« 映画:kiss me or kill me | トップページ | Instagram »

2011年12月14日 (水)

映画:小説吉田学校

一度は原作を読んでみたい映画。かなり昔に1度見た事あったけど、最後の国会ですれ違う有名なシーンくらいしか思い出せなかった。たまたま、レンタルで見つけたの借りてきた。
この数年、白州次郎の事がドラマ等で、話題になっていたが、吉田茂の懐刀と言われた白州次郎は、この映画には出てこない。これはたぶん、日米講話より、後半の政治闘争に軸があったからなんでしょう。前半は、吉田茂を中心に日米講話について描かれていて、後半は、三木武吉が中心に政治闘争が重点がおかれている。この政治闘争も、ネットで軽く調べると実際はかなり複雑で、吉田茂自身も自分で首を絞めていった感じがする。なにせ、この時代の政治を全くと言っていいほど知らないので、できる事なら、このへんの微妙な政治情勢なども映画の中に織り込んでいってくれたら、この映画、もっともっと面白く、日本を代表する映画になったように感じる。原作は、そのへんを緻密に描いていると思う。そしたら、ただの政治闘争だけの話に終らなかったような気がする。
個人的には、よく政治の事はよくわからない。しかし、この吉田茂が、どれだけ日本の再軍備に関して反対していたのかと思うと、見えないところで、政治の駆け引きは行われているんだろうと思う。実際に、どのくらいの謀略などあって、日本の政治は動いていったのだろうと思う・・・。
吉田茂と言う人物は、歴史的に見てどのくらいの評価なんだろうか?と思う。それは賛否両論あると思うけど、今の政治家に「日本」と言う国を考えている人はどのくらいいるのだろうかと思う。

« 映画:kiss me or kill me | トップページ | Instagram »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/53483824

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:小説吉田学校:

« 映画:kiss me or kill me | トップページ | Instagram »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31