« 青少年科学館 | トップページ | 久しぶりにちょっと勝ち »

2008年10月 9日 (木)

風のガーデン

倉本聰が富良野3部作の最後の作品と言う事もあって、久しぶりにドラマを見た。先日、このドラマに出演していた緒形拳が亡くなった事もあって、かなりの視聴率だと思う。
さてドラマなんだけど、第一話としてはごくごく普通の始まり方じゃないかな。東京と富良野の2つの話が平行に話が進んでいく。東京での話はまあいいんだけど、富良野のよさこいの練習シーンのあまりの酷さにちょっと愕然とした。あまりにもカメラが下手で興ざめしてしまった。なんか、あのくらいなら素人でも撮れるんじゃないかと言うくらい無駄に長いし下手だし、ニュースの映像ももう少しどうにかならなかったのかな?
神木隆之介君もなんか難しい役だと思うけど、存在感ないし・・・。黒木メイサって、富良野にいそうな感じしないし。緒形拳も、ちょっと上品すぎる気がする。リアリティがないよ。
倉本聰の最後のドラマと言われてるんだし、もう少し丁寧に撮影できなかったのかな?

« 青少年科学館 | トップページ | 久しぶりにちょっと勝ち »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200917/42825071

この記事へのトラックバック一覧です: 風のガーデン:

« 青少年科学館 | トップページ | 久しぶりにちょっと勝ち »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31