« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

繋がらない

昨晩から、突然 iPhoneのメールが繋がらなくなってしまった。AUのHPを見たら、不具合があったようだけど、復旧しているとの事。まあ、まだ一部不具合があるんだろうと、そのまま寝て、今朝メールチェックをすると、やっぱりだめ。なんで?ネットで色々調べてもさっぱりわからず。最大の失敗は、最初に設定した時のパスワードなどを保存しておかなかった。結局パスワードを入れ直しても、設定しても、なんかよくわからない。アカウントを消そうと思ってもできないし・・・。

2時間もかかって、やっと繋がる。結局、またパスワードを発行し直して、メール設定とsmtpのとこを入れ直して繋がった。

AUショップに行かなくってすんでよかった。

繋がらない

2011年11月26日 (土)

映画:悲しきヒットマン

すごい昔に見た映画。当時、実際あった事件と重なっていて、どこまで本当の話なのかと思っていて、とても面白かったのを記憶していたので、借りてきた。

ん〜なんであの頃、この映画がとても面白かったんだろ・・・。時代が時代だから仕方ないんだろうけど、演出は、とてもワザとらしい過剰な演技ばかりだし、三浦友和はかっこいいんだけど、役としてもう少しどうにかならなかったのかな?と思う。なんだろう?ただのヒットマンにしては、それだけの実力があって、それなりの位置にいるのに、なんでヒットマンなの?って思ってしまう。最後に飛行機で自殺してしまう成田三樹夫との関わりももう少し深くあってもよかったような気がするし。子分になった、松村も、なんかいてもいなくてもいいと言う感じ。

それでも、当時の「山一戦争」を覚えていた頃は、やはりこの映画は面白かったはず。その新聞やニュースになる表の部分と、その裏にある影の部分が、線となって繋がった瞬間はこれほど面白い映画はないでしょう。

暴力団映画って、ちゃんと作り上げれば、絶対に面白いと思うんだけどな。やくざの縦社会と、切れる若頭の策によって、そんな敵対する組に玉を打ち込むなんて事じゃなくって、奥になる深い心理作戦や、謀略とか、これほど面白い話はないと思う。

悲しきヒットマン

2011年11月25日 (金)

狭心症か?

朝から、ひどい不整脈。夜中に目が覚めると動悸で眠らなくなってしまうし。たまに、左の胸が軽く痛むのが、頻繁になってきた。ネットで「動悸、左胸痛む、不整脈」と検索すると、だいたい狭心症と出てくる。そんな、なんか詰まってるのかな?
病院に行きたいけど、仕事が忙しくって行けないし・・・。万が一の為に、軽く身辺整理だけしておいたほうがいいかな。
ん〜〜また違和感を感じる・・・。

2011年11月22日 (火)

黒豆

おみやげに、もらった黒豆。やっぱり、黒豆は美味しいのだ。

黒豆

2011年11月21日 (月)

スタッドレスタイヤ

調子悪くって、家に引きこもっていたら、すっかり雪が積もってしまった。しかも、タイヤを買うのを忘れていた。考えてみたら、もう11月の中もすぎている。一度は溶けてくれないと、車も動かせない。このまま、越冬?

タイヤ

2011年11月20日 (日)

やばいかな

やばいかな
んーこの一週間、動悸が酷くなってきた。しかも、この2日気持ち悪いし、心臓がちょっと痛い。食欲はあるけど、今朝から頭痛と胸やけでずーっと具合悪い。
ネットで、調べてもよくわからない。かなり痛みが強くなれば、緊急を要するみたいだけど、そんなに痛い訳でもないし。それでも、こうも急に状態が悪くなると、さすがに怖くなる。余り考えたくないけど、借りてるものとか、早めに返しておいたほうがいいかな。
んー平熱より一度くらあ高い。血圧も、なんとなく高い感じがする。

2011年11月19日 (土)

コールオブデューティ3

前作の、ブラックオプスに比べると、格段によい。何より、敵が殺した分だけ確実に減るというのは、やっていて納得できる。先日、購入したバトルフィールド3は、敵が同じところから、いくらでも出てくるのには、閉口。それに、なんで、そこまで敵の射撃がいいの?って言うくらい。そのへんも、コールオブデューティ3は、納得できる仕上がり。ただ個人的には、今回はあまり隠密行動が少ないのがちょっと残念かなとも思う。もう少し、緊張感あって、スナイパーライフルを使うようなシーンがもう少しほしかったような気もするけど、バランスとれている気がする。

ネットワーク対戦は、なんでこいつら、こんなに巧いの?って言うばかり。初心者は全く倒せるような状況ではないのは何で?下手なのは認めるけど、それにしても、巧すぎる。あと、爆弾とか画面ぶれすぎじゃないかと思うのと、爆発系のもの多すぎて、全くFPS自体楽しめないのが残念。

2011年11月18日 (金)

コールオブデューティ3

やっと待ちに待ったコールオブデューティが発売になったので、買ってきた。しかしこのてのゲームは、調子が悪いときにやるもんじゃない。やって、数分で、気持ち悪くなってしまった。
それにしても、脆弱なネット。繋がらないし、ぶつぶつ切れるし。早く改善してほしい。

ゲーム

2011年11月17日 (木)

今朝の事

今朝、大雪でバスが遅れていたせいもあって、混んでいた。途中から乗ってきた男の子が、時間をかけて携帯でメールを打っていた。「バスに乗れたよ。ちょっと混んでる。」とメールを打っていた。よく見ると、この子ダウン症の子だった。顔で、ダウン症とわからなかったら、何も変わらない。この子の親は、こうして1人でバスに乗せる事もとても心配だと思う。この子の頭に一部だけ白髪があった。この子は、この子なりに自分では想像もつかないくらい苦労をしているんだろうなと思った。

このブログを書いている時、クイズダービーに出ていた篠沢教授の番組がやっていた。筋萎縮性側索硬化症と言う難病と戦っていると言う番組だった。生まれながらに障害を負った子。そして、いつ誰がなってもおかしくない病気。とても、複雑な気持ちになった。こうして、指が10本あって、目が見えて、耳が聞こえるという身体をもっている事に、どれだけ感謝しないとならないかと思う。

人の痛みが少しでも解る人間になりたいと思う。

2011年11月15日 (火)

リスが死んでいた

今朝、車を運転していたら、道路に何か落ちていた。通りすぎるとき、よく見るとエゾリスだった。よく猫が轢かれてぐちゃぐちゃになってるのとは、違っていて、本当に寝ているんじゃないか?と思うような顔をしていた。それが、とても目に焼きついてしまった。リスの目は、とても安らかに寝ているようにしか見えない。
なんで、こんなに目に焼きついてしまってるんだろう。

2011年11月14日 (月)

見送り・・・

ジンギスカンを食べて、小樽港に向かう。なんか、無性に寂しい。深く考えると涙がでてきてしまう。人との別れほど辛い事はない。だからこそ、一期一会と言う言葉があるんだろうと思う。リリーフランキーが東京タワーでどんなに親孝行をしても後悔すると書いてあったけど、その通りだと思う。カニもラーメンもジンギスカンもドライブも温泉も行ったけど、やはり足りない。それが、ちょっと足りないじゃなくって、全く足りないと感じてしまう。ただただ後悔。千利休は、この一期一会によって、自分ができるうる最大のもてなしをして、後悔はなかったのかと思ってしまう。千利休の事を書いた本を数冊読んでみると、受けた側は、これ以上ないくらい満足する。
どんな小さな出会いでも、自分ができる事は後悔のないようにしたいと思う。けど、今の世の中、そうゆうところが何か希薄になっているような気がする。それは、やっぱり人間と人間の繋がり自体、軽くなってしまっているんだろうなと思う。

それにしても、こうして長い時間一緒に過ごす事はもうないんだろうと思う。時間は取り返しのつかないのが身にしみてわかる。明日じゃ駄目なんだよね。この時間はもう帰ってこない。気がついたら、親の目は見えなくなり、足腰が弱くなり・・・。出かける事すらできなくなってしまう。
状況は悪くなっても、けして良くなる事はない。老いと言うのは奇跡がおきる訳ではない。

Dsc05810


2011年11月13日 (日)

札幌ビール園

毛蟹もタラバカニも食べたので、最後にお肉を食べてもらいたくって、札幌ビール園に行ってきた。会社でしか行った事なかたので、いつも大きなホールでしか食べた事がなかった。味付きのジンギスカンを食べたいと言うので、案内されたのが、ライラックと言うところ。今時のモダンな建物。このジンギスカン、4種類の味が楽しめる。塩と醤油と味噌に、味なしのラム。4種類食べると、羊の肉が癖があると言うのがよくわかる。一番、量が食べれないのがラム。塩がとてもあっさりしていて美味しかった。野菜も、シャキシャキしていて美味しいんだけど、タレに染みて食べる事ができない、フラットな鍋なのがちょっと残念。
極悪な事に、鍋を交換してもらい、野菜を頼んで、その上にタレをかけてもらった。たぶん、かけてくれた女の子は、あとで怒られたかも・・・。申し訳ない。

ちょっと気になった事が1つ。ここの店員さん、とても親切。肉を頼んでも、笑顔で来てくれる。とある、ディスカウントショップに行くと、店員の目がみんな死んだサバのような目をしているけど、笑顔で目が輝いているのは見ていて本当に気持ちがいい。以前、会社で行ったときも、とても親切に対応してくれた事を思い出した。とても、社員教育が行き届いてる会社だと思う。こうゆう会社が1つでも増えると気持ちがいい食事ができる。
札幌にも、こうゆうところがあるのは、誇りに思う。

Dsc05799


2011年11月12日 (土)

カムイ岬

親戚がニセコに行きたいと言うので、積丹経由でニセコに行く事にした。南樽市場で、アワビやら色々買って、余市の柿崎商店に寄って、とにかく岬の突端まで走る走る。そんで、2時くらいにやっとカムイ岬に到着。なんか崖崩れの為に灯台まで行けず。それにしても強風で、すごい風。
そのあと、ひたすら岩内に向かう。岩内からニセコまですぐと思ったら、なんと通行止めで、蘭越経由で行く事に。結局、五色温泉には5時近くについてしまったせいで、ニセコは真っ暗で何も見えず。

カムイ岬

2011年11月10日 (木)

間違い電話

会社の携帯に20時頃電話があった。しかも07なので、関西あたり。以前、関西で収めた物に、クレームがついて大変な事になったので、その件かと思ったら「予約の確認ですが」と言われた。「えええ???」関西方面で予約なんかしてない・・・。「11月○○日に予約されませんでしたか?」。わからん。相手も、焦ってきているようで「ご両家の顔合わせとか」と具体的な事を言ってきた。自分が結婚したいくらい。残念ながら、自分ではない。申し訳ない。このカップルどうなるんだ?

結婚したい〜〜〜〜〜。

2011年11月 9日 (水)

法事

数年前に、おばあちゃんが亡くなって、久しぶりに色々な事を考えさせられた一日だった。
お墓で、何を伝えたらいいんだろう・・・と思ってしまう。ただただ、結婚できずにこのまま、お墓を見る人がいなくなってしまう事に申し訳ないとしか言えない。いつか、このお墓に入る事になるんだろうなと。子供が3人集まって、お墓の前で写真を撮った。たぶん、この兄弟が3人集まる事は、もうないと思う。これがお墓で3人だけの最後の写真になる。そんな写真の中に自分が入る事なんかできないし、誰もその酒豪写真の中に入りなさいとも言わない。何故か、それがとてもうれしかった。

そして、おばあちゃんが住んでいた法、とある町に行った。この町で、どんな事を考えて生きていたんだろうと思う。戦争があって、こんな片田舎で。けど、とても素敵な街だと思う。

法事

2011年11月 8日 (火)

動悸

この数日、動悸と不整脈が酷くなってきた。たぶん、日曜日にある事があったせいだと思う。急激なストレスがあると、身体が悲鳴をあげるんだと思う。夜中に目が覚めて、自分の心臓の鼓動のせいで、眠れないひびが続いている。来週か再来週、やっぱり病院にいこうと思う。

2011年11月 6日 (日)

お迎え

小樽まで、父親を迎えに行く。迎えに来いと言われた訳でもなく、ごく当たり前に迎えに事になんか、うれしさを感じる。どうしても、早く会いたい気持ちにかられてしまう。人って、やはり必要とされている事にうれしさを感じると思う。別に何も言わなくっても、喜んでくれる顔がただただ見たいだけ。

お迎え

岡本太郎生誕100年企画展『顔は宇宙だ。』

札幌パルコで岡本太郎生誕100年企画展『顔は宇宙だ。』でやっているを知ってみてきた。
東京に何度も脚を運んで、岡本太郎には興味がないので、岡本太郎美術館に行った事がない事に気がついた。昨年、東京でかなり話題になった岡本太郎ですが、札幌でもこうゆう企画展をやってくれるのはうれしい限り。
正直、岡本太郎は好きではない。こうして作品を見ていても、どれも好きになれないただ、見ていて岡本太郎のすごい事に気がついた。こんな、子供でも描けそうな絵をこうして大の大人が真面目に描いていると言う事。もちろん、子供では描けない。なんて言うのかな、ピカソに似てるんだけど、なんか違う。岡本太郎のほうが、もっと純粋で単純って感じ。けど、かれの思想とか哲学と言うのは、はかり知れない物があったと思う。
それと岡本太郎のした事は、やはり日本美術史ではかなり衝撃的な事だと思うし、こうして今評価されると言う事は、今の若い人に受け入れられていると言う事なんでしょう。今の若い人の感性にあっているんでyそうね。こうして、できそうで、できない作品をつくると言うのは、太郎芸術なんだと思う。
この人、正直言ってレリーフとかやらせたら、本当にうまいんだと思う。その真骨頂は、やはり札幌オリンピックの作品でしょう。今でもあの作品は十分通用できるものだと思う。
この時代、ここまで何で岡本太郎が評価されていたんだろう・・・って見ていて思った。弾き手あまたと言う感じ。

岡本太郎展

2011年11月 5日 (土)

狸小路

狸小路
街に出た帰りに久しぶりに狸小路を通ってみたら、なんか路上ミュージシャンとか、よくわからい芸人とか色々いた。けど、コンビニの横とかでやるのは、どうかなと思うな。こうゆうのって、大通り公園とかでできるような環境つくれないのかな?

2011年11月 4日 (金)

焼肉

帰りに、なんとく寄ったスーパーで、なんと980円が350円の焼き肉。食べれるかどうかわからないけど、とりあえず購入。しかし、焼き肉のタレがない!仕方ないので、塩とコショウで焼く事に。それにしても、1人で食べるには、多すぎた。ご飯なしで、フライパンで、これだけの焼き肉は、さすがに気持ち悪くなってきた。お腹いっぱいなのだ。

焼肉

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31