« 義援金について考える | トップページ | テレビ:密着365日 リゾートウェディングの仕掛人たち »

2011年3月26日 (土)

映画:告白

見たかった映画をレンタルしてきた。今年のアカデミー作品賞を受賞した事もあって、見たかった。まあ、日本アカデミー賞もイマイチな作品が多いんだけど、日本の映画監督では5本の指に入ると思う中島哲也監督の映画だと、やっぱり見たい。

まず、この映画の脚本がよくできている。嫌われ松子の一生もそうなんだけど、観客をグイグイと引き込んでいく面白さがある。一見退屈になりがちそうなシーンでも、映像で見せてくれる。とにかく、1シーン1シーンをスロー映像にしたりして、うまく映像化している。時間軸を前後させたりしながらも、話がわからなくならないように、うまく伏線を張りながら見せてくれるのも御見事。
「命」の話をしてせいもあるけど、映像が暗いせいもあってか、四谷シモンの人形作品を見ているような感じがしてくる。しかしながら、人間の生々しさを見せてくれるので、とてもリアルである。
この映画、松たか子が主演女優賞をとれなかった。けど、たしかに適役ではあったと思うんだけど、演技はもう1歩足りなかった感じもする。ただ、最後のシーンはとてもよかった。
世界の中心で愛をさけぶあたりから、日本映画の脚本がとてもよくなっている。しかも、これだけの作品を作ってくれると、ハリウッド映画より面白いと思う。繊細だし、よく捻られているし。映像にこだわる監督は好き。御見事です、中島監督。
久しぶりに、面白い日本映画を見た感じがした。中島監督に、黒沢明のようなスケールの大きな作品をとってほしいもんです。

« 義援金について考える | トップページ | テレビ:密着365日 リゾートウェディングの仕掛人たち »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/51221313

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:告白:

« 義援金について考える | トップページ | テレビ:密着365日 リゾートウェディングの仕掛人たち »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31