« 映画:白ゆき姫殺人事件 | トップページ | 本:眉山 »

2015年1月13日 (火)

本:共喰い

苦手な芥川賞を受賞したこの「共喰い」。やはり、この芥川賞が好む、細かい文体が慣れず、あまり長い話では無いけど、かなり時間がかかってしまった。

とある、川が流れている小さな町で父親と主人公の「血筋」にまつわる話。この本、カタツムリやウナギなど、細かい何かを象徴している物が出てくるのだが、これを読み解いていくと面白いと思うが、個人的は、何を意味しているものかわからなかった。
そしてこの本の中で再三出てくる「川」の存在が、何か大きな境界としている。それが、現実と非現実(小説の中ではどちらも現実であるが)なのか、それとも、正常な世界と異常な世界なのか・・・。どの人間も、狂気をはらんでいて何か異常な感じがした。そして、人間のドロドロとした世界を・・・いや、これも普通にある世界なんでしょう。
鳥居の話や神社もこの小説には大きく関わっているので、このへんの土着の神様の話を入れこむと、何かもっとおどろしい話になったような気もする。

« 映画:白ゆき姫殺人事件 | トップページ | 本:眉山 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/60968739

この記事へのトラックバック一覧です: 本:共喰い:

« 映画:白ゆき姫殺人事件 | トップページ | 本:眉山 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31