« テレビ探し・・・ | トップページ | テレビ購入 »

2010年11月28日 (日)

テレビ:龍馬伝

大河ドラマを最初から最後まで全部見たのは、何年ぶりだろう。しかもこれだけ真面目に見たのは初めてかも知れない。このドラマの凄いのは、やはり映像とセットでしょう。とにかく、セットに生活感があるのは見ていて、不自然さがないから、ドラマの中違和感なく入っていける。ついこないだまでドラマにしては「坂の上の雲」の映像がすごいと思っていたけど、今、見ると生活感がなくって、残念。
あと、凄いと思ったのが、脇役。まず、ドラマでこれだけ凄い演技を見たのは初めてと思うくらい凄い演技をしていたのが、田中泯。とにかく、存在感がすごい。この人がいるだけでも、絵になる。あと、意外に近藤正臣の微妙は演出も見事だった。後藤象二郎と酒を酌み交わすあたりのシーンの微妙な手の動きあたり、演出なのか?それとも偶然なのか?と言うようなシーンがいっぱいあって、すごい役者かもと思った。あと、やはり大森南朋もよかった。鬼気迫るような演技は本当に、見ていてよかった。けど、脚色なんでしょうけど、勝海舟あたりは、写真で見る感じからしても、あんなに話をするような人じゃなかった気がする。そう言ってしまうと、岩崎弥太郎とか徳川慶喜あたりもそうなってしまうんでしょうけど・・・。あえて、言うなら、やはり徳川慶喜をもう少し、描いてほしかったかな。ただ、いつも怒っていただけと言う感じがしたのが残念。徳川家の苦悩を見せてほしかった。それと、長州藩と薩摩藩の関係も、もう少し説明あってもよかった気もするな。
坂本龍馬と言う、1人の人間が、この時代これだけの事をしたと言うのは、本当に凄い事だと思う。よく自分は坂本龍馬と言うような人がいるけど、本気で日本を変える気があるなら、命をかけてでも真剣に「日本」と言う国を考えてほしい。
やはり、幕末から明治と言う時代は、革命であり歴史と言う、とてつもない「力」が作用して起きた事なんだと思った。本当に、日本をどうにかしないとならないと言う人が、数えきれないほどいて、どれだけの人が志半ばで死んでいったのか・・・。1つの会社ですら、よくする事すらできていない、自分が情けなくなる。

あまりの脚色で賛否両論もあるでしょうけど、これはこれで良かった気がする。NHKすごいぞ!
けど、次回の大河ドラマはあまり面白くなさそうなので・・・。

« テレビ探し・・・ | トップページ | テレビ購入 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/50360434

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ:龍馬伝:

« テレビ探し・・・ | トップページ | テレビ購入 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31