« 美術:スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。 | トップページ | オリンピックのエンブレム »

2015年8月24日 (月)

映画:レイダース 失われたアーク

  レイダース失われたアークを数年ぶりに見た。個人的にはスピルバーグの最高傑作と思っている。やはり、テンポといい、最初の洞窟のシーンは、とても素晴らしい。当時の、CGのレベルでもそんなに違和感を感じずみることができるのも、素晴らしい。

ただ、今回見て、おいおい、ここへんじゃない?と思ったシーンが3箇所あった。1つは、ネパールで、ゲシュタボが杖飾りを掴んで火傷して、それっきりになってしまっているところ。彼、どこに行った?それと、地図の間に入って、上にいた仲間がドイツ兵に捕まるけど、中を覗くわけでもなく、何かされるわけでもなく、そのまま。それと、インディがU−ボートに乗って島に行くのも、潜行しないで?と思ってしまう。と、細かいところをあげていけば、まだ出てくると思うけど・・・。そんなことを考えなければ、とっても面白い映画だと思う。
こんな面白い映画をどうして、しょうもない続編を3本も製作したのかわからない。まあ、ほとんどの映画は2、3となるとどんどんダメになって行ってしまうのは、仕方ない。けど、スピルバーグにルーカスでしょう?もう少し、頑張ってほしかった。
もう製作しなくていいから。

« 美術:スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。 | トップページ | オリンピックのエンブレム »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/62147432

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:レイダース 失われたアーク:

« 美術:スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。 | トップページ | オリンピックのエンブレム »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31