« グレゴリースター | トップページ | 鳩ぽぽ »

2013年10月 9日 (水)

映画:ライトスタッフ

ザ・ムーンを見ると、やはりこのライトスタッフが見たくなる。色々調べてみると、この映画、公開当時はオリジナル作品から約30分も編集されたものが公開になっていたらしい。自分が当時見たのが、たぶんこれなんでしょう。

数年前に、このDVDを購入したけど、見ておらず、なんと購入したものが192分のオリジナルだったので、さっそく見る事にした。まず、この映画の素晴らしいのは、当時まだCGがない時代に、これだけの映像で見せてくれるので、迫力や映像で伝える「力」が凄い。もし現在のCG技術を使っても、これだけの作品は作れないと思う。映像は綺麗かも知れないが。
そして、脚本が素晴らしい事。イエガーと7人の宇宙飛行士を見事に対比させ、音速を破った時も、極秘にされた。かたや、盛大なパレードが行われるくらい全世界が祝福した。最後の高度挑戦は号泣です。ソ連の記録を抜いて、墜落する寸前、目の前に星が見える。なんだろう、どうしょうもなく泣けてくる。ゴードンが本当に、言おうとしたのかわからないけど、最高のパイロットを言おうとしたあたり、彼も一流なんだと思う。そして、家族との交流もうまく描ききってる。7人の(その中の物語の軸になる者だけですけど)個性がちゃんと映像を見てわKる。こうゆう映画をつくれる監督は今は殆どいないだろう。
イエガーが墜落して助けにくるのは、たった2人。それでもイエガーは、ちゃんとした足取りで嬉しそうに歩いている姿は、もう号泣です。
一カ所、違和感を感じるはグリソンのハッチが開く事故でしょうか。できれば、ここをもう少し、曖昧にしてほしかった気がする。このグリソンはアポロ計画で、訓練中に事故死してしまう。しかもその原因の1つがこのハッチ。実際の写真を見ても、とても優しそうな方だった。
そして、クーパーが飛びたつときの、グリソンはなんか泣けてくる。

« グレゴリースター | トップページ | 鳩ぽぽ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/58351295

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ライトスタッフ:

« グレゴリースター | トップページ | 鳩ぽぽ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31