« 映画:告白 | トップページ | 婚活 »

2011年3月26日 (土)

テレビ:密着365日 リゾートウェディングの仕掛人たち

なんとなく、途中から見ていた番組。なかなか見応えがあった。1つのリゾートでの結婚式場を作り上げていく作業を見せてくれた。これだけの準備期間があって、これだけの人を使って、1つの「物」を作り上げていっても、どうしてもその「時」にならないとわからない事が山ほどある。やっぱり、トップになる人と言うのは、それだけの失敗の積み重ねがあるから、トップになれるんだと思った。若いうちに、どれだけ失敗して、考えていくか?なんでしょう。この番組の中でも、隣家が見えたり、木に葉がついてなかったり、子供の事を考えてなかったり、水しぶきが通路にあったりと、さすがだなと思う反面、木を入れる業者にしても、そんな事わからないのか?とか、水しぶきが通路にあっても、何とも思えないのか?とか、ディズニーランドがすごいのは、ランドの中から見えるのは、せいぜい空を飛ぶ飛行機くらいと言う、世界があるから。やはり、経験は、すごい力になると思う。
最後の、肉料理を魚料理に変えると言う料理長の、経験はさすがだと思った。イヤイヤ出たものを食べるのか、食べたい物を食べるのかでは、全然変わってくると思う。コース料理にはつきものだけど、それをいい方に変えていく、臨機応変さ。スクランブルエッグで怒られている社員がいたけど、スクランブルエッグを作る当たり前の事と、経験じゃないとわからない事では、社員に考えさせると言うことをさせているのもさすがです。
ただ、この番組を作ったテレビ会社が1つ残念な事を映像にしてしまった。ウェディングケーキを切るナイフで、怪我をした社員のところはカットすべきだったと思う。もしかしたら、ナイフを変えてるかもしれないけど、人の血はついたケーキ入刀はしたくないと思う。演出としては、面白いエピソードだけど、あまり気持ちいい事ではないかな。

あと1つ書き忘れていた事を。ここの会社も星野リゾートも、社員の意見を出しやすそうな雰囲気は素晴らしいと思った。料理について、社長のいる前で、あれだけ意見がいえて、社長がそれに対して、反論しないで聞くというのはすばらしい会社だと思う。それが、貝をふるいにかけてるシーンで物語ってると思う。

« 映画:告白 | トップページ | 婚活 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/51221898

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ:密着365日 リゾートウェディングの仕掛人たち:

« 映画:告白 | トップページ | 婚活 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31