« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月23日 (月)

映画:私の男

原作、桜庭一樹の私の男。小説は、なかなか面白かったけど、描写が細かく読んでいて、ちょっと大変だった記憶がある。1番、印象に残っていたのは「生きろ」でしょうか。原作は、メメントのように現代からさかのぼっていく手法の小説だったが、映画は過去から現代に話が進んで行く。

物語は、奥尻の南西地震からはじまる。1人の女の子が助かり、この女の子を探しにきた叔父に引き取られ、紋別で生活し性的な関係をもっていくと言う話。
まず、紋別で撮影された空気感なんかは見事だと思う。ただ、DVDのせいなのか映画自体のフィルムのせいなのか、映像が荒く感じるので平面的に見えてしまうのが残念。ただ、どのシーンも計算して撮影されているのがよくわかる。それと、全編、オールロケなのかな?すべてのシーンにおいて生活感があるのも、見ていて違和感を感じさせず、うまいと思った。
正直、浅野忠信って同じような演技しかできないのかしないので、好きな俳優ではなかったが、こうゆう役は適役と思った。そして、二階堂ふみの演技も見事としか言いようがない。日本映画特有の、聞き取れない場面が多々あるけど、この2人の演技で十分に補っていた。
たぶん、この映画は2度3度見ると、色んな事に気がつくのではないかと思う。1つ1つ場面をもう少し読み解かなけらばならないのかも。例えば、タクシー会社との事務員とのセックスも背後位でのシーンが気になる。このへんも意味があると思うし、舌のピアスも何か意味があるのかと思う。それらを、説明しなくっても感覚的に読み解く映画のような気がする。感性が豊かな女性には、もの凄い感じるところがあるのではないかと思う。

2015年2月20日 (金)

本:帝国ホテルの不思議

直木賞作家の村松友視氏の「帝国ホテル不思議」を読んだ。以前に村松友視氏の本を読んだとき、文体に慣れず、1冊の本を読むのにえらい苦労した経験があったが、この本はかなり読み易かった。

帝国ホテルの従業員にインタビューを交えながら、帝国ホテルが如何にして日本で1番のホテルであり続けているかを書いている。この本のいいところは、企業の社長が書いたビジネス書の殆どは、自分の成功談ばかり。正直なところ成功談より失敗談を知りたい。この本は、各セクションの30名のインタビューを交えているので、個々の失敗談が数多く書かれている。正直、ここまで書いてしまっていいのかと思うところもある。なにより、皇室から世界中のVIPまで利用されるホテルでも、こんなミスがあるのだと知るだけでも、勉強になる。そして、その1つ1つのクレームだたtりミスが改善されて、今の姿になっている。
正直、読んでいて思ったのが、ホテルの中のディズニーランドではないと思ったくらいである。これだけ巨大なホテルを1人1人のスタッフが横の連携をとって、指示を行い機能している。ものすごい、緊張感の中、仕事をしている。しかし、どのスタッフもその緊張感を楽しんでいる感があるも、企業風土であるでしょう。
数カ所に出てくる、帝国ホテルの社長も素晴らしい。まず、社員の考えを十分に聞いてから質問し、問題点を伝えくる。それを1つ1つつぶしていく、スタッフの努力は並大抵のものではないと思う。
もし、自分がお金が沢山あれば、帝国ホテルに泊まってみたいもんです。

映画:初恋のきた道

北京オリンピックの開会式の演出を行なった、チャンイーモー監督の映画。正直、上海ルージュや高倉健主演の単騎、千里走るなどは、そんなに素晴らしいと思えなかった。レンタルにも無く、いつか見れたら程度で思っていたところ、先日、ラジオでこの映画を絶賛してる女優さんかな?がいて、どうしても見たくなり、結局DVDを買ってきた。

この物語が、父親が亡くなり葬儀に村に帰ってくるところからはじまる。そこで母親が、昔からの風習で亡くなった父親が帰り道がわからなくならないように棺を担いで帰りたいと言う。しかし、若者がいなく、担いで村に帰るにはお金で人を雇うしかないと言う話になる。何故、そこまで母親が、父親の事をそこまで思うのかを出会いから回想が始まる。
まず、この映画の素晴らしいのは、現代がモノクロで過去がカラーだと言う事。あの頃は、父も母も輝いていたといわんばかりの演出。そして、チャンツィーの演技の素晴らしさでしょうか。最後のシーンでも使われていましたが、あの首を少し振りながら走るシーンは映画史上に残るシーンではないでしょうか。そして、この映画、チャンツィーの後ろ姿のシーンが多いのだけど、後ろ姿でも、チャンツィーの顔の表情がわかるくらい素晴らしい。そして、この相手役の先生が、全然かっこよくないのも見事。どこでもいるような若者を選んだあたりも、素晴らしい。あくまでも、このチャオディから見た世界だけ。
日本にいると、中国の農村がどのようなとこか、わからないが、18歳の設定で、あのように純粋無垢なところが、少し違和感を感じた。あれが、16歳の設定だとなんも思わなかっただろう。けど、中国の農村ってあんな感じなのも知れない。あともう1つ違和感を感じたのが、あれだけ無口だった母親が、バー様になって、よくしゃべるのもちょっと・・・(笑)。
たった1時間30分くらいの映画で、ただ初恋の彼氏を待つだけの話なのに、ただただけなげで泣けてきます。
2年ぶりに再開するエピソードのシーンは号泣しました。とても素晴らしい映画です。

2015年2月19日 (木)

クルド人部隊ISISを撃退

昨日のニュースで、クルド人がイラク北部でISISを撃退したとニュースで知った。先日の湯川とハルナさんの事件が連日報道されていたが、殺害されてからは急激にニュースで流れなくなった。しかし、世界ではISISと戦っている人がいると言う事を忘れてはいけないと感じる。そして、それを知らないとならないと言う事も。

2015年2月16日 (月)

ミクニ

ミクニのランチに行ってきた。ここのお店は、1つ1つがとても親切でサービスで、素晴らしい。フランス料理を食べに行った事ない人でも安心して食べに行ける。

最初に小さいお菓子みたいのが出てきたのですが、これの説明が終ったあとに、どうぞ手にとってと言ってくれた。このへんも親切だなと思った。また、ナイフとフォークも一皿一皿に必要な物だけ用意してくれるので、食べ終わったあとのナイフとフォークの置場だけ覚えておけば、そんなに気にする事もない。
何より、とてもリラックスして食事が出来るのも、このお店の雰囲気にしてくれている、お店のスタッフのお陰でしょうね。敷居の高いフランス料理。しかも、日本を代表する三国シェフのお店。とてもいいお店。
もちろん料理もおいしかった。けど、メインディッシュの魚と鹿肉は魚にすれば良かったと・・・。
6573_resize1_2

札幌雪まつり

今年も、暇つぶしに雪まつりを見てきた。安全などの色々な問題でしょうけど、どんどん雪像が小さくなっている。横の通路が広くなっているのを見ても、小さくなっているのがわかるし。それと、クオリティがえらい落ちている。今年のサザエさんにしてもスターウォーズにしても手抜きとしか思えないし。まあ、デザインセンスも含めてだけど。

大雪像が大きく感じなくなったせいか、雪まつりと言うより食の祭典と言った感じ。これはこれでいいんだけど、力の入っているほうが食になってしまっている感がある。
それと、スターウォーズは、ここでもう少し大きな宣伝をしても良かったような気がする。と言うか、その回りに小さい雪像でC3ーPOとかの雪像を作って、スターウォーズワールドにしてもよかった気がする。それは、サザエさんも同じ。なんか、もう少し、ドキドキワクワクするように企画してほしい。
6559_resize1

2015年2月14日 (土)

スノーボード:国際スキー場

今年、3回目のスノーボード。朝一から滑る事ができたけど、ダウンヒルのコース整備が終ってないらしく、それまでコース脇を滑る事に。これがまた、かなり美味しいパウダーがいっぱいある。2本目で、やっとダウンヒルも開くが、わずか数十分の差で、かなり食われてしまって、コース脇を滑るも、3本目には殆どなくなる。コース内は、雪が柔らかすぎて、前脚から入ると、刺さりまくりで、ターン後半クイックに曲がってしまい、脚が変な方向に動き、バランスを崩して死にそうになる。

それにしても、探せばいっぱいパウダーがあるある。久しぶりに楽しいボードでした。
Img_5183_resize1

2015年2月13日 (金)

映画:アメリカンスナイパー

クリントイーストウッドの最高の興行収入をたたき出していると言うアメリカンスナイパー。アメリカのネイビーシールズの伝説のスナイパーのクリスカイルの自伝の映画化。数年前に、このクリスが亡くなったとき、何故か日本のニュースでも取り上げられて、違和感を感じた。しかし、この映画を見ると、納得ができる。

この2時間ちょっとの映画であるが、どんどん映画の中に引き込まれていく。そして見終わった時に、クリントイーストウッドが84歳でこれだけの映画をつくると言う事に、驚きと言うか、ただただ圧倒される。
ただ、この映画、編集で失敗しているように感じる。例えば数回、派遣されるのだが、クリスの目的が見えてこない。どんな作戦で今この状況にいるのか、もう少しはっきりしてほしいところ。それにクリスが、どのような事が積み重なって戦場での事で精神が蝕まれていくのが、見えてこない。しかし、最初の子供と女性を殺すシーンなんか、予告編で見ると、ここだけでも精神が病んでしまうと思うけど、このクリスは淡々と仕事をこなす。こうゆうシーンを後半に多くもってきて、戦争とは?モラルとは?仲間とは?家族とは?と、どんどん観客に訴えてきて、こんな戦争とは普通の精神ではいれなくなってくるのを見せて欲しかった。そして、相手のスナイパー対スナイパーの話になってしまうのも、ちょっと残念。ここに落しどころをつくって欲しくなかった。
クリントイーストウッドが、この映画を作った事を考えても、このクリスと言う人がいかにアメリカ人から愛されていたのかと感じる。そこに、アメリカ人と日本人の違いであり、平和ボケしている日本人からしてみると、わからない事なんでしょう。
映画は、とにかくよくできています。素晴らしい映画。ぜひ、ディレクターズカットを販売して欲しいものです。

2015年2月12日 (木)

映画:ファンダンゴ

ケビンコスナーがまだ無名の頃の映画。そして、超B級映画。時代もあるのだろうけど、低予算でこれだけいい映画を作れるのは、素晴らしいと思う。

この映画、卒業が決まり兵役が決まっている5人の若者が最後の思いでドライブに出かけるという話。本当は、メキシコに逃げて兵役を免れようとも考えていたけど・・・。
わずか1時間半くらいの映画でありながら、登場人物の個性や性格をうまく描き出している。これは、ケヴィンレイノルズの演出が見事だったからでしょう。とにかく、こんなB級映画なのに、高速道路のあんな撮影なんて許可おりたもんです。今でこそ、CGなどではどうにかできるだろうけど。
記憶に残るシーンが2つあって、1つは、飛行機で迎えに行って、ガードナーとデビーが会うシーン。それと、最後の最後でしょうか。
スタンドバイミーは友情は、この先も続いていくと思ったと言う感じで終るけど、この映画は、青春はもう二度と帰ってはこない。「今」を生きると言う事を言いたかったような気がする。

映画:ガープの世界

個人的は、ロビンウィリアムズの最高傑作だと思う映画。ここ数年、見たくレンタルで探しても無かったので購入した。

この映画は、ある1人の男の生まれてからのお話。ただ、ここの母親が、ちょっと変わってると言うだけで、あとは、誰でも書けそうなストーリー。正直、公開当時はとても素晴らしい映画だと思ったが、数十年たって見ると、こじんまりとした話だった。もっともっと、ガープを中心に色んな人が絡んでいたと思っていたけど、そうでもなかった。
それでも、この映画は良い映画です。さすが、ジョージロイヒルと言った感じ。そして、ジョンリスゴーの演技はいいですね。子供と戯れて木で縛られているあたりの演技を見ているだけどでも、本当にゲイなのかと思ってしまうくらい自然だった。そして、ジョンリスゴーを選んだあたりも素晴らしい。
解せない場面もある。幼なじみとエッチしているのを見られて、彼女はどうして許せたのか・・・。あんなところ見たら、許せないと思う。
最後にガープの夢もかなう。そして、嬉しそうな顔して・・・。
この映画がベースになって、フォレストガンプあたりも作られたんじゃないかと思う。

2015年2月 9日 (月)

映画:青天の霹靂

劇団ひとり監督で主演が大泉と言う事もあり、かなり話題のなった映画。

話は、うだつのあがらないマジシャンの大泉が、警察からホームレスの父親が死んだと連絡がきて、亡くなった場所に行ったところ、タイムスリップにあい、若い頃の父親と母親に会うと言う話。
この映画の素晴らしいのは、やはりセットでしょう。昭和のある時期を見事にセットと実写で撮影したと思う。そして、映画の「色」。ノスタルジックな感じがとてもうまく撮影している。もう1点、柴崎コウが自分が思っているような人ではなく、とても優しく見える。
個人的に残念なのは、もう少し人との関わりを広げて欲しかった。せめて、同じ劇場で働く人とのエピソードや、あの子供とのエピソードなど。完全に3人だけ・・・いや2人だけの話になってしまっているのが残念。また、劇団ひとりも、何か感情が見えてこないし、大泉もただ怒ってるだけにしか見えてこない。意図してやったのかも知れないけど、現代から過去にタイムスリップした大泉だけが、何故か浮いている。それは服装だったり髪型だったりなのかな。最初はいいけど、時間軸の経過で少しずつ、その時代に溶け込んでいって欲しかった。
良い映画なんだけど、なんか感動しなかった・・・

映画:ジャージー・ボーイズ

クリントイーストウッドの映画。実在したフォーシーズンズのデビューから栄光そして挫折までを描いた映画。

このフォーシーズンズは、ちょっと年代が不意事もあり何となくしか聞いた事なかった。せいぜい「君の瞳に恋してる」くらい。この曲が映画でかかる時、どうしょうもなく泣けてくる。そして、そのままエピローグへと・・・。表舞台を見ている私達にはわからい、知り得ない事。栄光の影には、当事者ではわからない大きな問題を抱えてる。そして、思ってもいないような事を言って、相手を傷つけてしまい、謝る事すらできない。
今の自分には想像しきれない、娘の死。母親は、こうなってしまう前に家庭をと言うが、男はどうしても、家族より仕事を大切にしてしまう。まして、大きなツアーなど抱えている、こうゆうアーティストはなおさらでしょう。
映画自体は、個人的にはそんなに好きではなかった。主役の歌声なんか、これでいいの?って思うような声だったし。ただ、わかってはいるけど、本当に最後のエピソードは泣けてきました。時間がちゃんと色んな事を解決してくれるんだって。
50年代の人には、たまらなく好きなえいがでしょう。

2015年2月 7日 (土)

新年会

2年前から、会社主催で新年会がある。上座も何もないし、本当にこれが会社の新年会と?思う程、だらしない新年会。まあ忘年会でもそうなんだけど・・・。しかも、こんな美味しくないお店をよく探せるなと思うくらい、普通の居酒屋。取引先の忘年会を数回、お誘い頂いたけど、毎回、一番ひどい。もういい大人なんだから、量より質で選んでほしい。

Img_5165_resize1

2015年2月 2日 (月)

車のCMで思う事

とある、車のCMで「1台の車を長く乗ってらしゃる、お客様がいると嬉しくなります」なんて事を言っている。正直、車の販売店なんて1台でも売れと言う話しか聞かない。ちょっと前まで、売れないセールスマンに対して、店長が灰皿を投げてきただの、売れないセールスマンは、中古屋にまわすだの、全く持って車の販売をしたいと思った事がない。だいたい、販売店なんて車の販売の他に、定期点検、オイル交換くらいじゃない?まあ、それ以上に利用している人もいるかも知れないけど・・・。結局は、売ってなんぼの世界でしょう。

トヨタの販売店なんか行ったら、まずは「凄い売り上げですよね?」なんて話をすると、販売店は別なんでと言われる。まあ、メーカも1台でも車が売れればいいと言う考えしかないでしょうし。
もっと、車を総合的に販売というか、メンテまで行なえば、顧客を大切にしていると感じるんだけど。例えば、オートバックスのように、社内品から社外メーカーまで色んなオプションから、車の総合メンテまで行なっている上で、車の販売も行なえば、納得できるんだけど・・・。
販売店も、もう少しこの先の事を考えないと、今の電気屋のようになってしまうと思う。顧客の立場で今一度考えたほうがいいのではないか。

北菓楼新店

今日の北海道新聞に北菓楼新店の立て替えにあたって、安藤忠雄氏の設計で行なう事が書かれていた。たしか、元は道立の図書館だったところで、外面はそのまま残しての立て替えになるらしい。それでも、安藤忠雄の建築がこれで北海道に3件になるのは嬉しい事である。

イスラム国

今回の、後藤さんと湯川さんの事件の前から、何故、イスラム国の現状がニュースとして流れてこないのだろうと思っていた。しかし、湯川さんのようなジャーナリストが命をかけて取材を行なっている、ジャーナリストが世界にもいるのでしょう。しかし、日本では遠い国に話であって、テロとは無縁の国家だったから、ニュース1本、数百万をかけて買うような報道機関はそうは少なかったのでしょう。

この事件を見るだけでも、イスラム国の恐怖はよくわかったと思う。人質にして、法外な身代金を要求してみたり、死刑囚の保釈を求めたり。結局は2人の命が、イスラム国の宣伝に使われただけ。そして、世界中にいるイスラム過激派に、日本に対してもテロを行なうように煽った。相手が、日本だろうが、アメリカだろうが、彼らにしてみらばどこでもいい。
捕まれば命はない。それでも、イスラム国の現状を世界中に配信しないとならないと、危険を犯してまで行く、ジャーナリストには本当に凄いの一言。
こらから、何年、いや何十年、世界はこのイスラム国と、見えないテロに対して戦って行くのだろう・・・。
今回の亡くなられた2人の日本人の方に、ご冥福を祈ります。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31