« 映画:沈まぬ太陽 | トップページ | テレビ:実録「死刑囚と刑務官」 ~死刑執行・最期の5日間~ »

2010年10月12日 (火)

本:廃墟に乞う

直木賞受賞の「廃墟に乞う」。直木賞受賞時にちょっとしたエピソードがあった作品。さすがに北海道が舞台とあって、知ってる地名から行った事あるところもあって、読んでいてイメージがわく。この小説、短編だけど、話がちょっと繋がっているともう少し面白かったと思うんだけど、ちょっと残念。心身的に病んでいる休職中の刑事の話なんだけど、微妙な感じで話が進んでいくので、最後が途中でそれが大きなエピソードに発展してくれると思ったんだけど。けど、1つ1つエピソードはなかなか面白い。廃墟に乞うという短編と消えた娘は、とても切ない話。けど、消えた娘は、んんかありそうな話で、とても読んでいて痛々しい。この佐々木譲という人の本は初めてのせいもあってか、なかなか先が読めなくって、面白いんだけど、あまりにもこの刑事切れすぎるせいか・・・もう少し心の傷があるなら苦悩してほしい。
小説はとても読みやすかったし、今まで読んだ事のない感じの本だったので、またこの佐々木譲の本は読んでみたいと思う。

« 映画:沈まぬ太陽 | トップページ | テレビ:実録「死刑囚と刑務官」 ~死刑執行・最期の5日間~ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/51258148

この記事へのトラックバック一覧です: 本:廃墟に乞う:

« 映画:沈まぬ太陽 | トップページ | テレビ:実録「死刑囚と刑務官」 ~死刑執行・最期の5日間~ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31