« 岡田以蔵の捕獲シーン | トップページ | とある地方で »

2011年6月 2日 (木)

本:光媒の花

久しぶりに本を読んだ。
この前読んだ、道尾秀介の「ラットマン」の前半がめちゃくちゃ良かったので、古本屋さんに行くたびに探すんだけど、この人の本はまず古本屋にない。その中で見つけたのがこの「光媒の花」。
この本は、角田光代が最近使う手法の、全部が全部ではないけど、その短編の主役が次の主役になって最後は1つに回っていくような感じ。以前「情熱大陸」で道尾秀介がとりあげられていた時に、心理描写にはかなり時間をかけると言っていたけど、この本は、本当によくできている。なんでしょう、その編の主人公の気持ちもそうなんだけど、その中に出てくる脇の人の心理も読んでいてよくわかる。これは、道尾秀介の文体の巧さなんでしょうね。前に読んだ「ラットマン」は主人公がなんか怒っていたりして、それが中途半端になっていたりしたけど、この本は微妙な心理描写を、説明を詳しくしないでも、わかってくる。
どの短編も、見事に読者を裏切ってくれるのは、夜眠れなくなってしまう困った本。人には、それぞれ色んな過去があって、それがいい事も悪い事も、すべてある。けど、どんなに辛い過去や言えない過去があっても、それは本人にしか、わからない事。自分の隣にいて、いつも笑ってくれる人にも、辛い過去があるのでしょう。そして、どんなに困難な事や辛い事があっても、それでも、未来はやってくる。

« 岡田以蔵の捕獲シーン | トップページ | とある地方で »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/51833834

この記事へのトラックバック一覧です: 本:光媒の花:

« 岡田以蔵の捕獲シーン | トップページ | とある地方で »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31