« 飛蚊症 | トップページ | 映画:白夜行 »

2011年8月15日 (月)

映画;パブリック・エネミーズ

3回も借りてきたけど、仕事が忙しくなったり、予定が入ってみれなかった映画。お盆休みなので、また借りてきた。やはり、マイケルマンの作品は、インサイダーはずば抜けていい映画だけど、それ以外は、そこそこ面白い。けど大きなハズレもない。
実在のデリンジャーの話を映画化。この映画、余計なとこをできるだけ削るだけ削ったように感じる。デリンジャーと言う人間を、マイケルマンらしくハンドカメラを多様し客観的に撮影してドキュメンタリーのように感じる。そのせいもあって、デリンジャーにしても、その恋人にしても、感情が読み取りづらい。ヒートの時は、1つ1つ場面は見応えがあったけど、話としては、イマイチだった。この映画、1つ1つの見せ場は相変わらずうまいんだけど、FBIが追いつめていくあたりが、駆け引きも感じられず、緊張感も無い。せめて、銀行強盗するときに、綿密に計画を立ててるシーンとか、裏切られる相手が、どのような人間だったか、もう少し説明してほしかった。残念だけど、仲間とのつながりの深さも感じる事ができない。それでも、そこそこ見ていられるのは、映像と1つ1つの見せ場がうまいからでしょう。
マイケルマンはできれば、現代の話を映画化してほしいかな。ここ最近、コラテタルもマイアミバイスも、企画はいいけど、もう少し脚本を練ってほしいと思う作品が続く。インサイダーは、かなり面白かったから、脚本の問題だと思うんだけどな。

« 飛蚊症 | トップページ | 映画:白夜行 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/52535961

この記事へのトラックバック一覧です: 映画;パブリック・エネミーズ:

« 飛蚊症 | トップページ | 映画:白夜行 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31