« オンとオフ | トップページ | テレビ:2男12女 ワケアリ大家族4 »

2011年10月10日 (月)

本:埋もれる

第三回日本ラブストーリー賞を受賞した、作品と言うことで、読んでみた。全く知らなかったけど、この本、韓国の話でなんとタイムリーと思った。話は、韓国に語学留学にきていた女の子が、恋愛をすると言う話。
感想を書く時、映画でも本でもそのあらばかり気になってしまうので、今回から少しよかったところを書いてみようと思う。
この小説の1番よかったのは、なにより理想ではなく現実を受入れると言うことだと思った。結婚は、すべて幸せな家族を夢見て結婚すると思う。けど、この主役の女性は、どんな困難が待ちうけているとしても、すべてを受入れて一緒になる。なんで、女はすべてを与えてくれる人より、こちらを選んだのか、未だによくわからない。けど、それは誰でももっているものだと思う。とても、性格もよくって、容姿端麗でも、そうではない人選んでしまう。
人生なんて、やてみるしかわからないと言うことをストレートに伝えてくれる物語でもあると思う。それが、どうなるのでも、この主役は向かっていこうと思うのは、泣けてくる。それに、男と女と言うのはやはり何を考えているのかわからない。この主役の女の子も、男によって、だんだん変わって行くような気がする。
ただ、この小説の中の、ビデオのエピソードはいらなかった気がする。普通に、今の彼とうまくいかなくなって、前の彼の事が気になるのは、普通だと思う。その接点は、そんな風につくらなくってよかった気がする。たぶん、この男との先の不安の1つして描きたかったのだろう。

« オンとオフ | トップページ | テレビ:2男12女 ワケアリ大家族4 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/52955720

この記事へのトラックバック一覧です: 本:埋もれる:

« オンとオフ | トップページ | テレビ:2男12女 ワケアリ大家族4 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31