« 美術:武家文化の輝き -静嘉堂の古刀と工芸 | トップページ | 美術:佐伯祐三展ー下落合の風景ー »

2010年4月25日 (日)

蕎麦:更科堀井総本家

東京に行くと蕎麦屋めぐりと決まってる。

●田にある、新進気鋭の蕎麦屋さんが雑誌などで取り上げられているので、以前に1度行ったら平日不規則にお休みで、やってなくって、先月、出張で東京に行った時に、会社の人に時間を頂いて猛ダッシュで雨の中行ってみた。そしたら、満席だったのは仕方ないんだけど、その店員なのかの対応の酷さ。入口で待っていた奥のほうで、すごく迷惑そうにイヤな顔して満席だから無理と手を横に振るだけ。あまりの対応に凄い不快な気持ちになった。絶対に、このお店だけは2度と行かない。

そんな事もあって、新しい蕎麦屋に行くのも気が乗らなかったんだけど、1人で時間もあるし飛行機までの時間できると言えば蕎麦屋めぐりくらい。ある人が、蕎麦は更科と言う人がいて、以前からここの「更科堀井総本家」と「さらしなの里」だけは1度行ってみたくて、こちらの方に行ってみた。何を勘違いしたのか、えらく道に迷ってしまって、大変でした。
さて、ここのお店もちょっと敷居が高く、蕎麦好きなお金持ちらしき人がいるお店。お店の感じはとてもよくって、店員さんの対応も親切。たまたま、行った時、誰かわからないんだけど芸能人の方らしき人もいた。蕎麦は更科とあって白い。けど思ったほど、細くなく普通の太さ。タレは辛口と甘口の2種類あって、ここのタレは個人的には甘口の方が美味しかった。蕎麦は、この暖かくなったこの時期でもちゃんと蕎麦の香りがして美味しい。ただ、ちょっと茹ですぎたのか、それともこうゆう蕎麦なのか、個人的には少し柔らかく感じた。美味しかったです。


Dsc03349


Dsc03350


« 美術:武家文化の輝き -静嘉堂の古刀と工芸 | トップページ | 美術:佐伯祐三展ー下落合の風景ー »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/48417180

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦:更科堀井総本家:

« 美術:武家文化の輝き -静嘉堂の古刀と工芸 | トップページ | 美術:佐伯祐三展ー下落合の風景ー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31