« 眠れない | トップページ | 映画:ロサンゼルス決戦 »

2011年9月21日 (水)

映画:遠い夜明け

かなり昔、この映画を見て、ただただ震えてながら見ていたのを思い出して、ここ数ヶ月アマゾンで購入しようか考えていた矢先に、レンタルにあったので借りてきた。
この映画、ビコと一緒に南アフリカから脱出すると思っていたけど、ビコは映画の中盤で暴行を受けて死んでしまう事をすっかり忘れていた。その後は、 ウッズがピコの事を世の中に伝える為に脱出する話だった。めちゃくちゃ緊張して見ていた映画なのに、全く勘違いしていたのには、ちょっとショックだった。
この「遠い夜明け」は若き日のデンゼルワシントンがピコ役で出ている。この頃のデンゼルワシントンはまだ無名に近かったはずなのに、準主役に抜擢したリチャードアッテンボローはガンジーもそうだけど、うまいと思う。演技ができて、それでおいて色のついていない役者をつかう。
今の南アフリカを考えると、こんな事が日常的に行われていたと思うと、やはり信じられないし、わずか、数十年前までアパルトヘイトで、これだけの差別があった。
リチャードアッテンボローは、ガンジーもそうだけど、これだけの人を使って映画をつくるのは、本当に見事。今の世の中だとこれだけの人はCGを使うと思うけど、やはりCGではリアリティがない。やはり、これだけの人をエキストラで使ってくれると、本当に圧倒される。しかし、ピコの話から脱出する話に焦点がおかれていくと、この落差がちょっと寂しい気がした。昔見たときは、あんなに緊張感があったのに、なんでだろうか・・・。内容ももっともっと重かった気がするが、今回見たら、そんなに重い感じもしなかった。ピコの死があまりにあっけなく、それが、あれだけの群衆で葬式を行うけど、なにか、物足りない。偉大な人物が亡くなったんだけど、そのあとの重さがない。
けど、この映画化にあたって、当時どれだけの人が、自分の身を危険さらしたかと思うと、頭が下がる思い。

« 眠れない | トップページ | 映画:ロサンゼルス決戦 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/52899258

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:遠い夜明け:

« 眠れない | トップページ | 映画:ロサンゼルス決戦 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31