« 遺稿集 | トップページ | 映画:酔いがさめたら、うちに帰ろう。 »

2016年8月12日 (金)

映画:シン・ゴジラ

無性に映画が見たくなり、シンゴジラを見に行ってきた。

皆さんが言ってるようにエバンゲリオン版、ゴジラでした。こうしてこのゴジラを見てみると、映画はとてもリアリティがあり、前半はかなり映画に引き込まれるが、なぜかその勢いが後半減速してしまう。見ていて、素人かと思うような役者が出ていたり、何か日本政府の内閣面々が、あまりにも軽く冷めてしまう。それに、石原さとみの登場で違和感を感じてしまう。ゴジラをどう倒すのかと、そこに意識が行ってしまう。想像もつかないような倒しかたを期待していたが、この手の手段はもうやりつくしてしまったのかと思う。
見終わって時間がたつにつれて、庵野秀明は、エバンゲリオンの呪縛から抜け出すことができないのかとも思う。
たぶんですが、この映画、一昨年?庵野秀明が東京国立現代美術館で特撮の展覧会を開催している。ということは、この映画でもかなりのミニチュアを使っての撮影を行っているのだろうと思う。建物などそうだと思うが、かなりのリアリティがあり、違和感をほとんど感じなかったのが、素晴らしい。
今年の夏の映画では1番ではないかと思う。

« 遺稿集 | トップページ | 映画:酔いがさめたら、うちに帰ろう。 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/64072308

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:シン・ゴジラ:

« 遺稿集 | トップページ | 映画:酔いがさめたら、うちに帰ろう。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31