« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月10日 (火)

黒川智花、結婚

この子、以前から可愛いと思っていたけど、年間にあれだけビデオを見ても、まず出ている映画に当たった事がない。それでも、女優としての評価は高いので、なんでと思う。そういえば、数年前に、セミヌードの写真集を出して話題になった。そんな黒川智花が結婚したらしい。しかも一般人。とても、性格の良さそうな子を、結婚までもっていけた彼は、とっても素晴らしい人なんでしょうね。

おめでとうございます。

2015年3月 8日 (日)

見ていない映画

80年代、ひたすら映画を見ていた。今のハリウッド系の映画ばかりではなく、娯楽作品から政治的な映画から色んなジャンルの映画、多かった。そんな、政治や深い意味のあるような映画は、今の時代、採算も取れるはずもなく、だんだん制作されなくなってきたように思う。
昨日、なんとなくそんな事を考えていたら、ネバーエンディングストーリーと言う映画を見ていないことを思い出した。子供のこと、オーバーザレインボーと言う映画かドラマを見てあまりにも辛く、この手の映画がトラウマになったせいもあって、敬遠するようになってしまった気がする。なんとなく、YouTubeで動画を見ていたら、無性に見たくなった。当時、こんな子供だましの特撮でも、夢中になって見ていたんだと思うと、それはそれでよかったんだと感じる。

マン島TTレース

2013年に松下ヨシノリという人が、このレースの予選で亡くなったのをニュースで知った。ネットで調べていると、YouTubeで映像があったので再生してみた。こんなレースがあるとは・・・。こんなレースばかりやっていると、病んでしまうのではないかと思える。

映像を見ていると、本当に片道キップの地獄でも行くようにしか見えない。この映像の中で、スタッフ全員と抱き合うシーンがあるのだけど、このシーンだけでも色々なことが想像できる。地獄から生還できた安堵感と生還できたのは、自分だけのものではなく彼らかいたからこそって感じもするし、もうこんなこと、無理だとも感じる。

どんなことでもそうだけど、上には上がいると言うことを思い知らされる。まさに、これがそう。こんな超人的なスピードで公道を走る。想像を絶するくらいの情報処理能力が無ければこんなのは無理。どんなにコースを頭の中に入れても、判断しながら走るだろうし、それに、見えない凹凸、それに前や後ろにいる相手がいた時の判断。全てにおいて、普通の人間では無理な世界。

なんでも、一般人が参加できるクラスもあるようだが、やはり死亡事故も多いらしい。

2015年3月 5日 (木)

卒業式の歌

今朝のラジオで、とある小学校の卒業しでウィアーザワールドが歌われたと言う話をしていた。しかも、小学校1年生の母親の話だった。

小学校1年生が、このウィアーザワールドを歌うって、なんて素晴らしい事なんだろうと思う。マイケルジャクソンと、ライオネルリッチーが作詞作曲をして、名曲の中の名曲。この、消耗品ばかりの音楽ばかり流れる時代に(もちろんそうじゃない曲もあるけど、とあるアイドル集団のせいでおかしくなってしまったと思っている)、世界とは何かを教えてくれる。きっと、この曲を歌うにあたって、先生がこの曲の紹介をしただろうし、こんな素晴らしい曲が、世界にはいっぱいあると言う事も、何人かの子供達は知っただろう。
小学1年生で、こんな名曲を知る・・・いや、歌うなんて、彼らはきっと、この先、自分の「物」になるでしょう。
とても素晴らしい話。

2015年3月 2日 (月)

映画:駅 STATION

高倉健の代表作の1本、駅STATION。脚本が倉本聰と言う事もあり、北海道に住んでいる人なら見ていて、とても面白いと思う。殆どが札幌と増毛での撮影。

オープニングの銭函駅でのシーンは映画史にの残る、素晴らしいシーン。いしだあゆみが電車に乗るシーンは、いしだあゆみの表情があまりも良くって、泣けてくる。また、このシーン、ホームでの撮影なので、カメラを引く事ができなく、ホームの柱などが写り込むのだが、それがまた素晴らしい効果をあげている。そして札幌での殺人事件へと繋がっていくのだが、ここで大滝秀治が早々に殺されてしまうあたり、見ていてどんどん入り込んでいく。いしだあゆみも、大滝秀治も最初の数十分しか出ていない。しかも配役も今では考えられないくらい、俳優を沢山出している。
ただ、直子とすずこまでは面白いのだが、桐子がとても退屈になってしまう。しかも、映画の店舗がだんだん遅くなっていく。刑事で有る事も、どうでもよくなって、桐子との恋愛話に話の中心になってしまうのも、どうかと思う。そして、偶然として見ていいのか、大滝秀治を殺した犯人がここで繋がる。正直、無理がありすぎ。
そうであれば、その犯人を追っていたとか、なんらかの繋がりが欲しかったかな。営林署のエピソードも札幌市内の2つの事件も、事件と感じられないし。物語には必要ないのかも知れないけど、犯人の動機なんか会話の中で語られてもいいのかなと思う。その動機で時代背景なんか見え隠れしてほしかった気がする。
前半とても良かったのに、残念だった。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31