« ドラマ:ザ・パシフィック | トップページ | 健康診断 »

2011年9月12日 (月)

映画:Love Letter

数年ぶりにどうしても、岩井俊二の奇跡のような映画「Love Letter」を見たくなり、アマゾンで買うか迷った結果レンタルしてきた。
やはりこの映画、とてもいい映画だと思う。オープニングの小樽の天狗山駐車場から撮影したシーンは、素晴らしいの一言。あれだけの距離を中山美穂が歩いているのに、何分でも見ていられる(神戸の設定だけど)。
唯一、ちょっと思うのが、そのあと葬式でのシーンで撮影の方法と、父親が素人のせいか、なんかここだけ浮いてる感じがする。それと、藤井樹の家に訪ねて行くところで、あれだけ待ったのにタクシーですれ違ったあと、なんで追いかけていかなかったのかと思う。
それにしても、配役から脚本、ロケハンまで本当によくできていると思う。酒井美紀の図書館で鈴木蘭が、キューピットになってと頼んで、藤井樹に頼みに行くシーンの酒井美紀の表情は可愛いと言うか、本当にうまい。それでおいて「ばっかじゃないの?」と言うシーンは、中学生とは思えない大人の顔をしてみたり。最後の方で「パパ」とかすれて言う表情。本当に、思春期の微妙な中学生を見事に演じていたと思う。男の藤井樹の表情や、最後まで何を考えているかわからない演出もうまい。あと、最後に本を返しに行くシーンの柏原崇が、自転車に乗って、酒井美紀の方を見るシーンと酒井美紀が、本を抱えて一瞬ちょっとあげる仕草、とてもいいシーンです。ここが伏線になって、最後に、あのように終わるとは、ただただ素晴らしい。
自分の片思いをこうして、終わらせるのも、涙がでてくる。その本も確信犯的なのも、見事だと思う。

学生の頃の誰でももってる甘い切ない片思いをこうして見せてくれると、ただただ涙がでてくる。
登場人物の微妙な心理描写もほんとうまい。豊川悦司の元彼の事を吹っ切れていない心理とか、豊川悦司に片思いをしてた女の子。母親とじいさんとの関係も、うまい。旦那の死がじいさんのせいだと思って、そこの小さな亀裂があったのを、ちゃんと1つのエピソードの中に埋め込んでいながら、その話も、最後の藤井樹が訪ねてくるシーンに盛り込んでいるは、うまい。2時間の中に、時間軸をちゃんと完結しているのは、本当にうまい。
人と人の微妙なつながりが、うまく説明しきれている。

やはり、この映画はいい映画だと思う。

« ドラマ:ザ・パシフィック | トップページ | 健康診断 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/52707552

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:Love Letter:

« ドラマ:ザ・パシフィック | トップページ | 健康診断 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31