« 映画:私の男 | トップページ | 卒業式の歌 »

2015年3月 2日 (月)

映画:駅 STATION

高倉健の代表作の1本、駅STATION。脚本が倉本聰と言う事もあり、北海道に住んでいる人なら見ていて、とても面白いと思う。殆どが札幌と増毛での撮影。

オープニングの銭函駅でのシーンは映画史にの残る、素晴らしいシーン。いしだあゆみが電車に乗るシーンは、いしだあゆみの表情があまりも良くって、泣けてくる。また、このシーン、ホームでの撮影なので、カメラを引く事ができなく、ホームの柱などが写り込むのだが、それがまた素晴らしい効果をあげている。そして札幌での殺人事件へと繋がっていくのだが、ここで大滝秀治が早々に殺されてしまうあたり、見ていてどんどん入り込んでいく。いしだあゆみも、大滝秀治も最初の数十分しか出ていない。しかも配役も今では考えられないくらい、俳優を沢山出している。
ただ、直子とすずこまでは面白いのだが、桐子がとても退屈になってしまう。しかも、映画の店舗がだんだん遅くなっていく。刑事で有る事も、どうでもよくなって、桐子との恋愛話に話の中心になってしまうのも、どうかと思う。そして、偶然として見ていいのか、大滝秀治を殺した犯人がここで繋がる。正直、無理がありすぎ。
そうであれば、その犯人を追っていたとか、なんらかの繋がりが欲しかったかな。営林署のエピソードも札幌市内の2つの事件も、事件と感じられないし。物語には必要ないのかも知れないけど、犯人の動機なんか会話の中で語られてもいいのかなと思う。その動機で時代背景なんか見え隠れしてほしかった気がする。
前半とても良かったのに、残念だった。

« 映画:私の男 | トップページ | 卒業式の歌 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/61218656

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:駅 STATION:

« 映画:私の男 | トップページ | 卒業式の歌 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31