« 父の日 | トップページ | 本:私、社長ではなくなりました。 »

2012年6月19日 (火)

本:不思議の国のアリス

なんか、子供の頃あまりにも本を読まなかったせいで、読んでおかなとならないと思って、不思議の国のアリスを買ってみた。
この本って、世界で聖書の次に読まれてるのではないかというくらいの本らしい。ただ、この本って、翻訳して日本語にして日本人が読んで面白いのかと思う。この本は、やはり原文で言葉遊びや、この時代の風俗を知っていてこそ、この本の面白さではないかと思った。日本人でも、子どもであれば、面白い童話だとは思うけど。
正直、この本の面白さがわからない自分がとても悔しい。
子どもは、こうゆう本を読んでも、とてもワクワクするんだろうな・・・。そして、このアリスのように、色んな夢を見ても、それが現実と夢との区別がつかないように。

けど、このアリスの挿絵はとてもすばらしいと思う。そして、この挿絵による世界観。今でも、この挿絵のイラストは現代でも通用するくらい完成度が高い。

« 父の日 | トップページ | 本:私、社長ではなくなりました。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/55043822

この記事へのトラックバック一覧です: 本:不思議の国のアリス:

« 父の日 | トップページ | 本:私、社長ではなくなりました。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31