« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

お見舞い

4月末にお見舞いに行ったきり、なかなか行けなかったお見舞いに行ってきた。半年くらいたってしまって、申し訳ない気持ち。朝、3時に起きて4時に札幌を出て、中山峠経由で、魚釣りをしながら昼頃、到着。

半年前行ったとき、会話が飛んだり、笑顔がなくとても暗い気持ちになってしまった。けど、今回行ってみると、嬉しそうな顔してくれて、沢山の笑顔が見れて話も尽きなかった。毎月送っている手紙の内容に触れてくれたり、本当に行ってよかった。
こんないい友人を持った自分は本当に幸せだと思う。一日でも早く、日常生活ができるようにリハビリ頑張ってほしい。

魚釣り

お見舞いの行きと帰りに釣りをした。この前の支笏湖ぶりだけど、えさ釣りとなると5年以上していなかった。朝の7時くらいから、熊の出そうな本流で釣り始めたが、鮭が泳いでいるのが見えるだけで、全く当たりがない。こんなにポイントと言うポイントにえさを入れても釣れず、支流に移動する事に。さすがに支流となると、いつ熊がでてもおかしくないポイント。かなり、だんだんになって、ちょっとした溜まりがあれば、かなり釣れそうな感じ。釣れる事は釣れるけど、これだけポントがあるのだから、もう少し釣れてもよさそうなもの。あまり上流に行くと危険なので、ここはやめる。

お見舞いの帰りに違う川に入ってみた。10年くらい前に入ったポイントは車が3台も止まっていて、釣れるような状態ではなかった。50000分の一の地図を見て、下流域に橋があるので、移動。橋の上からだとこれと言って、ポイントらしいポイントが見えないが、とりあえず釣りの用意をする。ちょっと入れただけで当たりがある。気がついてみると、入れ食い状態。いくら釣ってもきりがないので、ちょっと釣ってやめた。
Dsc07257

2013年9月18日 (水)

光悦

光悦五種

不二山 サンリツ服部美術館
雪峰 畠山美術館
障子 個人
雪片 不明
毘沙門 個人

2013年9月15日 (日)

魚釣り

数年ぶりに、支笏湖に釣りに行ってきた。もう、酷い土砂降りだったけど、せっかくきたので、竿を振ってみた。買ったばかりのラパラで、かなり投げてみたけど、全くあたりがない。水温もそんなに低い訳でもないし、いい感じだったんだけど、全く追いかけも来なかった。

帰り湖畔からポロピナイを通って帰ったけど、全く釣りをしてる人がいなかった。雨って言う事もあるけど、連休なんで1人くらいいてもよかったんだけど。
Img_2848

2013年9月11日 (水)

ムカつく

ムカつく
土曜日に魚釣りに行こうと足裏のフェルトがとれたウェダーを治そうと、釣具屋に行って、フェルトと接着剤を買ってきた。
説明書を読みながら、接着剤をつけたけど、半分くらいとれてくる。しかも、フェルトどうしなんか接着剤が吸い込んでしまって全く付きやしない。
ふざけんな。この怒り、何処に当たればいいんだ?釣具屋?

前立腺その後

ここ数年、あまり気にならず、問題なかった前立腺が、また悪さしている。数ヶ月前から、なんかちょっと尿の後若干の痛みがあったので、まずいかなと思ったが、この数日、違和感が酷くなってきた。

ここ数週間、水も殆ど飲めず、夕食した食べれない状況だったので、尿を出す事も殆どなく過ごしてしまったのとストレスが原因でしょう。
病院に行ったときに、良くなったり悪くなったりと言われたけど、その通りになっている。

2013年9月10日 (火)

今日、会社で毎年の定期検査があった。昨年から、私が担当になった。昨年は書類不備だらけでズタズタだったので、数週間前から用意をしておいた。
今回の担当してくれた人は、二年ぶりお会いした人。検査の途中で何回が話が脱線し、雑談になった。その中で、息子が昨年亡くなった事をお話してくれた。この人は、自分が想像もできないくらい、辛い事を昨年経験したと思ったと考えたら、なんかわからないけど、無性にこの人が好きになった。
それから、雑談の時間がとても貴重に思えてならなかった。来年、定年だと言っていた。
ぜひ、札幌のお越しの際は、遊びに寄ってくださいとお願いした。
また、この人と鉄道模型の話しや、京都と埼玉の鉄道記念館の話しがしたいと思った。

とても、素敵な日だったけど、とても悲しい日だった。

人

2013年9月 8日 (日)

水曜どうでしょう祭 UNITE2013

夜8時までやっているので、昼頃向かった。正直、このイベントは3日間見なくては駄目だと、終って日に日にそう感じてしまう。

こんな完成度の高いイベントはそうはないでしょう。正直、この番組をどう見せるの?ただ、パネル展示してトークショウがあるだけだと思っていたが、パネル展示は見たけど、こんなもの見なくても、結局は十二分に楽しめてしまうイベント。水曜どうしょうを、初期の頃から見ていた自分にしてみると、こんなに楽しい事はない。
このイベント素人には、ちょっと厳しい事もわかった。ホームページで発表をよく見て、会場限定商品とかステッカーが何種類あるとか、ピンバッチはどこにあるとか、ここでしか食べれない食は何があるか、よーく調べていかなくっては、帰ってから後悔だらけ。
それと、やはり初日から行って、場所とりしてステージ前に釘付けになって、あの一体感を味合わないと駄目でしょう。
このイベントどう見ても、殆どが道外からの人。顔が北海道の人ではない。一日、約1万人強と言う発表があったが、もっといたように感じる。それに、これだけ大きなイベントとなっては会場が小さい。
縁日もできなかったし、ピンバッチは買いそびれたし、Tシャツも買えなかったし・・・。
最後は、ほんと感動してしまった。あんな会場が1つになるようなイベントを見た事がない。そして、ああゆうイベントになると、だいたいどこかで喧嘩になったりしてるが、観客のマナーの良い事には驚きでした。ただ、一部のスタッフの態度にちょっとイラときたくらい。
このイベントが8年後ある事を祈って。
ありがとう「水曜どうでしょう」。
4208

2013年9月 7日 (土)

散歩

子供の頃、よく釣りにきた場所になんとなく行ってみた。子供の頃、この橋の下あたりは、柵がしてあって、小学生には入って行けず、下のほうで釣っていた。たまに、遠目でおじさんが柵の中で大きなニジマスなどを釣っているのを見ると、大人になったら、絶対にここで釣りにこようと思っていたけど、結局は未だに釣りにきた事はない。

しかしここと豊平川のあたるところで、何人か釣りをしていた。なんか、子供の頃を思い出したせいもあって、釣りがしたくなった。
Img_2779

2013年9月 2日 (月)

宮崎駿引退

今朝、こんなニュースが流れていた。もののけあたりから、引退を示唆していたし、ハウルの頃は、かなり「死」について意識していたように感じる。この「風たちぬ」を最後の作品にした意味はわからないけど、映画はたしかに凄い映像だった。見ればわかるけど、ここまで書き込むのかと思うくらい、画面全体が動いていた。

個人的には、宮崎監督の映画は、たしかに素晴らしいけど、もう1つ何かが足りない感じがする。たぶん、時間と言う制約もあるからかなとも思うんだけど。「千と千尋」も、途中まではめちゃくちゃ面白いんだけど、エンディングをたたみかけてしまった感じがしてならない。それでも、やはり映画はどれも完成度が高い。高いから、小さい事が目立ってしまう。すごい監督。
この先は、ナウシカのような漫画を描いていってほしい。もう、大人の漫画を。そしてめちゃくちゃ、難解な漫画を。時間の許す限り、好きな物を描いてほしいと思う。
できれば、手塚治虫のように死ぬ間際まで作品をつくってほしかった。
すばらしアニメをありがとう。

2013年9月 1日 (日)

豊平川

なんとなく、暇なんで、豊平川のウォーターガーデンに行ってみた。ここって子供の頃、ニジマスの大きいのが釣れるとこで有名なポイントだった。しかし、柵がしてあって、大人じゃないと入れなかった。

サイクリングロードから豊平川の合流地点までの間の、木の間でかなりの人が魚釣りをしていた。格好は、すごいんだけど、素人みたいな人ばかりだった。釣れている感じもしなかった。
来年は、時間つくって、ちょっと真剣にここで釣りをしてみようかと思う。
Img_2780

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31