« 東京出張・・・ | トップページ | 映画:スタートレック »

2010年4月 8日 (木)

本:夜は短し歩けよ乙女

2007年本屋大賞第2位と言う事で、数年前に買ったけど、他に色々な本がたまっていたので、読まなかった1冊。
本屋大賞第2位と言う事もあって、とても期待したのだけど、あまりにも現実を逸脱したエピソードが多くて個人的にはダメだった。ただ、黒髪の乙女はとても魅力的に描かれているのは、とても共感がもてる。とても純粋で愛くるしい。少なくても、この先輩じゃなくっても惚れるとこ。この手の小説にしては、登場人物が多くて、よく読んでいないとわからなくなってくる。そのへんのつながりも、もう少し繋がりがあったり、驚きがほしかったかな。
この本、女性が書いたと思っていたけど、男だったんだ。それにしても、男でこんな小説かける人いるなんて凄い。
この本、あとで調べてみると山本周五郎賞を受賞してるのね。また読み直してみようかな。

« 東京出張・・・ | トップページ | 映画:スタートレック »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/48084164

この記事へのトラックバック一覧です: 本:夜は短し歩けよ乙女:

« 東京出張・・・ | トップページ | 映画:スタートレック »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31