« 映画:初恋のきた道 | トップページ | 映画:私の男 »

2015年2月20日 (金)

本:帝国ホテルの不思議

直木賞作家の村松友視氏の「帝国ホテル不思議」を読んだ。以前に村松友視氏の本を読んだとき、文体に慣れず、1冊の本を読むのにえらい苦労した経験があったが、この本はかなり読み易かった。

帝国ホテルの従業員にインタビューを交えながら、帝国ホテルが如何にして日本で1番のホテルであり続けているかを書いている。この本のいいところは、企業の社長が書いたビジネス書の殆どは、自分の成功談ばかり。正直なところ成功談より失敗談を知りたい。この本は、各セクションの30名のインタビューを交えているので、個々の失敗談が数多く書かれている。正直、ここまで書いてしまっていいのかと思うところもある。なにより、皇室から世界中のVIPまで利用されるホテルでも、こんなミスがあるのだと知るだけでも、勉強になる。そして、その1つ1つのクレームだたtりミスが改善されて、今の姿になっている。
正直、読んでいて思ったのが、ホテルの中のディズニーランドではないと思ったくらいである。これだけ巨大なホテルを1人1人のスタッフが横の連携をとって、指示を行い機能している。ものすごい、緊張感の中、仕事をしている。しかし、どのスタッフもその緊張感を楽しんでいる感があるも、企業風土であるでしょう。
数カ所に出てくる、帝国ホテルの社長も素晴らしい。まず、社員の考えを十分に聞いてから質問し、問題点を伝えくる。それを1つ1つつぶしていく、スタッフの努力は並大抵のものではないと思う。
もし、自分がお金が沢山あれば、帝国ホテルに泊まってみたいもんです。

« 映画:初恋のきた道 | トップページ | 映画:私の男 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/61166745

この記事へのトラックバック一覧です: 本:帝国ホテルの不思議:

« 映画:初恋のきた道 | トップページ | 映画:私の男 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31