« ジョブズのいないアップル | トップページ | 鴻海・・・ »

2016年3月22日 (火)

映画:日本のいちばん長い日

予告編を見たときから見たいと思っていたけど、劇場で見ることができなかった。

まず、この映画が日本アカデミー賞の作品賞と監督賞を受賞できなかったかと、そして山崎務が助演男優賞すらノミネートされていないことに違和感を感じた。そして、なぜ、本木雅弘が主演男優賞にノミネートされたのがわからない。
まず、136分の中に押し込むのは致し方ないにしても、もう少し上映時間を長くして、細かいところを説明してくれてもよかったのかなと思う。あまりにもテンポが早く、肝心な阿南の心情が読み取れない。正直、役所広司を使ったせいで、悪者ではないという先入観が入ってしまう。史実では、彼も賛否両論な軍人でもあると思う。強硬に玉音放送の会議で強硬な意見を言ってしまったのは、状況はわかるが、もう少し伏線というか、陸軍を抑えるのに本音と建前のエピソードをもう少し入れ込んで欲しかった。
途中途中で、東条英機が出てくるのも、とても緊張感があって、なぜ戦犯になったのかと思える。
阿南を中心に描いてしまっているせいもあって、仕方ないのでしょうけど、もう少し人物の相関を説明して広げて欲しかった。
あと、この映画の撮影なかなか良かったと思う。それと、セットもリアルな感じがして見入ってしまった。せっかくだから、ディレクターズカットで180分くらいのものを売り出してほしい。
個人的は、なかなか見ごたえのある映画でした。

« ジョブズのいないアップル | トップページ | 鴻海・・・ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/63380592

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:日本のいちばん長い日:

« ジョブズのいないアップル | トップページ | 鴻海・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31