« 献血 | トップページ | 大晦日 »

2012年12月30日 (日)

映画:エクソシスト ディレクターカット版

昨年、買ったこの映画。怖かったんで、見ないでいたけど、年忘れ映画と思って、見てみた。
この映画、これだけCGが当たり前に使われるようになっている時代で、古い映画を見ると、とっても陳腐にみえてしまうけど、この映画は、当時の技術を屈指しているのだろうけど、今見ても全く古さを感じない。とても完成されている。脚本がしっかりしているせいもあって、ただのオカルトで終わってない。
そして何より、この映画の主役のリンダブレアの演技が素晴らしい。もちろん、特殊メイクと音響の効果もあるにしても、それでもこれだけの演技ができる子役は少ないでしょう。
何度見ても、メリン神父がタクシーでリーガンの家に到着するシーンは映画史に残るシーンです。あの霧の中に、立ちすくむメリン神父。そして、リーガンの対決を覚悟するワンシーン。

公開当時の映画に比べてなぜか、結末にいっきに持っていった感じがしてしまった。たぶん、記憶違いもあると思うけど、メリン神父がでてからが短い。全体的に長くなってしまった分、そう感じてしまったのかな。
そして、今見ると、もう少し宗教かかった映画かと思っていたけど、そうでもなかったのね。伏線の貼り方など、ちょっと弱い感じもするけど、面白い。そして、前半のメリン神父の発掘の意味が、やっとわかった。もう少しわかるようにしてくれればいいのに。
結局、この映画は、悪魔が勝ったという悲惨な結末でもある。しかし、リーガンから悪魔が出て行ったということで、ハッピーエンドにも感じるけど。

« 献血 | トップページ | 大晦日 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/56439076

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:エクソシスト ディレクターカット版:

« 献血 | トップページ | 大晦日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31