« 映画:ハングオーバー! | トップページ | さっぽろ雪まつり »

2014年2月 8日 (土)

映画:舟を編む

噂によると、今年度の日本アカデミー賞の最有力候補と言う事で、レンタルにあったので見てみた。原作を読んだけど、そんな感動するような話でもなかったんだけど。

永遠の0もそうだったけど、原作にかなり忠実に映像化していたような気がする。脚本がよくできていると思う。それと、作り物って感じがしないセットが見事でした。下宿としている早雲荘も、あれだけの本を置いて、生活感がありリアリティがあった。それと、玄武書房の内部も、リアリティがあった。
けど、どうも主役級の2人が・・・松田龍平の演技がちょっとイマイチだったのと、香具矢も、なんか宮崎あおいって感じではなく、もう少し大人びた人って感じがした。西岡のオダギリジョーはなかなか良かった。それにしても、久しぶりにオダギリジョーを見た。いい役者のような気がするんだけどな。あと岩脇千鶴も、ちょっと。もっと普通な感じの女の子でよかったと思う。可愛いすぎました。
原作は原作で、もう少しひとひねりしてほしかった。なんか話が薄っぺらい話になってしまって、感情移入できなかった。

« 映画:ハングオーバー! | トップページ | さっぽろ雪まつり »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/59105196

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:舟を編む:

« 映画:ハングオーバー! | トップページ | さっぽろ雪まつり »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31