« 映画:ファンダンゴ | トップページ | スノーボード:国際スキー場 »

2015年2月13日 (金)

映画:アメリカンスナイパー

クリントイーストウッドの最高の興行収入をたたき出していると言うアメリカンスナイパー。アメリカのネイビーシールズの伝説のスナイパーのクリスカイルの自伝の映画化。数年前に、このクリスが亡くなったとき、何故か日本のニュースでも取り上げられて、違和感を感じた。しかし、この映画を見ると、納得ができる。

この2時間ちょっとの映画であるが、どんどん映画の中に引き込まれていく。そして見終わった時に、クリントイーストウッドが84歳でこれだけの映画をつくると言う事に、驚きと言うか、ただただ圧倒される。
ただ、この映画、編集で失敗しているように感じる。例えば数回、派遣されるのだが、クリスの目的が見えてこない。どんな作戦で今この状況にいるのか、もう少しはっきりしてほしいところ。それにクリスが、どのような事が積み重なって戦場での事で精神が蝕まれていくのが、見えてこない。しかし、最初の子供と女性を殺すシーンなんか、予告編で見ると、ここだけでも精神が病んでしまうと思うけど、このクリスは淡々と仕事をこなす。こうゆうシーンを後半に多くもってきて、戦争とは?モラルとは?仲間とは?家族とは?と、どんどん観客に訴えてきて、こんな戦争とは普通の精神ではいれなくなってくるのを見せて欲しかった。そして、相手のスナイパー対スナイパーの話になってしまうのも、ちょっと残念。ここに落しどころをつくって欲しくなかった。
クリントイーストウッドが、この映画を作った事を考えても、このクリスと言う人がいかにアメリカ人から愛されていたのかと感じる。そこに、アメリカ人と日本人の違いであり、平和ボケしている日本人からしてみると、わからない事なんでしょう。
映画は、とにかくよくできています。素晴らしい映画。ぜひ、ディレクターズカットを販売して欲しいものです。

« 映画:ファンダンゴ | トップページ | スノーボード:国際スキー場 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/61129863

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:アメリカンスナイパー:

« 映画:ファンダンゴ | トップページ | スノーボード:国際スキー場 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31