« 映画:キリング・フィールド | トップページ | 映画:エヴェレスト 神々の山嶺 »

2016年9月23日 (金)

映画:鉄道員

すみません、高倉健のほうではなく白黒映画のほうです。

子供の頃、この映画がとても良かったので、また見たいと思っていたのですが、レンタルにもなく、数十年がたち、やっと見つけました。
この映画、1人の子供の目線で家族というものを見せてくれる。父は厳格な鉄道員。娘は、好きではない男の子を身ごもってしまい、結婚するも、流産して夫婦中は悪くなる。息子は、仕事もしなで遊んでばかり。そして父親の運転する特急で人身事故を起こしてしまい、そのショックから信号を見落とし大惨事になることに。ちょうど、この時期に娘が昔の男と会っていることが父親に知れ、家庭が崩壊。そんな中、 ストをやぶり、列車を運転し、仲間から孤立し、家にも帰らなくなって、子供が探しだし・・・・と言うストーリー。
この映画、昔も今も同じような家庭の問題を抱えていたのだと感じる。その1つ1つのエピソードに何の違和感も感じない。そして、この何でもない話の1つ1つで、いろんなことを詰め込んでいるのも関わらず、脚本がしっかりしていることもあり、素晴らしい映画にしあがっている。
この子供がとても素晴らしい。たまに見せる、何を考えてるのかわからない表情。そして、娘と弟の愛情もとてもわかる。なんでしょう?大人が書いた、作った演出ではなく、ごく日常にある情景として見える。このへんの演出も見事と思う。
そして、最後に見せる母親の表情。幸せってこうゆう何でもない日常にあるんだと思わせてくれる。
素晴らしい映画。

« 映画:キリング・フィールド | トップページ | 映画:エヴェレスト 神々の山嶺 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/64245641

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:鉄道員:

« 映画:キリング・フィールド | トップページ | 映画:エヴェレスト 神々の山嶺 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31