« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月22日 (火)

美瑛の青い池

AppleのCMに使われた、美瑛の青い池。これが自然に出来たのなら、感激もひとしおなんだけど、これが人工で出来たものが残念。けど、隣に流れている川も、微妙に青い。

それにしても、ここは2キロの渋滞でした。このまま、観光資源になりそうなんで、もう少し整備できないもんかと思う。
Dsc02232

富田ファーム

数年ぶりに、ラベンダー満開の時期に富田ファームまで行ってきた。さすがにこの時期、凄い人でした。完全に駐車場不足。

ここって、これだけの畑を維持するのに、観光客相手にお土産品だけでなりたっているのかと思う。しかも年々、休憩できるスペースが出来たりしているし。それを無料で提供してくれるのは、とても素晴らしい。夏場だけ、臨時の駅までできるし。
Dsc02179

2014年7月19日 (土)

スタジオジブリ

スタジオジブリの新作が公開される。宮崎駿は引退したので、次世代の監督。スタジオジブリで思うのは、私たちはスタジオジブリの作品が見たいのか、それとも宮崎駿の作品が見たいのか。個人的は、後者であって宮崎駿の作品以外は、高畑勳の作品を数本しか見た事ない。基本、あまり邦画を見ないので、無理してみないと言う事もあるが、ここ数年、宮崎駿の作品も、レベルが落ちた感じがする。たしかにナウシカは衝撃的だった。その後、紅の豚、千と千尋の神隠し、トトロはなかなか素晴らしいと感じるが、それ意外は個人的は駄作と思えるのも含めて、イマイチである。最後の作品となった、風たちぬも、映像は凄いと思ったが、物語としては・・・。

ただ、ジブリも宮崎駿と高畑勳の2人の巨匠だけに頼っていてはと、まだ二人が頑張っているうちに世代交代の戦略は素晴らしいものがある。ジブリ=宮崎駿、高畑勳と言うブランドイメージをジブリと言う会社を全面的に宣伝しるのはすばらしい。
ただ、宮崎駿のような独創性のある、アニメーターはこのジブリから出てくるのだろうか・・・。ジブリに既存の原作をベースにして映画化する事なんて、期待しておらん。ジブリワールドをこの先も作ってほしいと思う。

2014年7月 2日 (水)

映画:ターミネーター2

過去に見たアクション映画で1番面白かった作品をあげろと言われたら、まずこの映画が出てくる。当時、まだ出来たばかりのCGをフルに使って映画化しただけあって、今見ても非の付けどころがないくらいクオリティが高い。映像を見ただけでも、当時、最高のスタッフを集めただろうと推測できる。このへんは警察病院でのシーンだけでもよくわかる。そしてワンシーンワンシーンをとても綿密に計算して、撮影されているのも見て取れる。

素晴らしい脚本、素晴らしい映像。そしてリンダハミルトンがこの映画での肉体改造まで行なっているだけあって、配役も素晴らしい。ただ、シュワルツネガーが、1に比べて歳をとってる感があるももいい。
この映画を、全く予備知識なしで見る事ができたら、たぶん100倍は面白かっただろうなと思う。2体のターミネーターが未来からやってきて、ジョンコナーを殺しにきた。どこまで、信用できるんだろうと。そして、圧倒的に強いT-1000との戦いが、どのように結末を終えるのか。
数年ぶりに見ると、あのヘリコプターの追跡シーンがどうやって撮影したんだろうと思う。
2作目ってだいたいこけるけど、キャメロンはエイリアンとこの映画の2本を見事に前作を上回る面白い映画をつくりあげた。キャメロン監督の素晴らしい発想力だと思う。
この2のあと、キャメロン監督の離婚や版権などが色々問題になって、キャメロンが3を作る事がなくなってしまったのは、非情に残念な事。今更、初老になったシュワルツネッガーを主役で映画化する事も不可能だろうし。しかしキャメロンならできるかも知れない。
なんでアバターなんてつくんの?とっても面白くないんだけど。

映画:ターミネーター

ターミネーター2を見る為に、ターミネーターを見た。この映画、当時試写会で、何の予備知識もなく見て、凄い衝撃を受けた。どう見ても、B級映画でターミネーターの骨格と近未来の特撮にお金をかけてるだけで、殆どお金がかかってない。しかも当時、コナンザグレードくらいしか出演していないシュワルツネッガーにマイケルビーンにリンダハミルトンと言う、無名に近い配役しか使っていない。

この映画を見ると発想と脚本がしっかりしていたら、お金をかけなくっても映画は面白くなると言う事を教えてくれる。撮影も、2に比べると構図や映像などは全然大した事ないし。
話のスケールは大きいが登場人物も少なく、ただの逃げる、追いかけるだけの映画。しかし、面白い。よく考えると、カイルは何か勝ち目があったのか?と思うと、このジョンコナーも非情な事をする。

2014年7月 1日 (火)

ザッケローニ監督

ワールドカップで1次リーグ敗退して数日で、ザッケローニ監督が、今日、日本を離れた。個人的には、好きな監督だった。就任当時、マスコミから色々言われたけど、結果、ワールドカップでの成績以外は、いい成績だったと思う。

なんか、人柄もあると思うけど、とても寂し感じがするのは、なんでだろう。
マスコミも、ワールドカップでの敗退は、監督のせいではなく、違うところにあったとわかっているからなんでしょうか。何故かザッケローニ監督は、就任当時に比べたらたたかい。
オシムのサッカーも見て見たかったが、ザッケローニ監督のサッカーは世界に通用しなかったのではなく、選手のメンタル面と気候で負けてしまったと思う。
お疲れ様でした。そしてありがとう。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31