« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

下川町:うどんまつり

仕事で、下川町のうどんまつりに行ってきました。前日入りしたら、大雨で大丈夫なのかと思っていたら、当日は強風。下川町の人を話をする事があったので、色々町の事を聞いてみたら、小樽で有名な「雪あかり」は下川町の方が先の事。行く途中で見た、万里の長城と言う公園は、町民などが手作りでつみあげたそう。ここの町の人のアイデアってジャンプ台もそうだけど、とても凄いと思った。このうどんまつりも正直、手作りのまつり。子供から大人までみんな集まって、おまつりを楽しんでいるのが見ていてよくわかる。あまりにも退屈なんで、うどんばかり七杯も食べていたら、すっかり顔を覚えてもらえたり、とても皆さん親切でした。たぶん、この2日間で、一番お金落としたと思う。だって、うどん七杯にスノコ作って、チーズ買って、フランクフルトにジュースまでとにかく楽しんでしまった。また来年も行きたいおまつりです。

2009年8月22日 (土)

クリムト、シーレ ウィーン世紀末展

クリムト、シーレ ウィーン世紀末展
札幌芸術の森美術館

日本に3枚しかないと言う、クリムトの絵が札幌に来るなんて信じられない事なんで、見てきました。3枚の中の1枚がこの前、富士美術館所蔵のデッサンがきていたのも記憶に新しいですが。
さて、クリムトとシーレの作品がいっぱいいっぱい来ているかと思っていたら、そんな訳ないですよねと、最初から、聞いた事のない画家の絵をいっぱい見せられます。まあ、後半もなんですけど・・・。こうしてクリムト、シーレが活躍する以前の作品を見ていると、クリムトと言う芸術家も、突然でてきたと言う感じがしないです。やはり、以前いた画家がいてその中で出てきたと言う感じ。アカデミズムに決別をしたと言っても、やはり基礎になっているのは、徹底されたデッサンと堅牢な構図と言う感じで、それに装飾性がプラスされたとう感じ。個人的な憶測ですが、たぶん日本の屏風などの影響を受けて金を多用したような気もしました。ポスターなどになってる絵はもちろんですが、札幌と東京会場にしか展示されないと言うデッサンのよいのがありました。
シーレは、突然変異と言うような画家でしょうか。今の時代にしてもけして古くない絵です。中でも、ひまわりの絵は、相当構図に苦心して描いたような気がする。真ん中へんにある葉など、かなり苦労して決めたんじゃないかなと思う。それと、やはり彼のデッサンはうまいです。男の裸身などは、ほんと繊細でありがならうまく表現していると思う。対照的な二人ですけど、こうして2人が意気投合したと言うのは、お互い持ってない芸術性を認め合ったんでしょうね。
見応えのある絵は数点しかなかったですけど、クリムトの絵が見れたので満足でした。

2009年8月19日 (水)

MRI検査

かなりびびりながら、行ったせいもあって、時間より15分も早く到着してしまった。たぶん、待たされるだろうと思って、本を持って行ったけど全く頭に入らず、同じとこを何度も読んでいた。数分すると、わざわざ先生がでてきてくれて、その後、どうですか?と聞かれたので、小さくなった話をしたら、少しホッとした表情で、それじゃほぼ悪性じゃないですよの事。けど、念の為にMRIを撮りましょうとのこと。MRI室までの道のりを聞いて、診察券の再発行の仕方を聞いて、MRI室まで歩いていくと、まるでお使いの子供のよう。MRI室でブザーを鳴らし、名前を名乗ると入れてくれた。待合室でまってると、中でビ−ガガガガ・・・・と凄い音がなっている。耳栓をもらって、数分待つと中に入るように言われ、診察台に寝かされて頭をガチガチに固定される。中に入って行くと、どこか知らないとこに行くような感じに襲われる。そんで、ガガガガガガガガと凄い音がする。しかも、頭が超音波らしいもので振動させられてるのがよくわかる。まじに、途中で怖くなってしまう。数分後、造影剤を注射されて、またMRIの中。またビビビビビガガガガガと。結局、30分くらいかかったのかな?終わって、また戻ると数分で呼ばれる。パソコン上で、写真を見ながら説明してくれて、どっちにしても切る事になります。外来でもできる事はできるけど、できる事なら全身麻酔で2泊3日のほうがいいですよと言われるも、ビビってしまい、が、が外来でと答えてしまう、小市民(死語)な自分。それじゃ、あとは、あちらで詳細を聞いてくださいと言われて、看護婦さんから細かい説明と日程を聞いた。完全に、看護婦さんは自分の事を小心者だとわかってる感じで、丁寧に教えてくれる。
帰ってから、親に話をすると、外来で手術しないでほしい感じだった。少し様子みて考えようと思う。

2009年8月18日 (火)

明日検査・・・

とうとう、明日MRIの検査。できものは、割れては大きくなり割れては大きくなったりを繰り返してる。そのせいか、少しだけ痛みがでてきた。このまま、小さくなってくれればいいんだけど、全くそんな感じもしない。手術する事になるんだろうな・・・。たぶん良性だろうけど、へんなとこでへんな病気が出てこないといいな。

2009年8月17日 (月)

高速で

今日、クレームがあってお客さんに物を持って高速でかなりスピードを出して向かっていたら、レンタカーの車が追い越し車線をずーっと走っていて、全然抜けなくって、後ろからちょっと急いでいそうな車がきたので、諦めて走行車線に戻ったら、ちょっと追い越し車線が進んだので、その車の後ろについたら、助手席の上が一瞬警告灯がでてきた。そんで、レンタカーがやっと走行車線に戻ったら、それを抜いていった車を捕まえた。レンタカーの運転手のおばさんはそれを見て笑っていたけど、凄い不快になった。そんで、少なくても、自分に警告灯を見せてくれた警察に対して、暖かい気持ちになった。世の中、悪い事ばかりじゃないんだって。

2009年8月16日 (日)

悪性か良性か?

舌にできたできものは、たまにぱんぱんに大きくはなるけど、全く小さくなる気配がなかったけど、今日、突然小さくなった。これでMRIもしなくてすむとちょっと喜んでいたら、だんだん膨らんできた。結局、またぱんぱんになった。
たぶん、悪性だと完全にしこりとなってるんだろうから、つぶれる事もないんでしょう。けど、良性でも手術はしなとダメと言うから、覚悟しないとダメなんだろうな・・・。

2009年8月14日 (金)

あれから

あれから
今でも、この日がくると嫌でも思い出す。何もかも真っ暗に見えた。あれから、自分は何か学んだのかな。耳がちょっと黒い黄色い電気ネズミを見ると悲しくなる自分。
夕焼けがきれい。今日も、嫌な思いをいっぱいした。罪悪感だらけ。

MRIの同意書

昨日、親にMRI検査の同意書を書いてもらったとき、あまり詳しく聞かれなかったんで、よかったと思っていたら、墓参りに行く途中で、思い出したように聞いてきた。どこの病院だ?とか医者の説明があるとき行くか?とか聞いてきた。やっぱり、前日に言えばよかったと反省。
MRIの造影剤って100万人に1人死亡するような事を書いてあった。大丈夫なのかな?

2009年8月12日 (水)

なんか

もしかしたらって考えると、生きてる事のありがたさがよくわかる。なんでもない日常のちょっとした体の不調から、はじまるんだし。毎年、健康診断受けてても、そんな全部がわかるわけじゃないし。親にこれから、検査の同意書を書いてもらわないとならないと思うと気が滅入ってくる。

なんか

口腔外科

朝9時に会社をでて数年ぶりの総合病院。以前より病院が4倍くらいでかくなっていて驚き。しかもどこに行けばいいのかよくわからん。とりあえず、受付すると別棟との事。予約していた旨を話をして問診票に書き込む。数分もしないで、呼ばれる。歯科衛生士から再度、問診票に書いた内容の確認。とてもかわいい、歯科衛生士でしたが、処置室が、いままで行った事のないくらい緊張感があるせいか、微妙な嫌な予感がするせいか、ただただ落ち着かず、自分でも何を言ってるるんだかわからなかった。
先生がきて症状などを聞かれて、舌のできものを見る触診をすると、ちょっと顔色が変わった瞬間ちょっとまずいのかなと思った、案の定、猿ぐつわみたいな物を口に入れられて、写真を数枚撮られる。特殊な症状なんでしょう。先生曰く、たぶん良性ですがこれはどうであれ取らないとならないとの事。すぐ取るものかと思ったら、取らず、MRIの事。しかも、手術になって2泊3日はかかりますと言われる。
会社に帰って、ふとよぎったの舌癌。ネットで調べると、もっとブルーになる。
やだな、このブログが闘病日記になりそうで。

あ

2009年8月11日 (火)

舌の付け根にできもの

1週間くらい前から、舌の付け根になにかできものができた。1週間もほっておいたら消えてなくなると思っていたんだけど、全く小さくなる気配がないので、会社の近くの口腔外科をさがしたけど、お盆前とみえてどこも予約待ちで無理との事。そんなんで、思い切って総合病院に電話してみたら、紹介でなければ別途2100円かかりますが、いいですよとの事。ただ、初診の場合、月曜と水曜のみしか受け付けてないと言うのですが、明日水曜日なので、聞いてみたら大丈夫の事なんで予約した。

2009年8月 8日 (土)

ビアガーデン

取引先の人をビアガーデンに行く事になった。居酒屋でもよかったんだけど、せっかくなんで、ビアガーデン。18時に待ち合わせをしてサントリーから順に見て行くも、どこも空いてなくって、結局、札幌ビールまできた。やっぱり、キリンとアサヒが激込み。札幌も道外からの転勤者とか多くなったせいなのかな?サッポロビールが1番活気がなくって寂しい。正直、食べ物がイマイチ。日替わりで、数種類のメニューもあるようだけど、定番メニューの品数と食べたいと思えるものがなさすぎなのが残念。ソフトドリンクがシトロン、ナポリン、緑茶、オレンジジュースくらいしかないのも問題じゃないかな。
それでも、たわないもない話を4時間ちかくしてとても楽しかったです。

ビアガーデン

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31