« 栗城史多 | トップページ | 仕事始め »

2011年1月 3日 (月)

本:サクリファイス

年末に、ブックオフの通販で買った本。とある、場所である人が、絶賛していたので、初めて近藤史恵の本を読んでみた。
前半と言うか、全体の三分の二は、自転車レースを淡々と描いているだけだし、正直、登場人物も、特に大きな特長もないから、名前がなかなか覚えられない。しかしこの本のすごいのは残り三分の一になってから、読者をどんどんと、引き込んでいく。途中で、この主役の男の考えに対して疑問をもつんだけど、それをあえて、近藤史恵がやったのかな?その通りに、そこの疑惑があばかれていく。誰が悪いとかでもない気がする。そのぶん、読み終わった時に、不快な感じにならない。ただ、あえて言うなら、なぜか、前半軽いんですよ。自転車レースの駆け引きの問題なか、勝ち負けの迫力の問題なのか、よくわからないんだけど、なんか軽い。もう少し、重くできなかったのかな?
けど、この本、けして長くない話だけど、なかなか読み応えと言うか、面白い本だと思う。

余談ですけど、ちょっと唇を舐め過ぎかな(笑)。

« 栗城史多 | トップページ | 仕事始め »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50481720

この記事へのトラックバック一覧です: 本:サクリファイス:

« 栗城史多 | トップページ | 仕事始め »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31