« サンタクロース | トップページ | 忘年会その3 »

2010年12月28日 (火)

映画:第9地区

公開当時、ものすごい評価をあった「第9地区」。予告編を見ても、全く面白いようには感じられない映画。ただ、見た人の評価だけは異常に高い映画。調べてみると、プロデューサーにピータージャクソンと言う、大物の名前があるんで、面白くはなくないのかな?とも思う。
映画は、正直言って、マーズアタックとクローバーフィールドと、何かを足したような映画。ただ、この映画のよくできてているのは、エイリアンが、人間ぽいと言う事。しかも、人間の駄目なとこをエイリアンに置き換えてるブラックユーモアがなんとも言えず面白い。それに、あれだけの宇宙船や武器をもっていながら、地球征服や、人間と戦う姿勢を見せる事なく、猫缶食べて喜んでいるあたりも、なんか面白い。
ただ、なんか、もうひとひねりしてほしかったかな?と言うのが感想。最後に母船が帰ってきて、インデペンデスデイのようにドカドカとやってしまうのも、二番煎じだし、なんかもう少しどうにかできなかったのかな?と言うが感想。あと、悪者の人間も、もう少しエイリアンとの関係があって、複雑に絡みがほしかった気もするし。大佐だっけ?あのエイリアンと主人公を徹底的に追いつめるのも、あれじゃありきたりだし。
けど、B級映画としてはとてもよくできていると思う。

« サンタクロース | トップページ | 忘年会その3 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50565250

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:第9地区:

« サンタクロース | トップページ | 忘年会その3 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31