« ほしかった本 | トップページ | 本:sex »

2010年12月14日 (火)

映画:ハートロッカー

具合悪いので、病院の帰りにビデオを借りてきました。アカデミー賞受賞したハートロッカー。予告編を見る限り、この映画を見たいとは全く思わなかった。
娯楽作品として見てはいけない映画だと思うのですが、正直、何も残らない映画でした。この映画、ディレクターがカットしたのか、わからないけど、微妙に説明が足りないところが多かったように思います。ベッカムと言う子供が、結局は、本人だったのか?とか、なんで、スモークを炊いて爆弾処理をしたのか、その奥さんとの家庭環境はどうなのか?など・・・。爆弾処理の恐怖の描き方がうまくないせいか、緊張感があまりないのが残念。最後に出てくる全身に巻かれた爆弾を処理するあたりも、緊張感がない。なんでもない人間が犠牲になる現実を、もう少し描いて見せてほしかった。娯楽作品としては、面白い映画だと思うけど、こうゆう映画は人間の生死がかかわるから、もう少し説明するところはしてほしかったかなと思う。

« ほしかった本 | トップページ | 本:sex »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50317846

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:ハートロッカー:

« ほしかった本 | トップページ | 本:sex »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31