« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月18日 (火)

映画:ソフィーの選択

子供の頃、この映画を見てトラウマになった。そして、この映画でいろんなことを学ばせてもらった。その映画を改めて見た。

今まで見た映画でこの映画は10本の指に入るだろう。そのくらい素晴らしい映画だった。子供の頃、気がつかなかった、細かい伏線やソフィーを演じた、メリルストリープの演技のすばらしさ。そして、監督の演出と脚本。正直、非のつけどころがない映画。

映画は、タイトルのままソフィーの過去と現在の選択のお話でソフィーがスティンゴへの告白によって、ソフィーの過去が次第に明らかになっていく。その告白が、少しずつ見ている側を裏切ってくれる。そしてソフィーは「何が真実なのか分からない。随分沢山の嘘を吐いたから。と言っている。この深い深い過去があるがために、スティンゴではなくネイサンを選択するソフィー。最後まで映画を見ると、ソフィーがなぜ、あれだけ酷い仕打ちを受けながらも、ネイサンを選んだのかわかる。この映画の素晴らしいのは、3人の主役の誰に対しても共感ができて、そして

映画を見終わっていろんなことを考えたけど、ネイサンがコカインや麻薬を使用していると言う話も、指圧療法の専門医に家まで送ってもらった話も、映像の中では一切ない。ネイサンの行動は何も映像としてはない。このあたりの演出も見事。見てる側がだんだんネイサンに対して何かおかしいのではないか?と感じる。ネイサンが、アウシュビッツに送られてどうやって生き残ったか?と言うわたりから、ソフィーに対しても。

最後の告白のシーンに出てくる女の子の表情と演技があまりにも素晴らしくと言うか、このへんまで映画を見ていると、もう映画ではなく、もう自分がその中にいるのか、ドキュメンタリーを見ているのかと錯覚すら覚えてくる。あのシーンは、ソフィーが声をかけなければ、3人とも助かったかもしれないし、3人とも焼却炉に送られていたのかもしれない。そして、自分が選択する箏によって、自分は死ぬまで想像もつかない苦しみを味わうことになる。母親としてどちらに愛情が・・・このへんもよくわかる。それは日本人でも西洋人でも母親としても気持ちがわかる。

これだけ素晴らしい映画は、この先見る箏ができるのだろうか思う。もちろん、娯楽作品として素晴らしいダークナイトなどはあるが、人間の深い深い内面をここまでホロコーストという題材をつかっているせいもあってか、トラウマになるくらい深い深い映画だと思う。

2016年10月15日 (土)

白髪のおばあさん

先日、床屋に行ったら床屋なのに白髪のおばあさんが、髪を洗うところだった。床屋に髪を切りにきてるのかなと思い、珍しいなと思っていた。洗髪が終わると、料金を払って帰っていったので、おばあさんが珍しいですねと聞いてみると、月に1回くらい髪だけ洗いにくるらしい。90歳くらいの人だから、髪を1人でちゃんと洗うのめんどくさいんじゃない?と言っていたので、年をとると言うのはそうゆうことなのかと思った。

自分の散髪が終わってお金を払って家に向かっていると、先ほどの白髪のおばあさんが着飾って歩いていた。このおばあちゃん、きっとこの日、友達か子供か孫に会いに行くんでしょうね。
何かわからないけど、涙がでてきた。

2016年10月11日 (火)

映画:レヴェナント 蘇えりし者

全く見る気がなかったけど、ディカプリオが悲願のアカデミー男優賞を受賞した映画でもあるし、アレハンドロゴンサレスイニャリトゥの作品とあって見ることに。

まず、この手の映画は過去にいくつも作られて、しかも大きなあらすじは誰でも予測できる。しかも、全く予想通りに話が進んでいくのにもかかわらず、観客を見事に映画の中に引きずり込む。そしてこの映画、誰が見ても「光」については、印象に残る映画と思う。テレンスマリックが「天国の日々」で日没の数十分に撮影された手法を利用している。テレンスマリックの場合、日によってその色が大きく左右される映像だったが、この映画は、色補正を行なっているのでしょうけど、全く違和感を感じなかった。

映画:エヴェレスト 神々の山嶺

子供の頃、植村直己のテレビ番号をよく見ていたせいか、登山の映画やドキュメンタリーが好きなので、かなり楽しみにして見た。

オープニングのジョージマロニーは登頂したか?と言う謎を含ませて映画が始まるだけでも、この映画がどれだけスケールの大きな映画か期待させる。しかし、最初のエピソードで登山家を撮影してるのが岡田くん。ここで、カメラマンが主役なの?と違和感を感じる。そしてマロリーの使用したカメラらしきものを巡り、阿部くんと知り合う。もうこのへんから期待できそうにないことを感じる。岡田くんが再度、カトマンズに行って、なぜこのタイミングで阿部くんが登山する?昔の彼女に出会って、決心がついたとか、観客には伝わらない。阿部くんの登山を撮影しようとする岡田くんも、阿部くんの登山に同行しようとするが、それだけ難関な登山になのに、ついていこうとするのも、はた迷惑な話であって、結局あのようになってしまっている。もしあれがなければ、もしかしたら登頂は成功したかもしれない。カメラマンにしても、登山家であるなら、その常識はわかるんじゃないの?そして、あれだけ体力を消耗しておきながら、下山までできてしまう。全く意味がわからない。
ここまでお金をかけておきながら、こんなにひどい脚本もないだろう?と言う映画。ここまでひどいと原作が悪かったのかな?とも思える。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31