« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

襟裳うに祭り

あいにくの天気も悪く肌寒い中、襟裳のうに祭りに行ってきた。ネット昼頃に行ったら、もうウニがなかったというので、朝の5時に出て、行ってきた。

前日、かなり雨が降ったようで、会場内のグラウンドは水たまりがいっぱい。ウニの格安販売のチケットをもらうのに、500人以上は並んでいたような。まるで某テーマパークなみ。とりあえず、販売券をいただいて、購入。殻付きウニが8個入って1000円。しかもバフンウニ。積丹ではありえない格安さ。
強風でBBQは中止とのアナウンスがあったけど、それでもツブやいろいろな食べ物がありすぎて、散財。価格も市価より安いし、食べ物もかなりあって、とても満足。お土産をしこたま購入して帰れば、交通費分もそんなに苦にならない。
帰りに、静内の桜まつり会場に寄ってみた。ほとんど桜なんぞ咲いてもおらず、祭り会場も入り口の記念撮影の呼び込みの可愛い女の子が頑張っているだけで、屋台からも声もかからず、諦めムード。お客もほとんどが、地元のかたのようで、雑談している。ほほえましい限り。
Img_6671
Img_6673
Img_6679
Img_6675

2016年4月12日 (火)

暴利駐車場

今朝、とある講習会で、札幌市内の街中の駐車場で、黄色い看板のポイントのつく駐車場に車を停めた。ここって、最大停めても1000円くらいだし、ポイントも付くので、ちょっと遠くても、懇意にしていた。しかし、講習が終わって支払いをしたら7000円近くかかった。よく看板を見たら、20分、300円。は?確かに、これだけ時間を停めたら、この金額になるんだろうけど、チェーン店なら1時間あたりの金額はいいにしても、一晩停めてもとか、1日停めていくらって、これがここの売りだったんじゃないのか?ふざけるな。

もう2度と停めない。
会員カードも捨てる。

2016年4月11日 (月)

オリンピックのエンブレム

新しい4候補が発表されたけど、どれもイマイチのように感じる。1つ目の案は日本の伝統文様を図案化したらしいけど、どうしてあのような中途半端になってしまうのかと。それなら芹沢圭介あたりのデザインをベースにしてデザインした方が面白いと思う。躍動のイメージしたものは、過去のオリンピックのエンブレムとなんら変わらない気がするし。もう1つの丸いのも、なんかパソコンで作りましたという感じで面白くもなんともない。唯一花のデザインのものがいいように感じるけど、左側の花がベロを出しているようで、バランスが非常に悪い気がする。

日本のデザイン界は、それだけ人材不足なのかな?それとも選考委員界が未だ、しがらみの中で選考しているのか。
東京オリンピックは問題ばかりで、どうなってしまうのだろう。

2016年4月 5日 (火)

特別支援学級

私の子供の頃は、特別支援学級というものがなかった。なので、ダウン症の子や、どう見ても五体不満足な人や、よく歩いて来れるなという子から、涎をたらしながら授業を受けている子が普通に授業を受けていた。それに対して何の違和感を感じていなかった。

しかし、今の世の中ってそうゆう子を特別支援学級として分けている。
自分が思うには、子供の頃からこうゆう子と一緒に生活することによって、障害者を特別な目で見ることがなくなる思う。それが日常的に、手がなければ、みんなが無意識に手伝ってあげるし。人の痛みや弱みをそうゆうところで助け合うことって、大事だと思う。

バスでの出来事

先日、バスに乗る時に車椅子の人がいた。乗る時に自分で持ち上げて車椅子を入れ込んでいたのだけど、その時に、1人のおっさんが手伝ってあげて、ドア近くの人が席を譲ってあげていた。お礼も言わないので、友人かと思ってたが他人だったようだ。しかも、席を譲ってくれた人にもお礼を言わなかった。

障害者に席をゆずるのは、もちろん常識だと思う。それにお礼をいう必要もないといえばその通りだと思う。しかし、やはり一言あったも良いかと思う。今の世の中、何か違う気がする。

下痢が続く

下痢が続いて、熱も出てきたので、1ヶ月前に病院に行ってきた。薬の切れる1週間後にまた来るようにと言われたけど、仕事が忙しく行けなかったので、有給使って行ってきた。

その後も下痢が続く話をしたら、医者の顔が曇った。さすがに、このまま続くようだったら、かなり大掛かりな精密検査になると言われた。
過敏性腸症候群でなければ、大腸ガンの可能性もあるということね。
身体の異変を感じてまずいかなと思ったのが、これで2回目。1回目は、舌のつけねに腫瘍らしき物ができた。舌癌の可能性もあったので、CTまでとって、手術の日にちまで決まったが、ある拍子で腫瘍がやぶれて、経過を見てとなった。これが1回目。
けど、子供の頃からよく下痢をしていせいもあってか、自覚症状が、なんか今回ひどいな程度だったけど、やはり自分でもちょっと長くない?と感じる。数日に1回、1時間くらいトイレにこもってないとならないくらいの下痢に襲われるのが嫌で、病院に行ったけど、そうでなければ我慢もできる。
なんか、毎日毎日、ストレスを溜めるだけでもう、いいかな?と頭の中をよぎる。誰かに必要とされているわけでもないし。必要とはされてないけど、親くらいは少し悲しくむのかなと。
一生懸命やっても、何も評価される訳でもなし。
自分って、この数十年生きてきて、何にか役にたったのかな。そして、生きてきた証みたいのもなく終わっていくのかなと思うと、親に申し訳ない気持ちでいっぱいと思う。まあ、死ぬ訳ではないけど、もし死ぬとしたら、そんなことも頭をよぎる。
けど、もういろんなことに疲れた・・・。

2016年4月 2日 (土)

アルファ碁

先日のアルファ碁の対戦は、かなり衝撃的なニュースだった。1勝4敗という結果。しかしその1勝も、突然アルファ碁が、初心者のような手を打ち始めたという話らしい。なんらかの原因で、正常な判断ができなくなったのだろう。

こう見ると AI知能がこの先、どのくらい発達して、どれだけ正常に機能するのか。機械の暴走。 映画ターミネータのような近未来が来てもなんら不思議ではない。

2016年4月 1日 (金)

三笠市博物館

三笠に用事があったので、昼休みにちょっと見に行ってきた。子供の頃、1度だけ親に連れて行ってもらった記憶がある。

アンモナイトの化石をこれだけ見ることができるのは、もちろん道内でここだけでしょう。物量ともに、かなりの量です。正直、1点1点、見ていきアンモナイトの進化を見ていくと、半日から1日はかかるくらい、細かく説明書きがされています。アンモナイトに特化しているのは、いいけど、これでやっていくのは大変のような気がする。化石の発掘の体験学習とかできないものなのかな?やっているのかな?裏の方にある、鉄道記念館とは対照的でちょっと寂しい。恐竜オタクのアイディアを公募して、何かできないものかと思う。
奥のほうに、三笠出身の偉人の人の紹介があった。
Img_6341

ザハハディド氏死去

ザハハディド氏が亡くなった。

あらためて、彼女の作品を見ていると、誰が思うだろう近未来な感じがする。国立競技場の初期のデザインが採用になっていたらとも思う。しかし、なぜ建築費の問題でボツになってしまったのかと思う。ただ、彼女の他の作品に比べると、ちょっと物足りない感じもある。
未だにもめてる国立競技場。なんで、透明性にならないのだろう。これって、日本の官僚的な体質なのかな。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31