« 本:帝国ホテルの不思議 | トップページ | 映画:駅 STATION »

2015年2月23日 (月)

映画:私の男

原作、桜庭一樹の私の男。小説は、なかなか面白かったけど、描写が細かく読んでいて、ちょっと大変だった記憶がある。1番、印象に残っていたのは「生きろ」でしょうか。原作は、メメントのように現代からさかのぼっていく手法の小説だったが、映画は過去から現代に話が進んで行く。

物語は、奥尻の南西地震からはじまる。1人の女の子が助かり、この女の子を探しにきた叔父に引き取られ、紋別で生活し性的な関係をもっていくと言う話。
まず、紋別で撮影された空気感なんかは見事だと思う。ただ、DVDのせいなのか映画自体のフィルムのせいなのか、映像が荒く感じるので平面的に見えてしまうのが残念。ただ、どのシーンも計算して撮影されているのがよくわかる。それと、全編、オールロケなのかな?すべてのシーンにおいて生活感があるのも、見ていて違和感を感じさせず、うまいと思った。
正直、浅野忠信って同じような演技しかできないのかしないので、好きな俳優ではなかったが、こうゆう役は適役と思った。そして、二階堂ふみの演技も見事としか言いようがない。日本映画特有の、聞き取れない場面が多々あるけど、この2人の演技で十分に補っていた。
たぶん、この映画は2度3度見ると、色んな事に気がつくのではないかと思う。1つ1つ場面をもう少し読み解かなけらばならないのかも。例えば、タクシー会社との事務員とのセックスも背後位でのシーンが気になる。このへんも意味があると思うし、舌のピアスも何か意味があるのかと思う。それらを、説明しなくっても感覚的に読み解く映画のような気がする。感性が豊かな女性には、もの凄い感じるところがあるのではないかと思う。

« 本:帝国ホテルの不思議 | トップページ | 映画:駅 STATION »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/61182738

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:私の男:

« 本:帝国ホテルの不思議 | トップページ | 映画:駅 STATION »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31