« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月17日 (水)

本:利休にたずねよ

直木賞受賞の「利休にたずねよ」を読みました。利休切腹の日から、時間がさかのぼっていく話で、桜庭一樹「私の男」のような感じです。秀吉が利休に対して切腹を命じた理由も感情も、この本を読んだ感じでは理解できなかった。それに、利休と言う男が秀吉に対して、あそこまで感情を出すような人なのかなと思った。利休の切腹の日だけは、細かな利休の感情を描かれているけど、その他のエピソードはそこまでは深く描かれてないような気がするのか、最初の利休の感情の表現が自分に衝撃だったせいか、あまり他のエピソードでの利休の感情が読み取れなかったのかも知れない。色んな、エピソードが切腹という形になっていくんでしょうけど、どれも短編集の集まりのようになっているのは読み易いけど、全体像が見えてこなかったのかも。影で見え隠れする石田三成も結局は、何がなんだかわからないし。もう少し小田原征伐のあたりの話もそうですけど、もっと史実を盛り込んでいってくれた方が面白くなった気もするんだけど。それでも茶器に関してはかなり調べたのか、好きなのか細かい名物など書かれていて、現存するものなら見てみたいものです。

2010年2月 9日 (火)

めまい

数ヶ月前から、めまいがする。あまり気にしていなかったんだけど、仕事中でも車の運転中でも、急に平衡感覚を失い、頭がぐるぐる回る感じがする。なんとなく、ネットで調べてみたら、メニエール病かなとも思ったけど、症状を見る限りこんなにひどい感じでもないし。なんか、色んな事に疲れた。

2010年2月 8日 (月)

小樽ゆきあかり

会社で雪あかりをやる事になって、会社で見学しに行くように言われて、仕事が終ってから、小樽の雪あかり会場まで行ってきた。しかし、今日は暖かいのはいいけど、天気が悪く雨。平日にも関わらず、思った以上にいっぱい人がいた。
開催初日に行けばすごく奇麗だったんでしょうけど、暖かかったせいもあって、かなり崩れていたのは残念だけど、それでも奇麗。それは恥ずかしくなるような写真を撮ってるカップルも入れば、一眼レフで奇麗な写真を撮りにきてる人から、子供まで色んな人がそれぞれ楽しんでいて楽しそう。
個人的には、もう少し全体的に組み立ててやるともっと奇麗になるんだろうと思った。各ブロック自主性に任せてしまってるから仕方ないんでしょうけど・・・。平日だったせいもあったんでしょうけど、もう1つ何かほしい気がした。何か足りない。
ボランティアの方がとても親切だったのが、とても記憶に残りました。

Dsc02341

 

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31