« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

映画:プラトーン

久しぶりに、どうしても「プラトーン」が見たくなって、レンタルしてきた。やはり、この映画は、好き。たぶん、いつか購入するだろうと思うくらい。
新兵から、バーンズとエリアスの間で成長していく姿を見事に描いているいると思う。映画は1967年9月カンボジア国境付近と表示される。わずか40年くらい前で、ノルウェイの森もこの頃の話。戦争の恐ろしさと凶器をとても見事に映画化していると思う。現実は、もっと悲惨なのは、写真や映像で見た事あるけど、それでもベトナム戦争をリアルに映画化してるんじゃないかなと思う。
バーンズのような人間が非情なのはわかる。けど、日本が第二次世界大戦だって、非情な人間はいっぱいいたでしょう。玉砕だってそうだし。
エリアスがどうしても、よく見えてしまうけど、本人はどこかで何かを悟ったから、クリスに自信家だったと告白している。それまでは、バーンズのような人間だったと。人海戦術だとか、自爆テロみたいな事なんか、現実怖いなんてものじゃないでしょう。マリファナでも吸って、一時でも生気を保ってられないんじゃないかなと思う。きっと、正気でいる事なんかできないと思う。生きるとなれば、普通にバーンズにようになってしまうだろうし。
それとこの映画って、CGはほとんど使ってないでしょう。それだけ、やはり土の臭いとか、リアリティがあると思う。やっぱり、どんなにCGが発達しても、限界はあると思う。
やはり、この映画はベトナム戦争では、最高傑作だろうと思う。あっ、地獄の黙示録があったか・・・。けど、ベトナム戦争として描いた映画としては、これが最高でしょう。

初期のオリバーストーンの映画はやっぱりすごいな。もしこの映画がいいと思った人は、サルバドルもいいと感じると思うんだけど、意外と知られてない映画かな。

たち

年始に頂いたお金を、新しい委員会のメンバーと、コンサルの方と新年会をした。数年前に、大きなプロジェクトを開始した時の、最初の懇談会と同じとこ。なんか、色々思い出しちゃった。色々みんなと話をしていたら、ふと気がついたら、もう自分じゃできないから、あとに託すよって話になってるのに気がついた。
お寿司も食べた。たちも食べた。2年前は、あんなに美味しく感じたんだけど、なんだろう・・・。けど、久しぶりに食べたって感じ。

たち

薬のせいかな?

今日、朝からずーっと会議で、トイレに行った時になにげに今日は何曜日なんだろうと思った。わかるまで、5分くらいかかった。昨日が日曜日だったことすら、わからなくなっている。寝る前に睡眠薬を飲んでいるだけなのに、こんなのよくあると、薬だとしても、ここまで効くのに、夜中に目が覚めるのは、ちょっと怖い。
次回、病院に行ったら、副作用なのかきいてみよう。

2011年1月30日 (日)

携帯壊れた

ここ数ヶ月、たまに何にもしなくっても電源が落ちて、オンを押しても電源が入るまで、かなりの時間がかかったりしたが、ここ半年くらい、電話を使用する回数自体めっきり減っていて、繰り越しだらけになって、無料通話料をすてる状況になってしまったので、プランも下げた。
ストレスのせいからか、メールするのも面倒になった。そうなってくると、携帯も必要ないんじゃないか?と思っていたので、なんかの拍子で電源が入るくらいでも気にならなかったが、さすがに全く電源と言うか、充電もされなくなっている模様となると、ちょっとだけ困る。

ここ最近、調子が悪いのを、社内の何人かには言ったが、取引先の人には言ってないのに、その部下から、調子悪そうだったと言ってたけど、大丈夫ですか?とメールがきた。まあ、親ですら、この状況を本気で心配しているのがわかるから、親より話をする取引先の人のほうが察するのかも。一番気がついてないのは、直属の上司かな。

なんか、たまにしか書いてなかったブログを書くのもどうかと思う。ミクシィかは知り合いばかりだし、思った事がかけないし。ただ、やはり本音の半分くらいしかかけない。誰を恨んでるとかそうゆう事じゃなくって、自分の気持ちをそこまではかけないと言うこと。

テレビ:ステレオ字幕放送再放送 ラストデイズ「“お前は、オレになれる” 松田優作×香川照之」

どこにも出かける気にもならないので、頼まれたデータを昨日買ってきたハードディスクにコピーしていたら、NHKでこんなテレビをやっていた。
正直、松田優作と言う役者はあまりにも癖があって、そんなに好きじゃない。なので、彼の代表作の蘇える金狼とか野獣死すべしを見ていない。ただ、何故か家族ゲームとか探偵物語ととかブラックレインなど、松田優作らしくないと言うか、主役ではない映画はよく見ている。
「お前は、オレになれる」と松田優作が、まだ若手の香川照之に言った。なれるじゃないんでしょうね。なれなんでしょう。香川照之なら、その意志をついでくれると思ったと自分は思った。
彼の真骨頂と言えば、ブラックレインでしょう。この番組でも香川照之が、ブラックレインのレケ地を巡りながら、松田優作と言う人間を読み解いていく。個人的には、彼のブラックレインの演技は、演技とはしては圧倒しているし主役を食ってしまって好きではない。それは、自分の人生の残された時間もあってだと思う。
もし彼が生きていたら、今の日本映画界も世界の映画界も変わっていたでしょうね。ここ数年、渡辺謙が日本人としてハリウッド俳優として活躍していたけど、彼の死によって、何十年、日本映画の俳優が世界に認められるまで遅れてしまったのかなと思う。
香川照之が最後に、松田優作の奥さんを訪ねて行って、奥さんが、人に本気で愛される事があると、生きようとするとって言うような事を言っていた。
自分は、本気で人を愛した事があるのかな?愛された事があるのかな?と考えた。

会社の若い子なんか見ていると、本当に愛されていたんだろうなと思う。けど、それは、親からの一方的な愛であって、その意味をまだ知らないから、相手の気持ちがわからない。それが、女に対してすらわからない。

自分が、働いて初めて親戚の子にお年玉をあげた時に、すべては回ってるんだと思った。ちゃんと子供を全身で愛してあげると言うことなんでしょう。それが、あるとき、自分が愛するんでしょう。
失恋でも、別れでも、人は失ってから色んな事に気づかされる。いっぱい、人と別れてきた。だんだん、それが耐えられなくなってきているんだなと、松田美由紀さんの言葉を聞いてそう思った。

この番組 「人の人生は、その最後に輝きを放つ」と言う意味らしい。

ドラマ:不毛地帯

やっと全部見終わりました。正直、山崎豊子の本を読んだ事がないけど、ここ数年、山崎豊子原作の本は、かなりドラマ化されたけど、正直、構成は似ているなと言うのが正直な感想。悪と善、敵と味方と、完全に分かれてるし、伏線の貼り方もはっきり怪しいとわかるので、見ていて安心する。ただ、全部の仕事が成功しないのは、見ていて面白いんだけど、個人的には、山崎豊子のドラマはどれもイマイチかな。原作はわからないけど・・・。
原作から脚本に落とす段階で失敗してるような気もする。それとも、これはフジテレビだから?
近畿商事はいいんだけど、敵対会社がもう少し鮫島しか出てこないあたりも、どうかと思うし。だとしたら、どれだけ鮫島は仕事できるの?って思う。それに、これだけ登場人物が出てながら、面白いのは、壱岐正より、副社長かな?
戦争責任としての、商社マンになった壱岐と、やっぱり出精欲の人間がもっと回りにいて、ドロドロした人間関係もあってもよかった気がするし。登場人物が多い割りには、どれもうすぺらい。だいたい、いいタイミングに、クラブのママがでてきすぎ。あのタイミングで現実にはないでしょう?
ただ、山崎豊子の綿密な下調べはすごいと思った。外国の車メーカーとの提携を結ぶ時、視察にくる人間を調べあげようとしたりするあたり、うちの親父の話なんかを聞いていると、本当らしいし。役人との結びつきとかも、見事に調べあげてると思う。たぶん、小説で読むと全く別ものの用な気がする。いつか読んでみましょう。

2011年1月29日 (土)

テレビ

なんとか、ハードディスクを購入しに行ったついでに、26インチのテレビより、世の中、32インチのほうが安いじゃん。26インチは安いのないんかい?32インチで、5万円きるのに、26インチになると、そんな安いのないし・・・。

まいった

取引先の人に頼まれたハードディスクを買いに行かないとならないのに、会社から帰ってきたとたん、何もしたくないと言うか、何もできないと言うより動けない。なんでだ?お腹すいてるかと思ってポテトチップスを食べたけど、全く身体が動かない。げっ、もう5時になる。やばいよ。どうにかして、出かけなくちゃ。

2011年1月28日 (金)

ホッケ

年末に、取引先の人から、もらったホッケが晩ご飯にあった。正直、冷えた焼き魚なほど、美味しくなくって、イヤな物はないので、いっつも食べないのに、何故か、今日は何となく食べた。なんか、すごく美味しかった。
よく考えてみたら、最近食欲がなくって、この2日、ご飯を食べてなかったのを思い出した。

普段から、朝は食べてないけど、この数週間、お昼を食べてない。晩ご飯もだんだん量が減っていって、この2日全く食べれてなかった。食べたら、お腹痛くなってしまった(苦笑)。せっかく食べたのに。

2011年1月26日 (水)

難しい・・・

前の日に、顧問できてもらってる上司と、今の状況を話をしてもわかってもらえず。今は、自分が、必要なのか?必要じゃないか?と言う話じゃないのよね。必要なのは、わかるけど、一部が必要としてるように対応してくれない事を話をしてるだけ。その人が、直接の上司だから、その人は必要としてるかしてないのか?かなんだけど。色んな事が積み重なって、一番信用していた関係だったと思っていた上司に裏切られたら、どこかで緊張の線が切れちゃうじゃない。きっかけは、それだけど、些細な事の積み重ねなんだよね。

最後に、その上司に明日退職とどけを出したら、どうなると思いますか?と顧問に質問してみた。

2011年1月25日 (火)

最近アクセスが増えてる

なんで検索されてるのかなと思ったら「高井桃」でした。あるHPに書いてあったけど、歴代AV女優でも1位2位でしょうと書いてあったが、たしかにそう思う。正直、エッチシーンなんかいらないから、イメージビデオで十分すぎるような子だと思う。とにかく、自然体で、こんな素敵な子はいないって思う。

結婚して、幸せになっていてほしいと本当に思う。こんな素敵な女性を射止めた旦那が(いたとしたら)、すべての運を使い果たしたんじゃないかな。

退職届を出せなかった・・・

どんどん薬の効き目が悪くなってきて、昨晩は、睡眠薬を寝る前と、夜中に2錠も飲んだのに、何度も何度も目が覚めてしまう。今日は、精神安定剤も処方されているけど、これだけは絶対に飲みたくない。まだ眠れない方がいい。

そんで、眠れないないので、夜中に何時間も考えて会社を辞める決心をした。そんで、会社に退職届けを出すつもりで会社に行った。もう、今の上司のやり方には、正直、今の自分には無理だし。先月までは、喧嘩でも何でも言いたいことも言えたのに、すっかり言えなくなってしまった。

出す前に、違う上司に15分呼ばれた。今朝、薬のせいで朦朧としていたのと、渋滞で遅刻した事について言われた。薬の話をしたついでだったので、今の自分の気持ちと、自分の状況を全部話をした。今日、退職届けを出す話もした。1つ1つの話をちゃんと聞いてはくれたけど、うまくいってない上司の気持ちも理解している事もあって、仕方ないで終ってしまう。どんだけ辛くて、どんだけその上司の気持ちがわかるから、頑張ってきたのに、最近は道具としてしか扱ってるようにしか見えないと何度も言った。上司も大変なんだと言い方をされた。だから、部下がわかってやれと・・・。自分は、部下に対して、部下の気持ちをわかってやれとしか言われた事がない。この状況で、上司も大変なのはわかるけど、部下も大変だと言う事が何故わからないんだろう。いま、お前がこの会社を辞めたら、この部署は潰れると言われた。たしかにその可能性はあるかも知れない、そうであれば、もう少しだけでいいから、もっと自分だけじゃなくって回りを見てほしい。仕事も出来るし、頭もいい上司なんだから、ちょっとそれくらいしてくれてもいいのにと思う。
最後に、頑張れと言う言葉が適切ではないけど、それしかない。お前の上司には、言葉を選んで話をしておくと言われた。けど、ごめんなさい。もう、どこまで頑張れるかなんかわからないのが現実。もしかしたら、こんな話をされたけど、明日、退職届けを出すかもしれないと伝えた。もう少しだけと言われても、出そうと思ったくらいまできてたんだし。
お金とか、仕事の待遇の問題じゃないだよね。必要とされているかされていないかって事。人間誰でもそうだと思う。そこがわかってくれない会社じゃ、どうにもならないかな。

2011年1月24日 (月)

ミス・・・

引き継ぎをちゃんとしてなかったんで、いつも通りに仕事をしていたら、どうやらそれを取引先に持って行かなくってはならないらしく、組み立てているので、持ってきてほしいとの事で、急いで持って行った。
ついでに、近くの会社にも物を持って行ったら、恋愛の説教をされてしまった。まず、女を見る目がないと言うこと。けど、もう選ぶ権利も時間もないと言うこと。その通り。今までは、スノーボードの資格を持ってる事や、本を結構読むので、しょうもない知識があったので、少しは男としては自信もあったけど、すっかりなくなってしまった。ここまで、無くていいのか?と言うくらい自信も無ければ、何にもない。それだもん、なおさら駄目だよな。

最後の大きな仕事になるかな・・・

先週の木曜日、自分の責任で管理職以外、自由参加でコストダウンについて、会議の案内をまわした。先日のブログにも書いたけど、3人しか集まらないと思ったのが、本社にいる係長以下、全員集まった。一部の部署の人は、かなり上司と問題もあったと思う。
今、正直、自分がこんな状態で、みんなの意見を吸い上げて、会社と上司と戦って行くは、かなり無謀だと思うのは、充分にわかっている。けど、あの木曜日の時間外に集まってくれた何人かは、仕方なくという人もいたかも知れない。それでも、個人で話をすると、何人かは色んな意見を持っている。誰かが、やらないと・・・。

今の自分には、守るものも、失うものもないし。それに半分壊れてるし。完全に壊れたら、誰かが意志を引き継いでくれる事を信じて。

これかが、もしかしたら、自分が会社に対してする最後の仕事かも。

心の支えがあるのとないのでは、どこまで頑張れるのかな。

コストダウン

2011年1月23日 (日)

ワンダフルプラネットと言う本

宇宙飛行士の野口聡一さんが宇宙で滞在中に地球をとった写真集があった。宇宙から見る地球がこんなに美しいもなのかと言うくらい美しい。その中に、東京と大阪の、夜の写真があった。宇宙から見る大都市がこんなにまばゆく綺麗なのかと思ってみたいたら、札幌の夜の写真があった。あまりに美しいからとコメントが書いてあった。東京とか大阪に比べたら、ちっぽけだし綺麗じゃないんだよ。どうして、野口さんはあの札幌の夜景にだけ美しいってコメントしたんだろう。けど、どうしょうもなく、その自分が住んでいる小さいな夜景の写真をいつまでも眺めて感動していた。

買い物の帰り

朝の7時に睡眠薬を飲んで、寝て起きたら15時くらいだった。街中んいでも行こうか考えていたら、何にもしないでいたら、21時になっていた。それにしても、何かしないとと思いながら、何にもする気がおきない。
たぶん、眠れないから夜な夜なコールオブデューティをする事になるんだろうなと、スーパーに飲み物とお菓子を買いに出かけた。時間も時間だったんで、半額になっている物も、品切れで、結局、お菓子と、たまに、お酒でもと思い、ライチュ酒でわって飲める様に、グレープフルーツジュースも購入。
マンションに戻ってきたら、見た事ない住人の他に、以前の管理人さんの奥さんとばったり会った。管理人だった奥さんは、いつも声をかけてくれて「嫁さんは?」と彼女の事とか、体の事をいつも心配してくれる。今日も「こんばんは」と挨拶をしたら、どうやら、マンション内の新年会だったらしく「今度、いらっしゃいと」と声をかけてくれた。「若い娘さんもいらっしゃるし」と、本当に自分の事を心配してくれて、なんか自分なんかにほんと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
もう、何にも自信のない人間になってしまったのに、こうしてまだ世の中には心配してくれる人なんかいるんだと思うと、何とも言えない気持ちになる。

2011年1月22日 (土)

やっぱり不眠症なんだ

帰ってきてから、睡眠薬なしで寝ようと努力したけど、やっぱり眠くならない。結局、もう少しで朝の6時。きっと、明日起きたら、夕方で何もしないで終わってしまうんだろうな。単純に、不眠症か・・・。ゲームも飽きてきたし、テレビも何もやってないから、薬を飲んで寝ますか。頭が痛い。

鍋パーティの帰り

結局、鍋パーティに行ってきた。あとで聞いた話しだと、みんなに「絶対に○○(自分の事)を連れてくる」と言っていてくれたらしく、 今朝まで断ってしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。しかも、自分の事を嫌ってると思っていた上司まできた。今回のためにわざわざ、Wiiまで買ってあって参加予定の人の顔まで作ってあった。しかもコントローラまで四つも用意してあった。何にも言わないけど、いっぱい心配してくれていた。
帰りに不眠症だから、何人か僕が送って帰る事にしたら、後輩の女の子から「どうして、そうなっちゃったの?」って聞いてきた。話せる範囲でしか話できなかった。送ったあと帰る途中に、この子にありがとうとメールを書いていたら、携帯がフリーズしてしまい、メールするのをやめた。この時、自分はこの子の事好きなんだと思った。それが、恋愛としてなのか、人間としてなのか、後輩としてなのかはわからないけど。

なんかわからないけど、今日は、いっぱい泣きたい気持ち。彼女と連絡がとれなくなって、もう泣くのは辞めようと決めたのに。

鍋

2011年1月21日 (金)

考えた事

大好きな上司が、がんになって、心配で心配で入院中は3日に1回くらいお見舞いに行っていた。1度、退院してから、引っ越しがあって手伝いをしたら、落ち着いたら鍋パーティをしようと言ってる矢先に、また入院して手術。また、心配で心配で、お見舞い行ってたら、今度は退院したら、絶対にやるぞなんて言ってた。
その後、この鍋を一緒にしようと話をしていた他の人間に、いっぱい裏切られてしまった。それなりに理由があるにしても、ショックでそれも原因の1つで不眠症になってしまった気がする。そんな状態の中、昨日、コスト削減についての会議を開催しない状況に追い込まれて、自由参加にした。前もって参加すると答えてくれたのは、15人中、3人だった。5分前集合で集まったのは3人。その後、遅れながらも結局、全員参加してくれた。しかも、自分に対してたぶん敵対心を持ってるだろうと思う人まで参加してくれた。
今朝、抗癌治療している上司に、ストレスで行けないと前から伝えてあったのに、今日やるから来ないか?と言われた。行けないと答えたけど、よく考えたら、こうゆうところで自分も裏切る事になるんだと思う。

子供の頃、親に遊園地に行く約束をしていて、仕事で行けなくなった。どれだけ悲しかったか・・・。上司は、行けないって何回も何回も声をかけてくれているのにも関わらず、それでも声をかけてくれる。人の温かさを忘れていた気がする。たぶん、自分が、そうゆう些細な事で人を裏切っていたから、こんな自分になってしまったのかも知れない。精一杯やったとか、やってるなんて言うのは、他の人に比べたら全然大した事ではない。そうじゃなくって、その人はそれが限界なんでしょう。オリンピックに出場できるような選手が、素人にできないのは精一杯やってないからだと言うのと同じ事なのかも知れない。

大好きな上司は、大好きだから行こうかな。もう、大好きな人と別れて泣くのは嫌だよ。

病院その2

ここ毎日、夜中に目が覚めたら眠れなくなる事。たまにならいいんだけど、さすがに毎日となると、眠れなくなるんで、また薬を飲む。もちろん、2週間分の薬なんか無くなってしまう。考えてみると、今日病院に行かなければ、月曜日なってしまう。週末は眠れなくってもなんでもいいけど、さすがにちょっと月曜の事を考えると、まずいんで、朝、ちょっと病院に寄ってみたら、すんごいお客様(笑)。世の中、不景気だと言うけど、ここは違う(笑)。
さすがに2回目の診察なんで、内科だけど、仕事の量や仕事内容を少し詳しく聞いてきた結果、薬を増やす方向になってしまった。できるだけ、薬は飲みたくないんだけど、仕方ないか・・・。

けど、考えてみると不安だから眠れない要素もあるような事を言われたけど、不安な事なんか何もないんだよな。結婚してない事だけが不安で、好きな人がいなくなってしまった事が不安なくらい。会社のストレスは、もう諦めた。辞表も書いてあるし。そのあと職が無ければ無いときは、それなりに考えもあるし。もう、なるようにしかならないし、なった時にみんな色んな事、気がついて色んな事、後悔する。後悔が大きければ大きいほど、人に優しくなれるでしょうしね。

2011年1月20日 (木)

写真だけアップして本文を書けなかった。たまに顔を出す取引先の方なんですけど、毎回2時間、3時間お話になってしまうんだけど、もう60近い方で、とても物知りで話ししていて楽しい。相手も「君は、よく色々知ってるね。話合うわ。」と言ってくれる。そしたら、一昨日、幕末の会津若松の話になった。幕末での会津戦争事を書いてる本って、どうも良さそうなのがない。司馬遼太郎の「燃えよ剣」ですら、土方歳三の会津での話は、あまり詳しく書かれてない。そんな話をしていたら、いい本あるから、調べておいてあげるよと言ってくれた。そしたら、わざわざ図書館で借りてきてまで会社まで持って来てくれた・・・。けど・・・会津戦争の話じゃないないような・・・。

本

なんで、昼に効く?

夜中の3時、4時に目が覚めて、薬を飲むせいなのかな?仕事中は、まだそうでもないんだけど、昼休み気を抜くと酷い睡魔に襲われる。と言う事で、ナットで調べてみると「ユーロジンは血中濃度半減期が24時間ということで、持続時間としては中~長時間型と、比較的ロングタイプの 睡眠薬です。」そりゃ、昼も眠く成る訳だ。けど、それなら、夜中目がさめないようにほしいもんだ。しかも、医者にしてもると、いいのか悪いのか、寝る前に1錠、夜中に1錠も飲めば、そりゃ眠い訳だ。来週、薬変えてもらおもう。

ユーロジン その2

ストレスが原因で眠れなくなって、数週間。医者から処方されたユーロジンを飲み始めて、8日目。最初の数日から、夜中に何回か目が覚めるけど、そのまま数分で眠る事ができたので、あまり気にならなかったが、この3日くらい、夜中に目が覚めると、眠れなくなってきた。結局、2時間、3時間で覚めてしまう。ちょっと、朝起きるのもちょっと大変になってきたんで、病院に行こうと思ったけど、仕事が忙しくっていけず。ネットで調べてみると、「睡眠薬として広く使用されている系統です。比較的安全性が高く、効き目もよいので、不眠症の治療には、まずこの系統が使われます。
同類薬のなかでは、持続時間が中間型です。寝つきの悪いときや、夜中に何度も目が覚めてしまう人に向きます。昼間の抗不安効果も少し期待できます。」
おいおい「夜中に何度も目が覚めてしまう人に向きます。」って。どうよ目が覚め過ぎ(笑)。

龍馬伝の事を考える

なんか、今朝からお腹が痛くって、会社のトイレの中で、龍馬伝の事をずーっと考えていた。今日、会社でコストダウンについての会議を自主参加と言う形で行うんだけど、どのくらいの人間が参加するのかと思っていると、やはり坂本龍馬と言う人間の存在の大きさに改めて偉大な人だと思う。土佐の下士と言う、会社で言うとアルバイトより下の立ち場の人間が、今で言う中の悪い県と県を、どこの誰かわからないような立場の低い人間が、大きく国を動かしてしまう。もちろん、それに賛同して動いた人も凄いと思うけど、こんな会社くらいですら、人が動かないし、自分の力のなさと、どうにかしようと言う志を持ってる人間がいない事にただただ嘆いてしまう。
今の時代、先日のチェニジアの事も、今話題のフェイスブックから、国を変えてしまう世の中。けど、当時なんか、移動する手段にしても、通信にしても今では考えられない。それだけ、自分の持論とか人を説得する力、そしてそれだけの人間としての魅力があったんでしょう。
幕末にあれだけの優秀な人材がいて、相当な人数の人間が殺されてしまった。なんで、今の政治家は、尊敬する人は?坂本龍馬とか言う人がいて、本当に国の事を考えて動かす事ができないんだろうと思う。そんなに、政党とか派閥って重要なのかな?
坂本龍馬が望んでいた、議会ってヤジが出るようなものじゃなかったでしょう。

2011年1月19日 (水)

しょうが湯

年々冷え性が酷くなってきて、寒いの通りこして痛くなってきたし、自分の席の近くのストーブはいつまでたっても戻ってこなくて、寒くてどうにもならないので、ちょっと高いけど、しょうが湯を購入してきた。それが、そのまま飲むとまた美味しくない。ちょっと自分には無理なんで、お茶に少しずつ入れて飲んでみたら、まだ飲める。たぶん、紅茶とかに入れて飲んだら、まだ飲めるんだろうな。紅茶は微妙に高いから、普通の番茶で我慢でございます。

しょうが湯

ズバリ!「学歴」と「仕事能力」って関係ある?

ブログネタ: ズバリ!「学歴」と「仕事能力」って関係ある?参加数拍手

うちの会社に関しては、関係ないかな。少なくても、自分が入社するまでは、大卒だけしか入れてなかったようで、初めての専門学校卒での2名入社。その後、事務職で短大卒はまだしも、この2年、大卒を2名入れたけど、昨年まで高卒がやっていた単純作業しかできない。2年間、どんなに細かく仕事を教えても、会社名を消してコーピーを頼んでも、ミスをする。
個人的な考えなんだけど、うちの会社では真面目な人ほど、仕事は遅いし、能力がない。仕事が嫌いな分、如何に早く仕事をこなすかを考えて仕事をするから、どんどん仕事ができるようになってくるし。けして学歴は関係ないかな。たぶん、育ち方だったり、相手の事を如何に考えてできるかどうかだと思う。それと、もう1つ、恋愛経験のないのも仕事ができない気がする。1人でも恋愛していたり、アタックでもすれば、相手がどう思うのか?とか考えるし。
それにしても、うちの会社の大卒は、中学生レベルの仕事しかできない。けど、関心するのは、単純作業を何時間でも何日でもできる。それは個々の性格の問題か・・・。

高井桃

高井桃って、AV女優だそうで、とっくに引退している女優さんらしい。ウィキペディアで調べても、もう2006年に引退してるようなんで、レンタルにもないでしょう。年末にひょんな事から、この人が気になり、AmazonでDVDを購入しようかさえ思っていた。それも、数週間すっかり忘れていたんだけど、何気にネットで徘徊していたら、またこの人の名前が出てきた。Amazonで真剣に購入を検討し、ユーザーレビューを読んだら大絶賛。仕事が早く終ったので、かなり抵抗あったけどDVD屋さんに寄ってみた。さすがに4年も前に引退したしメーカー名もわからないんし、あまりにも広い売り場で、1時間くらい探してあきらめかけていたら発見。あったので購入。
正直、なんだろう・・・。この人の顔の表情、仕草、言葉遣い、表情すべて愛くるし。こんな素敵な人がいたんだと思うくらい。とくに、言葉遣いのよさには、感動すら覚えた。昔、小泉キラリと古都ひかる言う女優さんもいたけど、この2人は、人間としても、とても素敵な人だと思った。

人間って、どんなに演技してていても、どんなに猫をかぶっていても、どこかでその人らしさとか人間性が出てくると思う。最近のアイドルや女優さんでも、この人は人間としても、すばらしいと思う人って何人いるんだろう・・・。最近、テレビ見ないからわからん。

やばやばい

眠れないからと、暇だし何もしたくないからブログなんか書いてるけど、薬のせいで朝起きれないないんだ。なんで、毎年、冬になって少し早く出て充分間に合っていた時間に家を出ているのに、今は間に合わないんだろう??車もぼけてる?いや、自分がぼけてる。

今日は、何曜日なんだ?やっぱり、日にちの感覚がない・・・。

おやすみなさい。

携帯の請求書

携帯の請求書が届いた。スノーボードのインストラクターをしていた頃の、冬の通話料は、かなりの金額がいったのに、この数ヶ月は、通話料の繰り越しを無駄にしているだけ。それでも、プランもどんどん下げて、今はたぶん下から2番目くらいなはず。メールはたまにするから、必要だけど、電話の機能は必要なくなってきたかな。ポケベル復活でも問題ないかも。

それにしても、あまりにも携帯がボロボロ。あまりにもボロボロで、友達の子供にスヌーピーのシールにチョッパーのシールまで貼られる始末。剥がしたのを見たら、悲しむだろうから、数枚だけ剥がして使用。

アイフォンもほしいけど、あまりにもバッテリーが持たないし。買うなら白いのほしいし。

2011年1月18日 (火)

パソコンを買おう!

年末調整だの交通費とか出て、無駄に使いすぎてしまっている。これだけストレスが溜まってるから、旅行にでも行けばいいんだろうけど、正直、旅行にすら行きたくない。かと言って、パソコンを買って何に使うの?って言えばそうなんだけど・・・。今あるパソコンは、会社でお古になった、骨董品みたいなパソコンで、ネットを繋いだら、遅くてうんざり。けど、そんなネットで徘徊する訳でもないんだよね。
今日、ソニーのバイオでもと思って、HPを見たけど、イヤイヤびっくりするくらいいい金額なのね。題名にパソコンを買おうなんて書いたけど、ブログを書いてる間に、やっぱり欲しいものがない。

やっぱり、夢中になれる人を探さないと駄目かな。見つかるのが先か、自分が駄目になるのが先か(笑)。

ゴールデングローブ賞「ソーシャル・ネットワーク」

ソーシャル・ネットワークが、ゴールデングローブ賞と受賞したと言う事は、アカデミー賞の可能性もは微妙になくなったって感じかな。個人的には、アカデミー賞より、ゴールデングローブ賞の方が、社会性や見る側に強く訴えるものがあるので好き。ただ、比較的、話が複雑ではなく、わかり易い作品が受賞する傾向にある気もする。

そんでもって、この「ソーシャル・ネットワーク」が受賞するも納得できる。この映画、会話がちょっと複雑で、話の展開は早いけど、そんなに難解の映画でもない気がする。ただ、なんで、もう少し説明があってもよかった映画かなとは思う。

となると、今年のアカデミー賞候補となると、何かあるのかな?まあ、アバターあたりがノミネートされるくらいだから、何でもありか。

2011年1月17日 (月)

睡眠薬が効かなくなってきた

処方してくれた睡眠薬は睡眠に入るまでの効きもあまりよくないんだけど、眠れるから、重宝している。けど、最初のうちは、夜中に数回、目が覚めても、眠れたけど、この2日くらい夜中の3時くらいに目が覚めたら、また眠れなくなってしまう。仕方ないので、もう1錠飲んで寝るようにしたら、さすがに朝起きれない。今週また病院に行って薬を変えてもらおうかな。
ネットで調べてみると、ハルシオンあたりが効きがいいみたいだけど、色々問題があるようだし。

それにしても、頭がぐるぐる回ってる。昼間、薬のせいなのか、眠くなるからそのまま寝てしまいたいもんです。夜になると、眠くなくなってしまふ。

カミナリ

珍しく、真冬に雷がなっている。小さい頃から、雷がなると、光る瞬間が見たくてずーっと眺めていて、光ってから1、2、3と数えてしまう。それは、今でも変わらない。なんで、雷とか虹って大人になっても、気になるんだろう。

小さい頃、数十メートル先で雷が落ちたのを見た事あるけど、怖かったけど正直奇麗だった。先日、宇宙飛行士山崎さんが宇宙からの地球の眺めがとにかく素晴らしい事を言っていた。その中で、雷が美しいような事を言っていたような・・・。映像で見ても、なんか神秘的だった。

あああ、もう1時半近いのね。寝ないと。全く眠くない(笑)。けど、薬を飲んだからだんだん起きれなくなってきて土曜日起きれなかったから、今日は、半分にして寝ますか。

2011年1月16日 (日)

テレビ:情熱大陸(吉岡秀人)

たまに時間がずれて見れない事もあるが、毎週見ている情熱大陸。今まで見てきた中でも、吉岡秀人の番組は衝撃を受けた1つ。今回で3回目と言うのもうなずける。
正直、この吉岡秀人の番組は、あまりにも辛くて見ていられなくなってくる。今回、悪性の腫瘍ができて助かっても2年と言う子の親が吉岡秀人に感謝するシーンなんか見ているだけでも、旦那さんは、イスをずらしてまで、ちゃんと先生の方にまっすぐ土下座(と言う言い方はよくないですね)までして感謝して、奥さんは、先生の他に撮影スタッフらしき方にまでお礼をしていた。日本に住んでいると、医者にも行けない人は本当に限られてるいる。世界には、ミャンマーだけはなく、どれだけの国があるんだろう。
あまりにも、素晴らしい人なんで、何にもかけない。求められたからここにいると言う意味。、何か意味があるんでしょうね。脳がはみ出てる子、左半分に腫瘍ができてしまってる子、2歳でHIVに母子感染してしまっている子。見ていて辛すぎる。けど、同情じゃなくって、何ができるかと言うことを考える事。まだ、小学生くらいの子が、自分の境遇をここまで理解して、それを受入れていく。売られて行く子まで・・・。
「目的を達成すれば手段はなんでもいい。」なかなか言える言葉じゃない。そして、確実に1つ1つ目的を大きくしている。前回は、脳がはみ出てる子だったけど、今回は孤児院をつくると言う。

今の会社で自分は、本当に必要とされているのかと考えてしまう。そして、何か目的があるのかな?って。昨年までは、大きな目的があったけど、どんなに頑張っても回りがついてこない。それは、努力が足りないからと言われるかも知れないけど、自分にはそれが限界。けど、他に必要としてくれる人がいると思うと、この先の事をこの番組を見ていて考えさせられる。

そうだよ。この吉岡秀人って人が、孤児院に引き取ると言うことは、この子達に責任を負うという事なんですよね。人は誰かと出会った瞬間に、その人の人生は多少なりとも変わっていくと言うこと。

2011年1月15日 (土)

そんなバナナ

あまりにも、薬の副作用他でふらふらしているので、抗ガン治療している上司に「おい、大丈夫か?」と言われた。いやいや、生きようとしている人に、生きる希望を見いだせない自分に、そうゆう声をかけてくれて、情けなくなる。情けないんだけど、どうにもならない。
たぶん、本気で好きな人でもできれば変わるんだろうなと思う。人の存在の大きさと言うのは、こうゆう状況になると本当によくわかる。人の支えの大きさ。

2011年1月14日 (金)

渋滞・・・

恐ろしい、睡眠薬。起きてらまっすぐ歩けない。風呂場で転びそうになるし、何をするんでも動けない。そんで、少し早く起きても、身体が言う事聞かない。
なんかへんに渋滞してるんで、高速を乗ろうと思ったら閉鎖。ふと気がついた。今日は幹部会議。絶対、まずいでしょう!高速乗ってもギリギリな時間なのに。国道ももちろん渋滞。しぶしぶ、常務に「すみません、遅れそうです」と電話。結局、30分も遅刻して、偉い方ばかりの会議に小さくなりながら入る。それにしても、この恐ろしいまでの渋滞なのに、みんなよく遅刻しなかったなと関心。

取引先とお食事

数ヶ月ぶりに、懇意にしていた取引先の人が、近くに来たので会社に遊びにきた。また近くご飯でもと約束したけど、新年会が行けなくなってしまったので、その日の遅くに、いつも行くお好み焼き屋さんに行った。さすがに久しぶりと言う事もあって、閉店時間を40分も過ぎても話をしていた。
お互いの今の会社の状況やプライベートの話をしていたら、もし会社を辞めたらうちに来ない?なんて言ってくれた。韓国旅行にお誘いしてくれた会社もそうだけど、取引先と言う関係ではなく、みんな心配して親切にしてくれる。それに、この前、取引先の人を飲み会をしたら、ボードやるって言う子がいたから、連絡しておくから一緒に行こうとも言ってくれた。
なんで、うちの会社の人だこうなんだろう・・・。なんか、会社ってそんなもんか。もう、この会社にいるの駄目かなって真剣に思う。

新年会のお誘い

年末に、忘年会に声をかけてくれた会社から新年会をやるので、来てくださいと言われていたので、行く予定でいたら、急に仕事の打合せが入ってしまったせいで、行かなくなってしまったので、電話で丁重にお断りのしたら。とても残念がっていた。実を、言うと今日の新年会で、3月の連休に行く韓国旅行の打合せもしたかったんですよの事。ただただ、申し訳ない。予約を一ヶ月前にしないとならないので、パスポートの番号等を知りたいので、教えてくださいと言われた。
年末に、もし行くなら、旅行代を出して頂くのは、本当に申し訳ないので、もし行くのであれば出させてくださいと言ったら、頑に断られてしまった。このご時世、みんな儲かってる訳じゃないので、行っていいのかどうなのか・・・。

2011年1月13日 (木)

「第3回OCAクリボラ展」

朝日新聞のHPで「第3回OCAクリボラ展」の広告が掲載されていた。どれも、よくある広告だったのですが、この中でアド・エンジニアーズ・オブ・トーキョーの広告は衝撃的だった。哺乳瓶が泥水と言うのは、これからの世界的な「水問題」や「環境破壊」を含めて、これからの子供達に私たちができる事の意味をよく伝えていると思う。世界のある地域では「水」すら満足にとる事ができない地域がある。21世紀は「水」の紛争がおこる可能性すらあると予想している人までいる。
地球と言う大きな問題で考えるより、もっと身近な子供で考えると、よくわかる広告だと思う。見事な広告だと思った。

http://www.asahi.com/eco/gallery/110114crevolu/

ユーロジン

眠れないので、睡眠薬を出してもらったが、仕事に支障が・・・。昨日、ちょっと色々やっていたせいもあって、薬を飲んだのが夜中の2時。昼になっても、頭がぼーっとして眠気に襲われる。けど、寝ようと思っても、半分意識あるので、なおさら調子悪い。こんなの2週間も飲んでいたら、仕事にならんです。まあ、仕事のストレスのせいで、こうなってるんだから本末転倒ですが。
考えてみると、風邪薬すら恐ろしいくらいの睡魔に襲われるんだから、睡眠薬なんか飲んだらどうにもならんです。

iPod nano・・・

父親にiPod nanoをプレゼントしようと思って、ヨドバシカメラに見に行った。どう使っても、iPodに比べて操作性がとても悪い。小さい分はいいんだけど、色々な機能を盛り込んだせいで、とても直感的にはわかりずらいな。前のiPod nanoの方が絶対に使い易いと思う。これだけ小さくするんだったら、iPod shuffleでいいような気もするな。
これなら、ソニーのウォークマンをプレゼントしてあげたほうがいいか迷ってしまう。年寄りにはiPod nanoは使いづらそうだし。

2011年1月12日 (水)

キネ旬ベストテン

キネ旬ベストテンが発表された。この中で見た事ある邦画は「悪人」のみ。洋画は「第9地区」と「ハート・ロッカー」と「インセプション」のみ。正直、邦画の中でもこれは凄いみたいと言う映画がないけど、「十三人の刺客」は見ようと思う。洋画は、どれも見たいとは思わない。
「悪人」が1位なのねと言う感じ。どうして、あのくらいで人を殺して、どうしてそんな簡単に人生を大きく変えてしまうくらい、人を信じてしまえるのかが納得できない。納得できないから、感情移入ができなかった映画。深津絵里の微妙な声の表現はうまいと思ったけど、なんで?って思ってしまう。それだけ、今の世の中の人の間って希薄になってきてるのかなと思ったりもする。あえて、監督はそれと言いたかったのかな?とも思う。

昨年の洋画のベスト10あたり見ていても、A級映画ってインセプションくらいだったのね。ハリウッドもこうも駄作ばかりだと見る気が起きない。あえて言うなら、スパイダーマンあたりは、脚本がよく練られてるから、昔のハリウッドを彷彿とするんだけど、ここ最近は本当ないな。スピルバーグもレイダースあたりまでは、本当に凄い監督だったんだけど、どうもアクションシーンばかりにこだわってしまって、中身の薄い映画ばかりになってしまってる。シンドラーのリストも重い映画なんだけど、オスカー狙いの映画になってしまっるだけだったし。キャメロンより力はあると思うんだけどな・・・。

伊達直人

ここ最近、ニュースで話題の伊達直人。ネット上では、そろそろいい加減にしたら?見たいな事も書かれているけど、それは、客観的に見てる側としてはそうかも知れないけど、実際に、親に捨てられたり、事故でなくして孤児院に入ってる子供の事を考えたら、どうでもいいと思う。匿名で、こうゆう事は本当に素敵な事だと思うな。少なくても、自分も何かできないかと思ってしまう。けど、思ってもなかなかできる事でもない。

ランドセル1個買うお金の分だけ、他の物を買ってあげる事ができるし。普通に生活してる私たちは、ほしいものは、ある程度買ってもらえると思うけど、けど孤児院にいたら、DSにしたって、ほしいソフトだって、そんな買ってもらえる訳じゃないでしょう。こうして、何でもない生活が、自分では選んだ訳でもなく、普通の生活じゃない人もいると言う事。最初に、やった人はえらいと思う。そのあとの人にしても、なんかちょっと変わってるなと言う人がいるけど、それはそれでいいじゃない。善意なんだし。

考えてみると、自分が子供の頃のアニメって、タイガーマスクにしても、人に対しての愛情とか人に対しての優しさとかあった。日本昔話なんか、特にそう。だんだん、本当によい番組が少なくなってきている気がする。
今思うと、タイガーマスクはアニメとしては、あの絵が嫌いで見なかった。けど、昨日、ニュースでタイガーマスクが孤児院をたずねて、子供が「あたしがほしかった人形はこれじゃなかった」とタイガーマスクに言ってるシーンなんか見てると泣けてきた。

2011年1月11日 (火)

覚悟して病院

やはり、眠れないのはあまりにも辛いので、会社を休んで病院に行ってきた。親に病院行けと怒鳴られ、夕方に行ったんだけど、さすがにこの時間はすいていた。
とりあえず、眠れない事、頭が痛い事、症状言った。仕事の事など聞かれてので、正直に、めちゃくちゃ大変な状況ですと答えると、ストレスが原因らしい。とにかく、少しでも仕事を楽にして休む事と言われる。頭痛は、寝不足から来ていると思うから、眠れさえすれば頭痛は収まるとの事なので、睡眠薬だけもらう。とにかく、寝る事と少しでも仕事を減らして休む事と言われた。かと言って、仕事が楽になる訳じゃないし、会社は今の状況を理解はしてくれないと思う。睡眠薬をもらってきたけど、歯医者とかの麻酔は効かないくせに、薬は異常に効いてしまう、へんな体質。
帰って親に病名を聞かれて、ストレスが原因と話をしたら、沈黙。親の知り合いはストレスが原因で亡くなってる人もいるから、言いたくなかった。
この先、どうなるのかな?どうなってもいいんだけど、人に迷惑だけはかけたくない。何か夢中になれる事を探さないと。

おやすみなさい。

2011年1月10日 (月)

torneの為にハードディスク

年末に臨時収入があったお金を、無駄に使ってしまいそうなので、とりあえず、トルネ用にハードディスクを購入した。けど、いまいち使い方がわからないと言うか、ここ最近、トルネを使ってなかったせいもあって、番組を受信されてなかったようで、3チャンネルしか見れない。とりあえず、今80%まで読み込んだ模様。それより、アナログテレビでトルネを使っても、メニューの文字がよくわからん。テレビも買わないと駄目かな。

あまり眠れないので

明日と言うか、今日、昼から予定があるので、どうにか寝なくちゃならないけど、眠れない。5年くらい前に、生死の境を彷徨って(笑)いたときにもらった、睡眠薬があったはずなので、探してみたら、数個あったので服用してみた。朝の6時過ぎまで眠れないのに、さすがに薬の力は凄いです。当時、処方された時に言われた、30分で効かなければ意味がないけど、だいたい30分で効くと言う話だった。ものの15分もしたら意識がだんだん意識が遠のいて行って、本当に眠れた。ただ、起きたら、ぼわーとして大変。

2011年1月 9日 (日)

もつ鍋とホルモンの店 ホルモン食堂 六条店

人生の大先輩と新年会をかねて、ススキノのモツ鍋と焼き肉が食べられるお店に行ってきました。新年早々、寂しい新年会でしたが、焼き肉が思ったより美味しかった。ホルモンが結構、種類があって、サイドメニューも個人的には満足できるものばかり。それに、隣にいた、女の子3人組が可愛くって、なんか得した感じ。あとエビスビールとクラシックが同じ値段で飲めるのもお得。

それと、

食べ放題があって1980円だったかな?飲み物を入れても3000円ちょっとなんで、これもなかなかお得のような気がする。

ただ、アホかと言うくらい寒い店で、それだけがどうにかしてほしかったです。

焼肉

雪まつりの準備

大通公園を通ったら、もう雪像づくりがはじまっていた。もう、何年見に行ってないだろう・・・。たぶん、今年も見には行かないと思う。気のせいか、数年前に見た雪像は、二回りくらい小さくなった気がした。それは、自分が大きくなったせいか、それとも実際に小さくなったのかな?

子供の頃、つれて行ってもらった頃を思い出すと、なんか涙が出てくる。

雪まつりの準備

2011年1月 8日 (土)

ゲーム:コールオブデューティブラックオプス その4

チャンレンジの中のガラス越しのダイブがクリアできなくって、ネットで調べてもわからずでしたが。こんな簡単にクリアできるとは・・・。ただ、ガラスに向かって助走をつけてダイブすればOK。別に、ガラスをこえなくっても、大丈夫。
それにしても、わからないチャレンジがいっぱいだ。

2011年1月 7日 (金)

幽霊屋敷の謎 ミオとモジャビーを救え

NHKの天才テレビくんMAXのなんからしい。とにかく、最近のNHKは凄い番組は凄いの一言。天才テレビくんも、一時は録画してまで見てたくらい面白かった。しかし、ここ最近のNHKスペシャルあたりは、落差が激しいのもたしか。「八日目の蝉」のドラマもなんかイマイチだった。
いやいや、そんな事より、この「幽霊屋敷の謎」、まじによくできてます。と言うか、怖い。こんなお金にならないと言うのは失礼だけど、よくできてる。しかも、大の大人が1回じゃクリアできなかった。NHK恐るべしです。
余談ですが、ここの奥さんなかなか素敵です。

http://www9.nhk.or.jp/bitworld/game/ruin_101119/index2.html

2011年1月 6日 (木)

日にちの感覚がない

年末から、なんか眠れないのが酷くなってきて、この3日平均睡眠時間は、たぶん3時間くらい。たまに異常に眠くなるんだけど、それも数分程度。一番、困るのが、夜中に目が覚めて全く眠れなくなる事。仕方ないなので、ご飯食べてお腹いっぱいにして眠くなるのを待つがならない。医者に行ったら、睡眠薬くれるかな?けど、こんな事してたら、心療内科に行かないとならなくなりそうで、怖い。
正月休みと、そんな感じで全く日にちの感覚がない。

2011年1月 5日 (水)

もしかして鬱?

恐る恐る、鬱病の診断テストをしてみたら、微妙な結果が出てしまった。1つはかなり重症と出たけど、そこまで酷くないと思う。もう1つの結果がこれ。たぶん、落ちるか落ちないか微妙なラインにいるんだろうなと思う。
落ちるとこまで落ちたら、どうなるのかな?


テストの結果は 14 点でした。
あなたはボーダラインにいます。
 あなたは正常とうつ症の境界領域にいます。最近疲れ気味ではありませんか?少し頑張ることを控えて、自分に休息を与えてあげて下さい。今後、不眠や食欲不振が続き、やる気のなさや気分の落ち込みが気になるようなら、一度専門の相談機関に相談に行かれることをお勧めします。

2011年1月 4日 (火)

ゲーム:コールオブデューティブラックオプス その3

とりあえずネットワーク対戦一回りして、やっているけど、未だに基本のところができないところがある。ネットで調べてもわからない。だんだん、コツがわかってきたけど、それでも、やたらと強いチームがある。とくに外人の集団は、もう何重になっても襲ってくるんで、近距離ではもうあきらめるしかないって感じ。

仕事始め

できれば、姫はじめと書きたいとこだけど、なんもないので・・・。年末から、ずーっと会社を辞めるか考えていて、昨晩も一睡もできなかった。会社に行ったら何か変わるかなと思ったけど、そんなもの変わるはずはない。社長は、今年も頑張ろうと言うけど、ちょっと頑張れないのが正直なとこ。たぶん、数日中に、上司に呼ばれる事でしょう。退職願を出す事にした。どうせ、心療内科あたりに行けば、悲しい診断されるのは間違いないし。
そもそも2年前に、会社の大きなプロジェクトのメンバーに入る時に、上司にこのメンバーじゃだめだから、外してくれとあれほど頼んだのに、いいからやってくれと・・・。神経すり減らしながら、なんとく取得したけど、それからも大変な日々。なんども、このままじゃまずいから助けてくれと言ったのに、いいからやれだけ・・・。そんなもの、精神が病んでいっても仕方ないよな。 けど、式典で表彰するからと社長に言われた。もちろん、お断りしたけど、会社で決まった事だからと言われた。個人的にもらっても、全然問題ないとも思ったけど、なんかの集まりで使う事にした。

2011年1月 3日 (月)

本:サクリファイス

年末に、ブックオフの通販で買った本。とある、場所である人が、絶賛していたので、初めて近藤史恵の本を読んでみた。
前半と言うか、全体の三分の二は、自転車レースを淡々と描いているだけだし、正直、登場人物も、特に大きな特長もないから、名前がなかなか覚えられない。しかしこの本のすごいのは残り三分の一になってから、読者をどんどんと、引き込んでいく。途中で、この主役の男の考えに対して疑問をもつんだけど、それをあえて、近藤史恵がやったのかな?その通りに、そこの疑惑があばかれていく。誰が悪いとかでもない気がする。そのぶん、読み終わった時に、不快な感じにならない。ただ、あえて言うなら、なぜか、前半軽いんですよ。自転車レースの駆け引きの問題なか、勝ち負けの迫力の問題なのか、よくわからないんだけど、なんか軽い。もう少し、重くできなかったのかな?
けど、この本、けして長くない話だけど、なかなか読み応えと言うか、面白い本だと思う。

余談ですけど、ちょっと唇を舐め過ぎかな(笑)。

栗城史多

エベレスト、無酸素登頂を目指している、栗城史多の番組がやっていたので、見てみた。栗城史多さんは2年くらい前に、会社の講演会で1度近くで見た事あるけど、ほんと小さい人だけど、普通の人間ではない何かをもってる人に見えた。

「日本人初となる世界七大陸最高峰の単独無酸素登頂に挑戦している」と言うことが、一部で批判を浴びているみたい。ある意味、栗城史多と言う人は、この表現だけで評価されてないかと思うと、ちょっと可哀想。マスコミもちょっといぢりすぎている気もするけど、スポンサーの問題もあるから、仕方ないんでしょうね。
登山家は、生きるか死ぬかと言う中で山に登ってる訳だし、これと言って、厳密なルールがないぶん、自分に対しても、厳しいルールを決めているだろうから、納得できないのも仕方ないでしょう。
けど、やっぱりすごいよ。自分に体力と、冷え性と、寒いところが好きで、集団行動が好きであれば登山家になりたかった。

2011年1月 2日 (日)

ビデオ見まくり

洋画3本に、テレビドラマ2本借りてきて、あと1本で終了。なんか、年末から、映画ばっか。これと言ってする事もないし、仕方ないかな。こんな風にしてまた1年終わってしまうのかな?
それにしても、ここ最近の映画は、イマイチが多いな。名作と言われるような映画は出てこないのかな。
去年、見た映画でも、すごいよかったと言うような映画もないし。

と言うか、何か新たな趣味とか夢中になれるものを探さないと、だめになってしまう。今の自分になにがいいんだろう?何か、はやく見つけないと・・・。

映画:ニューシネマパラダイス

新年、3本目は、名作の「ニューシネマパラダイス完全オリジナル版」。本当の名作と言うのは、10年に1本あるかどうか?それにしても、ここ数年、すごい名作と言う映画に出会えない。

この映画、大きく分けて2種類ある。映画の完成度としては、劇場公開板のほうがいいと思うし好き。けど、映画大好きな者としては、監督がつくりたかった、こっちの映画の方が見たくなる。劇場公開板は、アファンタジーのような映画。この完全オリジナル版は、現実を見せてくれる。

とにかく、この映画、本当に伏線の張り方にしても、見事としかいいようがない。子供役のトトにしても、演技は上手じゃないのんだけど、それがまた愛らしく感じる。配役は、すべてうまくいった映画。ブリジットフォッセーにしても、奇麗だったかも知れないけど、奇麗かも知れないけど、やはり年をとってる。それでも、大人になったトトは、忘れる事ができない。男ってそんなものだよ。いま、あらためて見てみると、この映画、夜、広場に犬が歩いていたり、こまかい演出が生活感があって、映画の中に引き込まれていく。トトが帰ってきて、お母さんの、一瞬見せて表情も、とてもいい。個人的には、大人になったトトの存在が、好き。とても穏やかで、とてもいい表情を見せてくれる。
たしかに、アルフレードが、引き離した恋はあれでよかった。うまくいかなかったから、こうして思い続けるのかも知れない。男って、すべてにおいて割り切れず、引きずっていくのかも知れない。
兵士の話もそう。トトがその意味を話すけど、現実を見るのが怖いのが、よくわかる。けど、後悔するのなら、やって後悔したほうがいいと思う。
トトが街を出て行く時に、劇場主でもなく神父さんが走ってくるシーンはとても印象的。そして、間に合わなかったと悔やむのが人の優しさを感じる。そして、いつまでも見送ってくれる神父さん。優しさとか人の愛情ってこうゆう事なんですね。そのあと、母親がトトが帰ってきて、編んだものがほぐれてるのも知らずに、出迎えるのも、どれだけトトを待っていたのかって。
「郷愁」がテーマなんですよね。大切な事は何か?大切なものは何か?って・・・。そして、
ラストについては、何も言う事ないです。

映画:最高の人生の見つけ方

新年、2本目は「最高の人生の見つけ方」。生きる意味がわからなくなってる自分には、なかなかいい映画。
何の予備知識もないままに見た映画。前半は、やっぱりたいした事ない映画だなと見ていたら、最後のあたりからコミカルに描きながらも深く生と死を描いている。あとで知った事なんあだけど、監督、ロブライナーだったのね。この監督は、やはり人の内面を描くのはとてもうまいです。最後の手紙は、重いです。人生の最後に、大切な人とけんかをしてしまう。どこかで、許す事も必要。そして、それを受入れる事も。最後に、エドワードが、孫と会って抱き寄せる時に見せる表情が、演技をこえていると思った。そして「世界一の美女にキスをする」と言う項目が1つ消える。そうだよね。子供より孫なんだよね。そして「水の流れに身を任せて、人生を楽しめと・・・」。人生は、どうもがいても、どうにもならない。受入れるしかないんでしょう。時間は限られている。それを、精一杯楽しまないとだめ。カーターの葬式のときにあらだけの人がきていた事だけでも、みんなから愛されていたのがわかる。

明日、もし自分が死ぬとしたら、何をするだろう・・・。こうゆう映画を見ると、自分が死ぬ間際どれだけの事を後悔して、どれだけの人が、心から思ってくれるのかなと思う。

寝ないで悩み事を考える

年末、御用納めの日に、退職願を机の上にあげてきた。そして、私物のほとんどを持ってかえってきた。なんか、自分の中にある緊張の糸が、もう切れる寸前。前から、上司には言っていたけど、伝わらない事がわかった。上司がだめなんで、社長にも直接言ったけど、これ以上、社長に負荷をかけるのも酷な話だと思った。我慢していたけど、年末に言ってしまった。
会社を辞めるかどうか、この4日間、ずーっと考えていた。もう、失うものもないし、自分の存在価値なんかないと思う。何でもそう、失ってから色々見えてくる。何が必要で、何が不必要なのか・・・。会社なんてものは、もし社長がいなくなっても、どうにか機能するもの。一、サラリーマンがいなくなっても、どうなる問題でもない。まあ、消耗品みたいなものでしょう。

2011年1月 1日 (土)

年賀状

蒼井優から年賀状がきていた(笑)。この1年があなたにとっても幸せにあれた1年でありますようにと書いてあった。とてもいい子じゃないですか。

年賀状

 

映画:NINE

新年最初の映画はロブマーシャルのNINE。この映画が見たかったのは、監督が映画について語るシーンが見事で、あのシーンだけで見たいと思った。
その見たいと思っていたシーンは、オープニング早々だった。ここだけでも、見応えがある。なんでこんなシーンだけでも見ている側を引き込むのかと思ったら、ダニエル・デイルイスだったのね。この役者、演技過剰なところもあるんで、あまり好きじゃなかったけど、この映画では、抑えて見事に演じていた。
シカゴでは、最後の最後に大きな見せ場をもってきたロブマーシャルですが、この映画は、最初から、ものすごい舞台を見せてくれます。とにかく、圧倒です。この監督のすごいと思うのは、この舞台をちゃんと映画として見せてくれると言う事。舞台なんでしょうけど、見事なカメラワークで見せてくれます。配役もとても豪華で、ありえない豪華な舞台を見ているような気がします。ただ、ストーリーがフェリーニの81/2のミュージカル化の映画化。フェリーニの81/2のラストがサーカス団見たいのがラスト20分近くの見せ場だったので、全く別ものと言う感じもする。それでも、良質の現代の舞台を見た感じがする。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31