« 今年のヒット曲について | トップページ | 映画:シェイム »

2013年10月22日 (火)

映画:あなたへ

この映画、見ていて何か不思議な感じがする。高倉健と言う人間が、出演している俳優に何かメッセージを伝えたいように感じた。そして、孤独なんだとも思った。

映画は、富山刑務所で木工作業の教官を努める英二に、亡くなった妻から2通の手紙を受け取り、その1通に、亡くなった妻の故郷で、もう1通の手紙を見るようにと局留めにしてあるのを、取りに行くというロードムービ。
脇の俳優も、高倉健が個人的に関わった、岡村などが出演している。中でも大滝秀治の存在は圧巻です。大滝秀治と言えば、北の国からでも、ものすごい存在感を出していたけど、この映画でもわずか数シーンでも、もうすごい存在感を感じた。
日本の美しいところをロケにつかっているんでしょうけど、何かそれが見えてこないのがちょっと残念。なんでこうも平面的にしか撮影できないのだろうと思う。
とても良い映画ではあるんだけど、どうも個人的には感情移入ができず、妻の生まれ育った故郷に行って、色んな人と触れ合って、英二は何かを感じるんだけど、その何かがよくわからなかった。それって、感覚に近いものなのかなと思ったりもする。大好きな人が、この町で、色んな人に愛されて、自分に出会って・・・と考えると納得できる。
そう考えると、何か見えてくるのかも知れない。

« 今年のヒット曲について | トップページ | 映画:シェイム »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/58432385

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:あなたへ:

« 今年のヒット曲について | トップページ | 映画:シェイム »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31