« 2010年 | トップページ | 年賀状 »

2011年1月 1日 (土)

映画:NINE

新年最初の映画はロブマーシャルのNINE。この映画が見たかったのは、監督が映画について語るシーンが見事で、あのシーンだけで見たいと思った。
その見たいと思っていたシーンは、オープニング早々だった。ここだけでも、見応えがある。なんでこんなシーンだけでも見ている側を引き込むのかと思ったら、ダニエル・デイルイスだったのね。この役者、演技過剰なところもあるんで、あまり好きじゃなかったけど、この映画では、抑えて見事に演じていた。
シカゴでは、最後の最後に大きな見せ場をもってきたロブマーシャルですが、この映画は、最初から、ものすごい舞台を見せてくれます。とにかく、圧倒です。この監督のすごいと思うのは、この舞台をちゃんと映画として見せてくれると言う事。舞台なんでしょうけど、見事なカメラワークで見せてくれます。配役もとても豪華で、ありえない豪華な舞台を見ているような気がします。ただ、ストーリーがフェリーニの81/2のミュージカル化の映画化。フェリーニの81/2のラストがサーカス団見たいのがラスト20分近くの見せ場だったので、全く別ものと言う感じもする。それでも、良質の現代の舞台を見た感じがする。

« 2010年 | トップページ | 年賀状 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50461958

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:NINE:

» nine 福袋 [ペット整形大流行]
映画:NINE 新年最初の映画はロブマーシャルのNINE。この映画が見たかったのは、監督が映画について語るシーンが見事で、あのシーンだけで見たいと思った。 その見たいと思っていたシーンは、オープニング早々だった。ここだけでも、見応えがある。なんでこんなシーンだけでも見てい Antec NINE HUNDRED TWOのフィルター掃除 NINE HUNDRED TWOはお気に入りのケースなんだが、 前面のフィルターの掃除がめんどくさい。 側面のパネルを開けて5インチベイを止めている手回しネジを全部... [続きを読む]

« 2010年 | トップページ | 年賀状 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31