« コンタレックスI型 | トップページ | 花見 »

2009年4月29日 (水)

映画:GOEMON

紀里谷和明の「キャシャーン」に続く2作目の映画の「GOEMON」。予告編を見ると、全く歴史の五右衛門とは関係ないような映画なので、ビデオでもいいかなと思っていたけどやはり映像はすごそうなので見てきました。
さすが、紀里谷映画。映像にはかなりこだわっている。それをちゃんと俯瞰だったりカメラを引いた状態で見せてくれるので、合戦シーンなんか後ろに人がいないのが気になったりするけど、そうゆう細かいところがそんなに気にならなかってのはお見事でした。見ていて驚くのは、紀里谷和明の発想力の素晴らしさでしょうか。もちろん美術やCGを担当したスタッフの力もあるでしょうけど、西洋と東洋の色んなものをごちゃごちゃにして、独自の世界を見せてくれる。ただただ、かっこいいのが信長。演じてる中村橋之助は最初違和感があるものの、圧倒的に存在感を見せてくれる。金箔の頭蓋骨など、細かいところを見せてくれるので、ちょっと歴史をかじってるとニヤっとしてしまうのもニクイ。サスケが、真田に仕えるような話などほんと細かいところで面白いとこを見せてくれる。
映画は、歴史の中でもみんながよく知ってる時代なので、ストリー展開が見えるような気もするが、かなり脚本を練ってるので、全く自分達の知らない紀里谷和明の世界になってるので、十分楽しめる。ただ、あまりにも最後ひっぱりすぎるので、見ていてだんだん飽きてきたのは残念。それに、五右衛門が少しバカなのもちょっと気になる。けど、それらを補うだけの映像と面白さは十分あると思う。

余談ですけど、監督映画に出ていたんですね。

Goemon

« コンタレックスI型 | トップページ | 花見 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/44989107

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:GOEMON:

« コンタレックスI型 | トップページ | 花見 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31