« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月27日 (月)

ミスト

監督 フランク・ダラボン
製作総指揮 リチャード・サパースタイン 、ボブ・ワインスタイン 、ハーヴェイ・ワインスタイン
原作 スティーヴン・キング
音楽 マーク・アイシャム
脚本 フランク・ダラボン
出演 トーマス・ジェーン マーシャ・ゲイ・ハーデン

「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」の監督、フランク・ダラボンの映画。この映画、公開されたのすら知らなかった。スティーブンキングに拘って映画をつくってるフランク・ダラボンは好きな監督。「グリーンマイル」はイマイチだけど・・・。
さて、この「ミスト」は正直、面白くなかった。衝撃のラスト15分と言う事らしいけど、そんな感じを受けなかった。と言うか、どうして最後まで諦めようとしなかったのかな?って思ってしまう。見えざるものは見えないままの方が面白かった気がするし、いつどこから出てくるのかわからないようにした方がよかったと思うし。ガラスに拘っていたのに、あんまり意味なかった気がするし。いっその事、「スターシップ・トゥルーパーズ」と合体させちゃうとかしちゃえばよかったのに。
あと、へんな宗教狂いの女がいたけど、このおばちゃんを軸にして、宗教が絡んだ話にしてくれた方が面白かった気もするな。
ちょっと残念。

2008年10月26日 (日)

純連

お墓参りの帰りに数年ぶりに純連に行ってきました。数年前に行ったとき、しょうがの味が利きすぎていたり、ひどく味が落ちていたんでそれから足が遠のいてました。
1時過ぎに行ったにもかかわらず、20名くらい待っている人がいました。先に食券を渡すので席につくとそんなに待たずにラーメンがでてきした。昔昔、中島公園近くでやっていた頃に比べたら微妙に味が変わってきてるような気もするけど、以前のようなショウガの味が効きすぎてる事もなくチャーシューにはもちゃんと味が染込んでいて美味しかった。すみれと同じように油で膜ができているせいで、湯気がでない。スープはすみれほど熱くもなく飲める。
久しぶりの純連美味しかった。

札幌市豊平区平岸2条17丁目1-41
11:00~22:00
毎週木曜日
011-842-2844

Dsc00577

2008年10月24日 (金)

風邪引いた

下痢からはじまって。喉がいたくなり熱が出て咳がでて病院行き。参りました。点滴うってなんとか出社。休ませてくれない恐ろしい会社。


2008年10月22日 (水)

調子にのってお金を使ってしまったので

この前勝った分がだいぶ無くなってきてしまった。しかも先週、大負けしてしまったし・・・。上司がボードボードと言うので、あぶく銭だしボードを買う事にした。たぶん新しいボードなんてこの先買う事もないだろうし、そんなに真剣に行く訳でもないと思うから、ネットで購入する事に。板だけは、来週届いてしまう。

2008年10月21日 (火)

Across The Universe

日曜日の情熱大陸に使われたいたビートルズの「Across The Universe」のカバー曲がよくって調べてみたら、映画「Across The Universe」で使われていてJim Sturgessと言う人が歌っていると言うのがわかったので、セミナーのついでに買ってきた。番組の途中でこの曲が流れたとき、涙がでてきた。すごいいい。久しぶりにビートルズのカバーでいい曲聞きました。このアルバム全曲、ビートルズのカバーのようなので楽しみ。
それにしても、情熱大陸いい選曲します。

51qewtumnl_sl500_aa240_

2008年10月20日 (月)

岡田監督辞任なのね

優勝できず岡田監督が辞任する事になってしまった。星野監督から、岡田監督になって大丈夫か?なんて言ってたのに、こうして負けた責任をとって辞任する事になって、とあるアナウンサーが「岡田監督やめないで」と言っていた。本当に、阪神はファンに愛されてるんだなと思った。大阪人は本当地元を愛してるのがわかる。CSでは絶対に巨人に勝ってほしい。

循環器病院

昨晩もかなり動悸に悩まされたので、午前中病院に行く事にした。しかし家の近くの循環器病院を探してみると総合病院のようなところしかないので、会社の近くの内科と一緒になっている循環器科もある病院に行く事にした。
受付して、問診票を書いて何故か尿検査。それにしても、内科とか外科ならどんな事されるかなんとなくわかるからいいんだけど、生まれて初めての循環器科はハラハラドキドキ。いきなり尿検査だし。動悸と言う事で、まずは心電図。心電図の検査してくれる人、30代後半か40歳くらいの人なんだけど、なんか可愛い。けど、こうゆう時に限って全く動悸がない。その後、診察。尿検査では特に問題ないとの事で、健康診断で左軸なんとかにひっかかる話をしたら、一様エコーを見ましょうと言う事で、エコー検診。また、同じ人で、エコー検査中にドキドキしちゃったらどうしようか?と真剣に考えてしまう。検査器に、ローション見たいの塗って皮膚み当ててみると、心臓が見えてくる。こんなモノでどこまで見えるのだろうと思ったら、なんと弁や血流までわかる。なんか、衝撃的だった。
とりあえず問題ないとの事だけど、24時間記録とる機械をつけて見ましょうか?と言われたので、大変じゃ無ければと言うので、つける事に。しかし、お風呂に入れない。

病院

2008年10月17日 (金)

調子悪い

ここ数日、酷い動悸。心臓が壊れちゃったんじゃないの?って言うくらいやらしい動きをする。もしかして、これもストレスなのかな?ネットで調べてみると、可能性の1つではあるみたいだし。自分ではかなりリラックスしてるように心がけてはいるんだけど・・・。
数日、続いたら健康診断の結果もって病院に行ってこようかな。

2008年10月15日 (水)

誕生日

誕生日は会社お休みだったんだけど、仕事が忙しいのと誰も一緒にいてくれる人がいないんで、仕事にきた。会社の後輩が、ゲームをくれた。なんか凄いうれしかった。帰ろうと思ったら、友達の子供から誕生日だからおいでとメールがくるも、なんか気分が乗らないので断りのメールを入れたら、しつこくメールがくるので、会社帰り寄ってみたら。お誕生日おめでとうと言ってくれた。なんか、些細な事なんだけど、すごくうれしかった。あと1人だけお誕生日おめでとうのメールが届いた。

この歳までには結婚したいと思っていたのにできなかった。色んな人を傷つけてしまった罰。

2008年10月14日 (火)

食物繊維

健康診断の引っかかった項目をインターネットで見てみると、思い当たるのはストレス。原因は何となくわかるんだけど、どうにもならないし。親に健康診断で引っかかった話をしたら、心配してくれたようで、食物繊維の錠剤を買ってきてくれた。それに、きんぴらごぼうとかも作ってくれた。なんか、心配かけてしまって申し訳ない気持ちでいっぱい。けど、長生きしないような気がする。

食物繊維

2008年10月13日 (月)

いっぱいお買い物

あぶく銭は早く使ってしまわないと、またギャンブルに行ってしまうので、とりあえず少しでもモノにしようとお買い物をしに行く。まずは財布を買いに行こうと思ったけど、さすがに1人で財布屋巡りをするのもイヤなので、財布は諦める。
まずは以前からほしかった「エヴァンゲリオン」の劇場版のDVD。ついでにDVDを見てると「ショーシャンクの空に」が1500円だったので購入。それと、奈良を特集した本があったのでこれも購入。それと、PS2の「ヨーロッパ強襲」と言うゲームが1980円だったんで購入。久しぶりにいっぱいお買い物。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

監督 ポール・トーマス・アンダーソン
製作総指揮 スコット・ルーディン 、エリック・シュローサー 、デヴィッド・ウィリアムズ[製作]
原作 アプトン・シンクレア
音楽 ジョニー・グリーンウッド
脚本 ポール・トーマス・アンダーソン 
出演 ダニエル・デイ=ルイス ポール・ダノ

ダニエル・デイ=ルイスの主演と言う事もあって、かなり話題になった映画。上映時間が2時間40分もあったので、見ようか迷っていたけど、レンタルが安くなった事もあったので、借りてきた。
さてこの2時間40分ですが、正直長さは全く感じられず、しかも飽きる事もなく映画の中にぐいぐいと引き込まれて行くあたりポール・トーマス・アンダーソン監督の腕よ良さでしょう。しかも、撮影がうまいです。部分部分ではっとするようなカメラワークで撮影されていたりします。しかし、これだけ長い映画だけど見終わった時にとてもスケールの小さい話だった事に気がつきました。それに、1つ1つのエピソードもあまり深い繋がりもなく、よくこれで2時間40分繋がったなと言う感じ。
意外にもダニエル・デイ=ルイスは演技過剰と言われてたけど、自分はそんな感じしなかった。それに、微妙な顔の表情やアドリブであろう目線や体の動きはお見事としか良い様がない。それに、このダニエル・デイ=ルイス役が宣伝で言われていたほど悪いとは思えない。子供を手放すシーンだって、あれだけ愛情をもって育てていて放火してしまったあたりも、手に負えなくなってしまったから預けたと思うし。けど、あのシーンちょっと思ったのが、弟と名乗る男の日記などを読んでいて、1つは子供がが偽物と気がついたから殺そうとしたのか、弟に目がいくようになって構ってもらえなくなってきたから、2人とも殺そうとしたのか?とちょっと気になった。子供が、放火する前に日記を読むシーンがあるしカメラアングルを見ていて、偽の弟を殺そうとしたように見えた。そうじゃないと、子供が汽車に乗っていくシーンで父親に置いておかれすシーンであんな風にならなかったと思うし。
それにしても最後のラストシーンは予測はできたけど、ああやって見せられるとなかなか衝撃的。

081012

2008年10月12日 (日)

支笏湖

紅葉見に行こうと誘われたので、支笏湖まで行ってきました。今年はどうゆう訳か、この時期でも思った程紅葉が始まってなくって、ちょっと残念。なんかこのまま終わってしまうような気もするんだけど・・・。まあ、あまり寒くならないからな。
それでも、3連休と言う事もあって、ポロピナイはかなりの車でした。そうそう、ポロピナイの手こぎボートが無くなっていたのは何故?ポロピナイはかなりの車だったけど、湖畔の駐車場はガラガラ。有料だからかな?千歳に抜ける道は苫小牧に曲がる信号まで渋滞するし・・・。

支笏湖

2008年10月11日 (土)

と言う事で昨日の続き

やはり昨日、百人組み手で終わってしまったんで、もしかしたら朝一でまたすぐ百人組み手に入るかと思って、早起きしてまたパチンコ屋に行く。しかし、全く出る気配すらなくって、5000円くらい入れてやめる。帰ろうかと思ったんだけど、やはりエヴァンゲリオンは気になるところ。まだ1台くらいしか座ってないので、選び放題。なんか、どれでも出そうにないけど、前日8回くらいしか出てない台が2台あって、適当に座ってみると4000円くらいでお化け。そのあとなんとかビック。そのあと、だらだら出たり飲まれたりを繰り返し、連ちゃんはないけど200くらいで当たるので少しずつ増える。連打した訳でもなしプレミアを見れる訳でもなくなんだかんだで、4500枚くらい出た。トイレも行かず10時間くらいぶん回したけど、なんか大勝ちしたと言う感じがしない。せめて何かプレミア見たかったな。

081011

2008年10月10日 (金)

久しぶりにちょっと勝ち

ここんとこ、またストレスがたまってきたせいで、パチスロしたくなってしまふ。会社帰りに何となくよってみると、やはりエヴァンゲリオンの新台をやってみたくてやる。10台くらいしかないのに何故か、毎日1台や2台、25回くらい出てる。15回出てる台をやるも全く駄目で、仕方ないのでバラエティコーナに行くとロッキーがあるじゃないですか。なんか妙にロッキーのテーマ曲が聞きたくってやるも、全く意味わからん。なんとか1回ビック引くも出る気がしないので、隣の逮捕しちゃうぞをやる。これまたよくわからない台で、1回ビック引くが駄目。この時点でもう1万5000円くらいマイナス。5号機では回収不可能に近い金額になりつつある。後ろに空手バカ1代があった。1度やってみたいと思っていた台だったので、ここまでくるとやるしかない。これまた良くわからん。リプレイが3回続いて、牛が出て来て勝ったらビックだった。そしたら百人組み手なるものに入りまたビック。また百人組み手が入って400くらいも回ってやっとビック。終了後、また百人組み手になるも閉店(とほほ)。それでも換金したら2万5000円あったんで、よかった。

2008年10月 9日 (木)

風のガーデン

倉本聰が富良野3部作の最後の作品と言う事もあって、久しぶりにドラマを見た。先日、このドラマに出演していた緒形拳が亡くなった事もあって、かなりの視聴率だと思う。
さてドラマなんだけど、第一話としてはごくごく普通の始まり方じゃないかな。東京と富良野の2つの話が平行に話が進んでいく。東京での話はまあいいんだけど、富良野のよさこいの練習シーンのあまりの酷さにちょっと愕然とした。あまりにもカメラが下手で興ざめしてしまった。なんか、あのくらいなら素人でも撮れるんじゃないかと言うくらい無駄に長いし下手だし、ニュースの映像ももう少しどうにかならなかったのかな?
神木隆之介君もなんか難しい役だと思うけど、存在感ないし・・・。黒木メイサって、富良野にいそうな感じしないし。緒形拳も、ちょっと上品すぎる気がする。リアリティがないよ。
倉本聰の最後のドラマと言われてるんだし、もう少し丁寧に撮影できなかったのかな?

2008年10月 5日 (日)

青少年科学館

青少年科学館にいってきました。ここのプラネタリウムはイマイチと思っていたけど、久しぶりにプラネタリムを見たら、街の明かりを消してみましょうと言って消えた星空に感動してした。子供の頃、父親と夜中に出かけて旅行に行った時の夜空を思い出した。いままで何か、冷めた目で見ていたんだなと思った。前半は、今日の夜見える星空を見せてくれました。さすがに昼イチの回だったんで、後半はワンピースと天体について子供向けの番組でした。
プラネタリウムを見て科学館も見たんですけど、やはりここの施設はかなり古いなと感じました。それと、おやすみちゅうとして、動いてない展示物も多かったかな。パソコンで見せてくれるものをたくさんあったんですけど、正直、パソコンで見せるんじゃなくて体で体験できるようにしてほしいなと思った。それでも、やっぱり科学館は楽しいです。
子供と展示品の取り合いになったり、地下鉄の実物大模型なんか、どんなに待っても運転席に入る事もできないし。子供心をくすぐりますだ。

科学館

2008年10月 4日 (土)

くいもの屋わん 琴似店

会社の内輪で今年2回目の飲み会。色々会社の愚痴から話をしてきました。
それにしても、ここのお店、飲み物を頼んでも出てくるまでかなり時間がかかるし、アサリの酒蒸しを頼んだら、半分以上口を開けないものがでてきた。もちろん、オーダーしてから出てくるまでかなり時間がかかる。あまり出てこないから、何度か呼んで出てくる。
けど、アルバイトの女の子はとても感じがよいしメニューも頼んでみたい物がそこそこ揃ってるし飲み放題はないけど、女性には魅力的なオリジナルカクテルらしきものがが色々あるのはうれしい。

わん
くいもの屋わん 琴似店
札幌市西区琴似2条1丁目コトニ美松ビル 1F
011-632-0001
17:00~翌3:00
無休

2008年10月 3日 (金)

丸海屋

以前から、1度行ってみたかったけど、いつも満席で入る事ができなかったパセオにある「丸海屋」に男3人で行ってきました。なんか、店の感じからして上は電車が走ってるしお客の会話がうるさいと思ったけど、意外に静かで回りの雑音とか気にならなかった。
食事は、刺身が盛り合わせの他にあまり品数が少ないけど、揚げ物などメニューは普通。ただ、個人的には、バリエーションにとんでいて好き。かなり考えてメニューをつくってる感じがする。普通の居酒屋って、定番メニューばかりでこれ頼んでみようか?っていうような食べ物があまりないけど、ここは結構美味しいなメニューがいっぱい。中でも増毛サラダなんか海苔だらけなんだけど、美味しい。もう少し野菜があればいいんだけど、それでも美味しかった。

丸海屋
札幌市北区北6条西4丁目3-1 札幌パセオ地上西街1階
011-213-5454

2008年10月 2日 (木)

上野薮

フェルメールを見たあと、蕎麦を食べに行く事になって、池の端薮か上野薮と迷って、ちょっと雨が降っていたので、上野薮に行った。ここ数年、上野の美術館の帰りには毎回行ってしまう。やっぱり、ここの蕎麦は美味しい。初めて、1人で東京に行った時に寄ったのがここ。それから東京に行って蕎麦屋巡りをするようになったのもここのお蕎麦を食べてから。
麺はちょっとかためで、今の自分には丁度よい硬さ。そしてこの硬めの麺にとっても合うちょっと辛めのタレ。サイドメニュ−もいっぱいあってとても美味しいそう。ただ、神田薮やまつやと比べると、やはりお蕎麦屋と言う感じなので、ちょっとゆっくりつまみながらとは、しずらい雰囲気があるかな。
大好きなお蕎麦屋さんの1件。

並木藪

上司も蕎麦好きとあって、上野薮のあとは並木薮。ここ数年毎年、東京には来るものも毎回木曜日しか浅草にこれず、久しぶりに並木薮に来る事ができた。時間も時間だったせいで、空いていた。以前にここに来たとき、お品書きを見てざるを頼んでしまったんで、今回はもりそばと書いてあるとこをあえて、セイロと言ってみたら通じた。それにしても、何度来てもここのタレのクォリティの高さには脱帽です。毎回、最高のタレを出してくれる。そして、少し柔らかめの麺。ここ数年、ちょっとかための麺ばかり食べていたので、ちょっと柔らかい感じもするけど、ここの特徴。下町の、最高に美味しいおそばです。

Dsc00559

並木藪
東京都台東区雷門2-11-9
電話:(03)-3841-1340 
 営業時間:11:00〜19:30 定休日:木曜

2008年10月 1日 (水)

明石焼き

うまれて初めて、明石焼きをたべた。この柔らかさはなに?つけるタレも美味しいし、お口の中でとろける。たこ焼きはたこ焼きで美味しいけど、明石焼きはこれまた美味しい。幸せなのだ。

明石焼き

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31