« 睡眠薬 | トップページ | タイガーマスク運動、どう思う? »

2011年2月26日 (土)

本:夜の桃

石田衣良の「sex」を読み終わって、この本の存在を知って、やっと古本屋で購入。
なんとも言えない本です。石田衣の文体は、細かすぎずとても読み易い。官能小説程ではないけど、セックスの描写は、なかなかな物なんで、読んでいてドキドキするんだけど、小説としてはちょっとイマイチだけど、一気に読ませてくれる。
千映の親父が出てくるまで、同じようなことの繰り返しなんだけど、千映との関係や、麻衣佳との関係が、少しずつ変化しているのが読んでいて飽きない。途中に比沙子の最後に裏切られるようなニアンスがあるだけでも、どんな風に裏切られるのか、気になってしまう。できるなら、この雅人の仕事でも、何でもいいんだけど、もう1つ軸になる何かが欲しかった気がする。千映の存在が出てきてから、殆どが千映との関係になってしまっているのは、いいんだけど、千映の父親が、もう少し深く絡み合って人間関係でも何か、どうにもならない世界にしてほしかった。

比沙子はいつから、別れを考えていたんだろうと、思う。どのへんから、気がついていたんだろうと。
それにしても、千映の最後までタクシーの中で手を振っていたと言うのは、なんか、とても切ない。どんな気持ちで手を振っていたのだろうと。初めて愛した男に、どれだけ愛されていたのかわからない男に、どんな感情だったのかなと思う。人を本気で好きになると言うのは、自分を犠牲にしてまで、愛せるかどうかと言う事なのかな。千映が、かわいそうでならない。あまりにも、残酷な話。
最近、思うのが、好きな人ができて、結婚して子供ができたとしたら、その子供と奥さん、どちらを愛するのかと考える。自分の人生の中で、1人だけ、この人と結婚して子供ができたとしたら、子供ではなくって、その人を好きだと思える人がいる。

この小説、人生の歯車が狂い始めてから、一気にたたみ上げるように終っていくんだけど、雅人の落ちて行く様子は、わかるんだけど、もっともっと苦しんでいる部分を書いてほしかったと思う。石田衣良は、そこまで落ちた事がないのかなとも思う。自分は結婚はしてないけど、失恋は何度もしている。その落ち込みようは半端じゃない。まして、3人に人間に捨てられたら、たぶん自分なら立ち直れないと思う。1人でも、半年も1年もかかると言うのに・・・。
そうじゃないと、救い用のない小説になってしまうか・・・。

« 睡眠薬 | トップページ | タイガーマスク運動、どう思う? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50975642

この記事へのトラックバック一覧です: 本:夜の桃:

» 盗撮リンク [Megaporn盗撮ライブラリー]
主に色々な女性の生々しい排泄陰部を盗撮した高画質無修正動画を、50ほどのブログに載せています♪すべて私のブログですが、もしよければ拝見してみてください!(無料) [続きを読む]

« 睡眠薬 | トップページ | タイガーマスク運動、どう思う? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31