« 噂のスピードラーニング | トップページ | 面接 »

2011年6月17日 (金)

本:プロムナード

道尾秀介の本を古本屋で見つけて買っておいたのを、暇になったので、読んで見た。最近、の若い作家は、やはりとても読みやすい。この本も、コラム集と言うこともあって、読みやすい。この本を読むと、道尾秀介と言う人間がよくわかってくる。やはり、作家と言う職業の人は、本当に洞察力はすごいものがあると思う。道尾秀介は自分で、他の人より感受性が低いと言ってるけど、そんなことはない。自分のちょっとした体験や、他人に言われたことによって、自分の人生を大きく変えることをできるだけの人。
この本、いかんせんコラムで短編集とは違うで、かなり好き嫌い分かれるところだと思う。かなり、無理して題材を決めて書いているのもあるので、正直、前半と、本の感想あたりは、読んでいて面白いんだけど、他はイマイチ。ネタに困った感が否めない。
このコラムを読んでいて面白いと思うのは、普通の人が見る観点と違うのが読んでいて面白い。観点も違うけど、その人の言った事の、他の人なら、こう思うということを違うというのも、やはりこの人の感受性の高さを感じる。なにより、自分で書いているけど、とにかく笑うというのは、やはり人間的にも魅力を感じる。そして、自分の日常も、よくよく観察すると、こんなに楽しい毎日になるのかも知れないと思うこと。

« 噂のスピードラーニング | トップページ | 面接 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/51981203

この記事へのトラックバック一覧です: 本:プロムナード:

« 噂のスピードラーニング | トップページ | 面接 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31