

テレビ:NHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」

以前、同じNHKで宮崎駿を追っかけたドキュメンタリーを放映していたことがあった。時間がないことを何かに取り憑かれたように言っていた。今回もそんなような番組かなと思って見ていたが、全く違った。

もう長編をやらないと言っていた宮崎駿が「今」どのようなことをしているのか、私たちには興味あること。プロデューサーとの交流もほとんどなく、ただ1人でジブリ美術館の小作品を作ったりしていたとは、全く知らなかった。また、同じジブリの他の監督の話なども一切なく、完全に宮崎駿だけをテレビカメラが追っかけていたのも興味深い。
この番組の一番の見所は、本当は最後の長編に挑もうとする宮崎駿だったのだろうけど、残念ながら、ネットでも書かれているけどDMM社長のプレゼンでしょう。どうしても解せないのは、なぜ宮崎駿にあのような映像を会長自ら行って宮崎駿にプレゼンをしたのかな?と。どう見ても、気持ち悪いし、同じような人工知能をプレゼンするのであれば、もっと他もあったろうにと思う。
ホテルの営業マンは、お客さんがパナソニックの人とわかれば、室内の電化製品をすべてパナソニックにすると聞いた。宮崎駿という人物は、テレビや雑誌でいっぱい書かれいるし、ある程度はわかるだろうと思う。
今の世の中、そんな感じでもないのかな?けど、宮崎駿にプレゼンをするのとなれば、ものすごい時間をかけて準備をしているだろうし。
あの若いCGを作っていた男の子2人・・・。あの数週間、大変だったろうと思う。相手は世界を相手にできるアニメーション界では神のような人。それを、パソコン1台で、その頭の中にある世界を映像化しようとするんだから、無謀な話。
最初は、比較的、自信満々で神と話をしていたように見えたけど、番組の最後には子供のような顔になっていたのが印象的だった。

« 映画:ソフィーの選択 | トップページ | 映画:スターウォーズ ローグワン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/64510162

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ:NHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」:

« 映画:ソフィーの選択 | トップページ | 映画:スターウォーズ ローグワン »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31