« 今日から新年度 | トップページ | 競馬 »

2011年4月 1日 (金)

映画:マイプライベートアイダホ

監督が、ガス・ヴァン・サントで、リヴァー・フェニックスとキアヌ・リーブスとあれば、見ておかないとならない映画でしょう。今はなき、リヴァー・フェニックスが、出ている。けど、この映画でヴェネツエア映画祭などで男優賞を受賞している見たいだけど、ありえあいくらいに存在感がない。リヴァー・フェニックスのオーラもない。考えてみると、スニーカーズでも存在感が薄かったような気がする。けど、やっぱりいい役者です。あえて、スニーカーズではロバートレッドフォードと言う大御所が出ているから、自分の立ち位置を考えていたのかも知れない。この映画でも、キアヌ・リーブスの存在感と演技力を引き出そうとしていたのかな?とも思う。
ただ、この映画、ありえないくらい面白くない。こんなにいい俳優使って、映画化するほどの映画なの?アイダホになんか意味があったの?スコットは、そんな簡単に裏切るの?と思ってしまう。あの母親を捜す意味は何かあったの?スコットに対する気持ちって、なんか意味があったの?さっぱりわからない。たぶん、この監督の映画は好きじゃないんだと思う。自分には、理解できない世界。

« 今日から新年度 | トップページ | 競馬 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/51274616

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:マイプライベートアイダホ:

« 今日から新年度 | トップページ | 競馬 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31